機会の追求と挑戦

8月の頭よりインターン生が1ヶ月ほど働いてくれてます。

ホンバン大学からベトナム人インターン生二人
関西学院大学から日本人インターン生二人

日本人とベトナム人が4名増えたことで社内にもよりいっそう活気と新しい風が吹いているようでいいですね。

経営者の仕事というのは、改めて目の前のことだけでなくその先を常に指し示すのかというのをインターン生を受け入れることだけでも感じてしまいますね。

インターン生っていうのは短期間だし、まとまった仕事があるときにバイト的にやってもらう以外は、教えたりする工数を考えると決して労働力にはならない。

だけど、

・インターン生を教えることで自分自身の仕事を振り返るきっかけとなる。
・経験がないからこそやらかす発想やら行動が、意外と面白かったりする。
・素直さに学ぶ姿勢を見ることでこちらも学ぶ。
・純粋に社内によりいっそうの活気が生まれる。

とまぁこんな感じでよい効果が生まれるわけですね。

と、前置きはこのぐらいにして今日の本題は機会の追求と挑戦。

このインターン生の話もそうなんだけど、やはり常に事業家は機会を追及して挑戦していかなければならない。
その先に、何か社会を変えるきっかけを作りたい。そんなことを常に考えているのが事業家だと思う。
目の前にある機会や目の前に見えない機会を、少し角度を変えると、違ったものに見えたりする瞬間がある。

その瞬間に挑戦し続けることが本当に必要だと思う。

マクドナルドの創業者 レイクロックの自伝の中で以下の言葉が常に僕の心からはなれなかった。

「マクドナルドは立ち上げて順調に事業を行ってきたが、常にお金はなかった。」
つまりこれは、立ち上げた店舗がうまくいけばすぐ次の店舗に投資したために常に現金は枯渇していた模様。

今日、グロービスの堀さんの昔のブログでも似たようなことが書いてありました。

堀義人さんのブログ 「山小屋計画」

最近になって、精神的にも経済的にも多少ゆとりができたので、何らかのアクションをとるべく考えだした。
やっとゆとりがでてきたとは言っても、いつ何がおこるかわからない。今まで、個人の貯金は全てグロービスへの再投資に注ぎ込んできた。金銭的には、厳しい時が続いた(今だから言えるが、出産費用が出せないかもしれない、と真剣に焦った時期もあったのだ)。


これが事業家のあるべき姿だと思う。
事業へのあくなき追求であったり挑戦できること自体が喜び。

お金はそのために必要なもの。
常にハングリーに次なる事業を作っていきます。

実はそんなビジネスを今思いついているところ。

さて、どのように進めていこうか。

Top