色々なタイミングで意思決定

事業を始めるとさまざまなタイミングが決定することが多い。

 

小さいことなら、オフィスの家具を買うということから攻めの投資まで色々ありますね。

 

時としてはネガティブな環境の変化のため、くさいものにふたをせずに積極的に開けて状況を確認して、対策を練らねばならない。こんなえらそうなことを言っていても、ほぼ毎日が何かしらの決断に関して悩みながら、先延ばしにしていることが多数ある。。。(反省)

 

最近の新しい出会いに伴い、事業自体をも少し動かせるかもしれないという意思決定に迫られています。現状のままのほうがよいのか、次の一手を打ったほうがよいのか、判断の分かれ目です。こういった判断するときには一度、客観的になったほうがよい気がする。

 

一度冷静に、ロジックツリーでも創って、今後のシュミレーションをしっかりとしよう。

 

また、意思決定には大きく分けて二種類あると思う。

 

1、納期があるもの

2、納期が無いもの

 

納期が無いもので、大事なことって意外と多いものです。先延ばしになってしまうのも大事だとは思いなら、納期が無いためにスルーしてしまう。

 

かといって納期があるものが大事じゃないかというそうでもない。しかし、納期があるため即決しなくてはならないので、決断のよい練習になる。

 

冷静な判断を下して、一度くだしたら熱く突き進む。

決断を下すときは熱くなってはだめだ。

 

さてさて、ちょっとばかり考えるとするか。

Top