品格?

朝青龍が引退してしまいますね。

個人的にはとても残念です。

確かに問題児で、品格(?)を問われると微妙かもしれません。

ただ、外国人力士やら問題児やら、いろんな逆境を跳ね除けて勝ち続けていくには相当のプレッシャーがあったと思います。

小さかったころは相撲なんて見てなかったのですが、やはり大人になっていくにつれて相撲は興味がわくものなのですかね。

ベトナムにきてからはNHKしか見られないこともあって毎場所欠かさずチェックしてました。

朝青龍の相撲は見ていて面白いですよね。早いし、血気盛んだし。

まぁ詳しいことは正直よくわかりませんが、なんで引退しなければならないのかっていうのはよくわからないのですが、そんなものなんでしょうかね?

そういえば、朝青龍は横綱として品格を・・・みたいな議論がよくされていましたよね。

品格って、叫んでる人を見ると、どうしても既得権益を守ろうとしている人に見えてくるのは僕だけでしょうか?

本当の品格を語ることができる人は、自らの利権や利欲も制しつつ、後進や若手に道を譲ったり、将来の日本や世界のために貢献できている人だけなんではないでしょうか?

団塊世代の人が大量に退職金をもらって溜め込んで、今までの日本の成長で甘みを得てきた60歳以上の人が、「国家の品格」を大ブームにさせたとよく聞きます。

格差問題なんかで、勝ち組とか負け組みとかよく言われているかもしれませんが、世代格差のほうが深刻だと思いますよ。

今の70歳の人と50年後の70歳の人では、このままでは間違いなく50年後70歳の人のほうが割りを食ってますからね。

なので、品格とかいった一見、それを言われれば、水戸黄門の印籠のような言葉を言われると非常に反発心が芽生えてきます。

朝青龍の引退報道から、そんなことを思い出してしまいました。

それにしても、朝青龍には、燃え尽きるまで悪役でがんばってほしかったです。

Top