起業家・事業家タイプを分けてみた。

ベトナムも今日辺りからテトの長期休暇に入っている企業が増えてます。

っということで(なのかどうかはわからないが)ふとタイプ別起業家/事業家について考えてみました。

1.コミュニケーション重視タイプ
よく一般的に営業出身や営業的な動き方をする社長さんですね。
このタイプの方は、兎に角行動的に動いたり誰かと誰かをひっつけたり、世の中の動きに敏感だったりしてる傾向が強いのではないかと思う。
どんどん人とコミュニケーションをはかり、誰かと誰かをくっつけたりして事業を産み出していきます。一般的に代理店モデル出身で会社を広げていくタイプですね。


2.モノづくり重視タイプ
良いものを作りたいとか。何かを製作したりデザインしたり、仕組みを考えたりすることが得意な人がおおいですね。時としては分析的であまり社交的でないのにすごい会社を作ったりしてます。
一般的に日本ではコミュニケーションタイプの事業家が多いので、モノづくりタイプの社長を見ると珍しいと思ったりされます。制作会社系のビジネスからスタートすることが多いですね。
個人的な話ですが、自分はコミュニケーションタイプだと思うので、モノづくりをして良いものを作る!とかいうことに情熱や能力を持っている人を見ると素直に尊敬します。


3.投資家タイプ
金持ち父さん的ですね。権利収入とかの仕組みとかを構築するのが得意な人たちですね。
自分のイメージで言うと麻雀が得意な人たちです。流れを読んで行くときは行く、引くときは引くみたいな感じでどんどん自分の権利を広げていきます。不動産投資なんかまさにその代表格。
結構お金使いがすごかったりするのもこの人達の特徴かもしれません。(みんながみんなではないと思いますが)


4.アイディア/ビジョン先行型タイプ
営業が得意と思われがちだが実はあまり営業向きでない社長が結構います。行動的で前に出たりすることが多いので営業得意と思ったりしますが、実は人の話をあんまり聞いていないのでいち営業マンとかになるとあんまり売れなかったりするタイプです。自分の会社で代表名義で行くので売れたりするので若干勘違いしたりしている傾向もちらほら見られます。
ただこのタイプの方は非常に新しいことにチャレンジすることが好きで、どんどんリスクを取って新しいことをやっていきたがります。いわゆる起業家的なイメージをもたれやすいのかもしれません。
この人達はコミュニケーションを重視するよりも、今までになかったものや新しい物を生み出すことに必死になります。又は自分のビジョンにこだわりまくったりします。

上記まだ漏れがあるかもしれないので、意見がある人は教えてください。

ざくっと考えて起業家や事業家で総務出身とか経理出身という人はあまり聞かないのはそれ自体がお金を産まないからなのでしょうね。いやいるんだけど、どうもその経験や能力は起業家とか事業家を支えるスキルでしか無い気がするのは僕だけでしょうか?

Top