就職氷河期?


新卒向けの求人状況を見ると、巷では就職氷河期といわれているようですが、、、

こんな面白いデータを見つけました。

「就職氷河期」ではない!?~日本人は『エンゼルバンク』を見よ!


・1955年 56.5%
1970年 35.1%
2008年 13.5%
これは日本の自営業者の割合

・1985年 450
2009年 773
これは日本の大学の数。

・1990年 324164人
2008年 388227人
これは4年制大学の卒業者で、正社員就職をした数。

・1990年の大卒者は400103人
2005年の大卒者は551016人。

なるほど、つまりは、大学卒業者数自体が圧倒的に増えているため、そもそもが供給過剰になりやすい構造だったのかもしれない。

リーマンショック前の5年くらいが良すぎたとも言われていますね。

日本国内から仕事がどんどん海外に逃げていく環境
人口減に伴う日本国内の市場の縮小

こういった構造に加えて

短期的な景気の波を食らったわけですね。

リーマンショック以前が大企業だけを中心とした一時的な景気上昇で2006年には日経平均も確か13000円くらいから18000円くらいになってましたね。
外資系投資銀行の知り合いが新卒3年目でボーナスが3000万円もらっていた(聞いた話なので裏は取れてません。)と聞いて、ショックを受けた記憶があります。
自分のお金を投資しない会社員が、しかも新卒3年でボーナスだけで3000万円はすごいなと。。。

まぁ、何がいいたいかというと、構造的には問題がある中で、外需を中心として成長した日本経済の中で、その頃の大学新卒者は良い目にあった訳ですね。

おそらく今の状況が、たぶん正常なんじゃないかなとある種、割り切る必要があると思います。
今まだ就職が決まっていない新卒者もあきらめずに、頑張ってください。
人間万事塞翁が馬。良いときもあれば悪いときもあります。悪いときに悲観しすぎないことが大事ですね。

また、仕事をする場というのは何も日本だけではありません。
やる気さえあれば、海外でだって活路はあります。
ベトナムで挑戦したいと思う人がいれば、ウェルカムです。ともに頑張りましょう。

こういった時代にはそもそも、今までの成功パターンなんて捨ててしまえばいいと思うんですよ。
未成熟なところに、以外にチャンスは転がっているかも知れませんしね。

Top