自分の言葉で語る重要性

たくさん本を読んで、仕事に没頭し、たくさんの出会いを通して、人は成長します。

中には啓蒙セミナーに行ったり、MBAや大学院に通ったり、資格を取ったりすることでも成長すると思います。

人の学び方には千差万別があると思います。

一般的に何の価値のないといわれているテレビやゲームや漫画・アニメだってその人の人生を豊かにし、引き出しを増やすと思うので、良いと思います。

勉強をして学んで成長するにおいては、大体がコピーから入るものですね。

事業だって同じで、99%コピーだけど1%違うって言うのが、スタートアップには適している事業です。(大当たりを狙うには違いますがね。)

とここまで、書いて何がいいたいかというと、コピーをそのまま受け売りでアウトプットしては駄目だと思うのです。

自分というフィルターを使ったら、コピーしたものが勝手にオリジナルに変わるものです。

よっぽどの物まね得手出ない限り、だいたいが変わってしまうものです。

それがその人の個性となり、他にはないものとなり、場合によっては人の心をうったり、事業として成功する。

一番やってはいけないのが、誰々(有名な人)が言っていたといって、前置きばかりをつけ、その人の権威を借りた話ばかりしたり、そういった動き方をする人です。

大体、高額のセミナーやネットワーク系のセミナーに行くと心を打つのはわかるのですが、その人が言っているので自分も正しいみたいなことを他人に言うのは、何ともつまらない気がします。

人の心を引き付けるのは、間違っていても自分の頭や体から発する言動や行動、生き方そのものではないでしょうか?

僕は少なくともそういった人間になりたいと思います。

Top