「効率が10倍アップする新・知的生産術-自分をグーグル化する方法」

「効率が10倍アップする新・知的生産術-自分をグーグル化させる方法」 勝間和代 ダイヤモンド社最近、働く

女性で知らない人はいないというくらい有名になってきてる感がある著者。日本ではこの人の本が大量に売ってますよね。妻が先日、日本に帰った時に、非常に単純な彼女は、感化されて勝間さんの本を6~7冊買って帰ってきました。その中の1冊です。


今回の書籍レビューは、この本を読んで自分自身が実行すると決めた走り書きメモをアップします。


以下、


<実行することリスト>
Gmailにすべての情報を集約する。
→気づいたことのメモや仕事のやり取りにGmailをBCC・転送する状態にしておく。
Gmailで二重化(サーバーとローカル)
アウトプット力を高める
 
→本を書くことを目指す。
生活習慣を改める。
→隙間時間の利用→オーディオブックを聞きながら通勤するなど。
→寝る前のストレッチ
→定期的な運動→心身ともに健康な状態にする。
人脈術
→Give5乗の法則→与えれば与えるほど返ってくる。
→コミュニティ・メーリングリストを利用して情報発信
メールの書き方
受動的に相手に対して返事を書くのではなく、普段の気づきの中で、このことを相手に教えてあげれば相手のためになるかもしれないということを織り交ぜる。
情報の整理術
本質的な情報にたどり着く方法
1. 簡略化
2. 階層化
3. フレームワーク化
→ピラミッドストラクチャー
→要素分解をする。Aという情報をa,b,cに分けてそれぞれをa’b’c’のように分ける
→MECE
 →もれなく、重なり無くという概念
空・雨・傘の話
情報には、空(客観的事実) 雨(客観的事実を受けての解釈) 傘(解釈を受けての行動)3種類の情報があるので、これを混同しないこと!

話す前に4つのポイントを意識する。
話す全体像は何か?
フレームワークで分解するとどの構造になるのか?
簡略したときに最も重要なメッセージは?
メッセージを伝える中で、さらに必要な階層情報は何か?
何よりも、小さな行動から始まる。


<検討案件>
 ノートPCを二台持つ
  →ノートPCは補助脳
 フォトリーディング


Top