いい感じの暇を目指す。

起業して会社を作っていくと、忙しければよいというものではないということに気づく。 というか、忙しくてもぜんぜん儲からないことなんてしょっちゅうだからだ。

 

起業するとこんな感じで回っていくのかなぁと思う。

 

最初仕事がないので結構暇→忙しくなってくる→暇を作る努力をする→暇になって→新しいことを考える(暇だから)→新しいことをトライ→忙しくなる・・・

 

もっというと、儲からないときの会社って言うのはおそらく、下の人間がやるべきことを上の人間がやって、上の人間が本来やらなければならないことをやれていない事が多いのではないか?

 

実は1ヶ月くらい前から新たにマネージャーを採用しました。最初は色々と迷ったものの彼女を採用して大正解。

 

なんか、会社内の足りてない点や未整備な部分を改善してくれる。その上で、自分で仕事を作ってくれる。報告は人一倍多い。

 

本当に感謝です。

 

そして他の社員も、影響される形で少しづつだけど社員が育ってきてくれていている。

 

世の中は不況かもしれないが、社内環境はすこしづつよくなり、雰囲気もますますよくなっている。

 

そうなってくると、自分の時間もだいぶ取れていることに気づく。

 

ただ、こういう状況になるとほっとくと考え事ついでに、余計な時間もたくさん使ってしまうことがあるんですな。

 

今週なんてWBCの結果が気になって、仕事をかなりサボってしまった。。。

 

まぁ、たまにはよいか。

 

さてさて、こんな感じで仕事を創るように努力して、暇を作るように努力すれば会社は成長していくのではないかと思った気づきでした。

Top