ライフプラン、年頭所感

新年おめでとうございます。


さて、私は毎年新年にする恒例の行事があります。


1.雑煮を食べる。


日本の2.5倍くらいの価格で買ったサトウの切り餅がうまかった。。


2.ライフプランの作成


これは、前職にいたときに、癖付けられたしまいました。

1年後、3年後、5年後、10年後にどんな自分でいたいのか?どんな

事を実現したいのかというのを書き記していくという作業です。

今年でやり始めてもう、4年目。

今は、まだ書いている途中ですが、やり始めるとやはり面白い。

ハードルとか全部ぶっ飛ばして、勝手に自分がしたいことやなりたい像

を描けるので楽しいです。

そして、そんなことをするとふと思うのです。

時間がねーえーええええええええ!!!って

あっという間に10年後のことを考えていると、やたらと人生には時間の

限りがあるとよい意味で、気が引き締まるのです。

そして、過去に書いたものを見返すととても面白い。

新卒のころは、こんなこと書いてたんだーー。っていう発見と。

ほとんど、変わってないコアな部分が見て取れておもしろい。

ぜひ、お勧めです。



3.年頭所感


そして、一年の計は元旦にあり。

今年の意気込みを書き表します。


今年の一年は、スタートの一年になる。
一年一年を大事にすることは当たり前だが、この一年はとても重要で、
そしておそらく苦労することが多いと思う。
しかしながら、その苦労はやがて、自分自身の血となり肉となるだろう。
おそらく、たくさん壁にぶつかると思うし、予想もしない問題に悩まされることもあると思う。
誰でも最初、始めるときは不安と希望を抱えながらのスタートを切るものだ。
はじめて、補助輪なしの自転車に乗って、町に出る前の心境。
「もう、公園でたくさん練習したから乗れるはずなんだ、
まだふらふらするけど、もう乗れるんだ!と、自分自身に活をいれているような。
何があっても、自分を信じて、一歩ずつ前に進めればよい。
今の時点で、明確にできる事は限られているが、スタートしたら最高のスピード感
でPDCAをまわしながら、成長していく。


今年一年、よろしくお願いいたします!!!









Top