事業の立ち上げから軌道に乗せるには

事業をが立ち上がりはじめてそれなりに問題を解決していくと、おそらくある種の安定ポイントが発生する。言い換えると、目標の利益が出てそれなりに稼げてサラリーマン時代よりも収入が高くなったりした時ではないかな。こういった時に自分の目標なり志がないとそのまま停滞するように思う。
事業やビジネスはいつなんどきでもそのままで良いものはない。
安定と覚醒を繰り返し、あたりまえだが目先のカネは捨てるぐらいの心意気がないと面白いことは出来ない。
事業を始めると、事業を創り安定させそのまた次というサイクルをいかにつくるかがとても重要かを思い知らされる。
大事なことは事業家は評論家やコンサルタントではなく、自分でやっている人の事を指します。優秀さではおそらく評論家やコンサルタントの方が高いことが覆いと思います。この評論家やコンサルタントの方がたアドバイスをもらいながら、邁進するのは事業家です。
だから、事業家は事を動かし続けなければ、物事や人や金は停滞してしまうんです。停滞するといろんなものが腐ってくる。

事業を創り安定させ其の次のステップのために覚醒させる。健康な体は運動して新陳代謝をするように、健全な事業家も新陳代謝を続けなければならない。

そのためには、以下のような方法論があると思う。

1.人を動かす。
2.カネを動かす。
3.新規事業を仕掛ける。

未だあるかもしれませんが、とりあえず3つ重要だと思う。

どれをするにも腹をくくり、前にすすめる。

最近安定しているなーと思う起業家や事業家は要注意だと思います。

次なる手を打たないと数年後には今の売上や利益さえも無くなっている可能性が高いですね。

Top