スマイル0円とバブリー

小学生(高学年くらいだったかな?)のころ、マックに行くとスマイル0円とメニューに書いてあった。

 

よく英語のわからなかった自分は、スマイルという商品なら無料サービスでいくらでも食べられると勘違いした。

 

その後、自分よりも頭のよい友人に、即効であれは笑顔という意味だと教えられた。

 

好奇心の旺盛な自分は、マックの定員のおねぇさんに、「スマイル千個ください!」といって困らせた覚えがある。

おねぇさんは、苦笑いでスマイルしてくれた気がする。グッド!

 

そんな、うっとうしい客がたくさんいたかどうかは不明だが、今はスマイル0円というメニューからはずされてると思う。

 

なんか懐かしい思い出だ。

 

こんなことを思い出したのは、昨日行ったお店で最高の笑顔をもらったからだ。

 

最近、はまって毎日のように行っているジューススタンド「バブリー Bubbly」。

(なんとも景気がはじけそうな店の名前だが)

 

バブルティーというタピオカミルクティーをメインにしているお店だけど、自分の場合は寒天入りフルーツヨーグルトジュースにはまってほぼ毎日のように飲んでいる。

 

写真は今度載せることにしよう。

 

そこのお店のバイト定員の子が、慣れていない手つきだが、精一杯の笑顔を振り舞ってくれる。

 

お店は露天式のスタンドとなっているため遠くからでも、目線があってしまう。

 

お店に行こうかなぁと思っていると、遠くから最高の笑顔を振りまくのだ。

 

あどけないその笑顔に、なんとなくやられてしまう。

 

注文を済ませ、お勘定となり、「3万ドンで~す!(180円くらい)」というその彼女の手つきは、Wピースだった。

 

「それでは4万ドンの意味になるのでは?」と思ったが、あどけない笑顔とそのWピースの印象がなぜか頭から離れない。

 

バブリーはなかなかよいアルバイトの子を見つけたと思う。

 

そして、今日もまたバブリーに行ってしまう自分がいるとも思う。

Top