起業するのに役立つ書籍

最近読んでいる本で、起業するのにとても役立つなーと思う本を紹介します。

起業する前に、どうやって起業しようかと悩んだりしている段階から起業してある程度の規模など様々なステージで役立つと感じたものを集めてみました。

今回紹介する本は、経営の参考書的に使えるので、悩んだ時のヒントやきっかけを与えてくれる類の本です。

◆起業成功マニュアル ガイ・カワサキ
完全網羅 起業成功マニュアル/ガイ・カワサキ

¥1,890
Amazon.co.jp
日本語のタイトルがいかがわしいですが、内容は良いです。
英語のタイトルはかっこいいですね。”The Art of The Start”

起業すると様々なポイントで悩んだり、些細なことでつまずいたりする。知っている人にとっては簡単なことでも知らなかったり経験してないからわからなかったりする。そんなかゆいところに手が届いた本ですね。

起業する際のエネルギーの出し方から、事業ドメインの選び方、セールス方法、事業計画書作成、人材採用、自己資本経営か資金調達経営か、パートナーの見つけ方、事業拡大の方法、資金調達…

様々な面において、ヒントを沢山与えてくれる。

考え方や精神面を押し付けるというよりも、「明確にステージでこういった問題起きますね?そういう場合はこう考えたらどうでしょう?」といった具体的な例が出てくるので面白いです。


◆財務マネジメントの基本と原則 デイビッド・メッキン

財務マネジメントの基本と原則/デイビッド メッキン

¥2,100
Amazon.co.jp

会計を勉強した人や財務畑の出身者にしたら、「あまりに当たり前すぎない?」って思うかもしれない。だけど、それは経営者視点でモノを見てない人だと思う。

経営で見る必要のある数字や経理ってそれほど複雑じゃないと思うのだが、どの数字をどうやって使ったら経営に使えるのかっていうのが、めちゃくちゃ分かりやすく書いてある。


◆起業のファイナンス 磯崎哲也


起業のファイナンス ベンチャーにとって一番大切なこと/磯崎 哲也

¥2,310
Amazon.co.jp

最近の新刊で、現在私も読んでる最中です。
まだ弊社は自己資本経営の真っ只中で、ファイナンス自体の経験はないのですが、今後の成長を考えたときに起業においてのファイナンスが動行ったものなのかをこれまためちゃくちゃ分かりやすく書いてあります。
ファイナンスを勉強するための本というよりも、起業家になるための本って感じですね。


◆マネジメント 基本と原則  P. F ドラッカー

マネジメント – 基本と原則 [エッセンシャル版]/P・F. ドラッカー

¥2,100
Amazon.co.jp

言わずと知れた名著。

いわゆる経営の参考書ですね。

迷ったときにその部分を読み返して使うといいかも。

Top