ベトナムに来た理由

2007年2月にベトナムに来た。え゛!


そもそもなぜ、ベトナムに来たかというと、


①ビジネスをするため=起業すすため グー  
 日本で、働いて感じたこと。

 日本は、あまりにも便利すぎる国だ。。

 学生のときにイギリスに留学したことがあるが、

 当時のイギリスに比べても様々な点で日本は便利な国だ。

 ショッピングしても、食事をしても、トイレに行っても、インターネットを

 しても、移動(交通)しても、(深夜交通は遅れているが)つまり何がいい

 たいかというと、そもそも便利なものがあふれいている社会でより

 便利なものを目指すよりも、まだ便利ではない社会で、 

 新たなサービスや商品を提供して付加価値の高い

 ビジネスをしたほうが、ビジネス的にも社会的にも価値があるのでは

 ないかと考えた。



②ベトナムが成長市場であるため
 ベトナムの総人口 約8500万人
 GDP 約7兆円 
 経済成長率 約8%(5年くらい継続中だったはず)   

 ホーチミンに限って言えば 今年は12%以上だった
 それよりも何といっても、魅力的なのが若者の人口の数。
 国民の平均年齢が約25歳。国民の約半数が30歳以下。
 というような数字を並び立てるのは、どこぞのベトナムファンドを

 立ち上げた人たちがアピールすること。
 実業であるビジネスを立ち上げるのは、あまり直接的には、意味のない数字。
 しかし、実際にきて、ベトナム企業の人の話、スタッフの話をしていると、

 日本の30年くらい前(自分の親が自分の年齢だった頃)
 のようだったんだろうなと思うことがたくさんある。未成熟がゆえに、

 遅れいていることも多い。
 文化の違いといえば、簡単だが、自分の目から見て遅れていると思うことは

 たくさんある。

 たとえば、契約しているにもかかわらず平気で入金が遅れたり、

 してこなかったり。法律面や政策面でも、まだまだ不明瞭で曖昧なことが多く、

 賄賂が横行する社会。

 それでも、現場レベルで聞く分にはだいぶ改善されているらしい。
 こういった、法律面、社会面、人の意識、様々な視点で遅れているというこ

 とは、翻るとチャンスがたくさんあるということ。 


③あとは、縁(流れ)宝石ブルー
 ①、②であることを思っていたところ、知り合いの社長がベトナムに子会社を

 持っていたこともあり、
 単身行ってみようと決意。
 ビジネスは頭ばかりでするもはなく、タイミングや勢いで行動にしていくもの。

 ベトナムに限らず、21世紀は中国を含めたアジアの時代になることは、

 誰もが予想すること。
 この大きな潮流の中で、どのようにビジネスをつくり、どのように利益を

 あげどのような組織にしていくか、こういったことを考えていくとわくわくしてくる。
 決して、目先だけにとらわれることなく、(とらわれそうになることが多いが)、
  
   50年ターム(でっかい目標!!)
   10年ターム(漠然とした方向性)
   3年ターム(どういうビジネスにしていくか)
   1年ターム(どうやって、収益を上げるか)

 といった視点をわすれずに、やっていきたい!!

Top