友へ

日本では、毎度毎度お世話になりました。

 

お互い分野はまったく違いますが、挑戦しているということは共通だよね。

 

「自分の人生は自分で決める。自分の信じる道を進む。」

 

人間万事塞翁が馬というように、人生は良い事と悪い事が交差におきるものであり、よいときもあれば悪いときもある。大事なことは、悪いときに嘆いてやる気をなくすのではなく、またよいときに有頂天になってはならない。

自分がするべきことをただただ粛々と行っていくのみ。よいと調子に乗りやすい俺は、いつもこの言葉で自分自身を戒めてるよ。

 

そして誤解を恐れずにいうと、人生で一番大事なことは、やった結果ではなくその過程で何を得たかが重要になると思う。どんなに成功しても失敗しても、その過程で得たかけがえのない人生の宝物があれば、結果はどうだってよいと思う。

 

もちろん結果を追求してこそのプロであるが、結果を求めるということにこそ、人生の本質がある気がする。

ミスチルの歌詞にもあったように「高ければ高い壁のほうが上ったとき気持ちいもんな~。」

例えるとこんな感じかな。

 

また、最近本当によく思うことなんだけど、最後はどれだけそのことを諦めないか。いや、表面的や短期的には諦めても実は諦めていないような状態とかも含めて、諦めないということはとても重要だと思う。

諦めなければ目標にしていたこととは実は、ぜんぜん違う結果となって自分の前に果実となって転がってくることもある。それが実は成功だったりするのかもしれないしね。成功は最後まで失敗を諦めなかった先にあるものだってさ。

 

だから、自分が信じた道は絶対に諦めない。最後はここの根性にかかってくるんじゃないかな。

 

俺も、まだまだだからさ、諦めない精神でがんばっていくよ。

 

友よ、共にがんばろう!ってな

Top