前向きになれる一言は人それぞれなのかも

今日は朝一でコンタクトがいきなり外れてその後落下→そしてその後の復旧作業中に破損。

1日使いきりタイプの使っているためもろいのです。

替えもなかったので仕方なく、一日中裸眼ですごす。

ちなみに、私は左目のみをコンタクトつけているのです。

左目視力 0.1 右目視力1.0

という視力のため、裸眼でも見えるのですが、非常に疲れるのです・・・

 

ということで、今日はとても目と肩と頭が疲れている状態。

目は目だけでなく周辺の大事な機能まで低下させるのです。

 

前置きがまた長くなったが、今日ある方(創業経営者の方で40代前半の方)に言われてとても前向きになれた一言。

 

ある方「安倉さんておいくつなんですか?」

 

私「いやー。実は若いんですよ。28歳です。」

 

ある方「へぇー。なるほど。若いんですね。それならいいですね!」

 

普段私服だとかなり若く見られるほうなのですが、経営者として会っていると最近30歳以上に見られている機会が多くなって、少しうれしいです。

なんか、ちゃんとした人に見られている。子供じゃないって扱われているみたいで。

 

さてさて、上記の3言目が自分を少し元気にさせてくれました。

 

というのも、創業経営者の方から、

 

「へぇー。なるほど。若いんですね。それならいいですね!」

 

といわれると、改めてせめていいんだなぁと思うんですね。

 

こんな景気で色々とネガティブになりやすい環境下ですが、そもそもまだ若いし攻めたって仮に失敗したっていくらだってやり直しが利くわけですね。

 

基本的に前向きな性格ですが、色々と試行錯誤して問題点に挑んでいるとだんだんと保守的になっている自分がいたわけです。いかに失敗しないかを考えながら手を打っているかんじ。

 

いや、この考え方自体は大事ですが、その反面どちらかというと、してもよい失敗や、むしろしなくてはならない失敗(=成長するチャンス)まで失ってしまいますね。

 

実際に創業して経営している方から言われるということに重みがあるのですが、必要な失敗をしてせめる姿勢が大事だという点を思い出させてもらいました。

 

Top