自分自身のスタイル

自身で事業をスタートして、会社を大きくしていくと常に様々な課題や問題が出てくる。

特に事業を成長させていけば行くほど、課題・問題は増えていくものですね。

常にこれで良いという答えはなくて、その答えを探し続けており、たくさん間違いをおかしながら軌道修正をし続ける毎日だからこそやりがいがある。

そんな課題や問題を抱えていると、自分も当然のことながらたくさんの本を読んだり多くの人に会ってみてその答えを探します。

最善の答えを探していると、つい自分のスタイルではないものに流されそうになる瞬間がありますね。

本を読んで勉強したり、たくさんの人に会うこと自体はとても良いことで、刺激になるし何よりたくさんの経験談やケーススタディーが聞けるので絶対に必要なこと。

ただ、その成功方法はその人だから成功した可能性だって多分に含んでいるため、成功話に関しては基本的に真似をしないほうがいいのではないかと思ってます。

細かい話をすると、極論のテクニック的な部分は成功話は役に立つけど、もっと根本的な方法論の部分になってくるとあまり真似しないほうが良いと思う。

<真似したほうが良い成功話>


エクセルの関数でVlookupってのがあるらしい。これ使ったら簡単にエクセルでデータ管理ができる。→使ってみる
iPhoneのカレンダーとメール機能って超使いやすい。使ったほうが生産性上がるみたいよ。→使ってみる 

<真似しないほうが良い成功話>


不動産は、○○のタイミングで買って、▲▲の時に売ったら○億円儲かった。
ベトナムは今、市場が成長しているから、○○社は利益を▲▲%出している。(誤解を恐れずに言います。)


真似しないほうが良い成功話ももちろん、その成功ストーリー自体に問題があるのではなく、それは受け取り手である自分自身に問題があるために役立たないことが多いですね。

やっぱり、いわゆる真似しないほうが良い成功話をいかに役立たさせるかは、まずは以下のような事を考えるべきだと思います。

・自分は何をしたいのか?
・会社の組織をどうしたいのか?
・どんな価値を提供したいのか?
・自分はどういう人間なのか?

その上で、自分は不動産を売買したいと思えば、買えばよいし、ベトナムに興味があり、やりたいと思えばやれば良いと思います。

非常に成功している人を目の当たりにしたり、うまくやっている人を見るとあやかりたいと思うものですよね。

特に同年代でうまくいっている人みると心のなかでは、悔しかったり羨望の眼差しを持ったりしてしまうものだと思います。

特に心が焦っていると判断が狂ったりするので、常に自分自身と向き合いながら、やるべきかどうかを決めたいと思います。(自分に向けての戒めです。)

Top