2種類の温泉

いやー、昨日に引き続きPCのリカバリーして良かった。

スピードがぜんぜん違う。

 

やっぱり、何でもちょっとした勇気やちょっと大変なことを、その瞬間やりきるって大事ですね。

 

生産性10倍アップ!!!

 

ってな気分です。

 

さてさて、今日は日本で感じたコストパフォーマンスの話です。

 

僕は温泉が大好きです。

 

そして、日本に帰ったときもあいも変わらずいってきました。

 

今回は二種類の温泉に行きました。

 

1.実家近くのスーパー銭湯的温泉=竜泉寺の湯

http://www.ryusenjinoyu.com/index2.htm

 

2.熱海の客室露天風呂付き温泉

 

どちらの満足度が高かったかというと、残念ながら1番です。

値段は二桁違いますね。

 

いや、熱海も良かったんですよ。

当然、おいしい夕食と朝飯がついて、ちょっとした贅沢をした気分でした。

 

竜泉寺のお湯は、最近リニューアルされたらしく、14種類の浴場と7種類の岩盤浴とか全部込みこみでなんと、700円。しかも、名古屋の高台にあって結構景色もきれい。近辺の人が行くだけの業態だろうけど、近くの人が始めていったら、たった700円でちょっとした贅沢を味わえるので、かなりお得感満載。

 

夜中まで営業していて、僕たちが行ったときも、めちゃめちゃ賑わってましたね。以前のがらがらの状態も知っていただけに、余計に感動しました。

 

さて、2番の熱海の温泉です。

 

決して悪くなかったんですが、やっぱり値段と比して物足りないというか、なんか贅沢している気分が足りないというか・・・

せっかく、ちょっとしたところにちょっとしたお金を払ったのに、700円の温泉のほうが、満足感が上なんですよねー。

 

その理由をちょっと深堀りしてみました。

 

A. 仲居が不慣れ。

 ある程度の金払ってるんだから、しっかりと対応してほしい。

 ほとんど、バイトみたいな感じだった。

 

B. 温泉施設

 静かな小さな旅館なので、きれいにしていてもやっぱり、大型施設のエンターテイメント性に負ける。

 しかも、静か過ぎると逆にリラックスできない自分の性格が災いしているのか、大型施設の雑多なほうが逆にリラックスできてしまう。

 

C 料理

 料理はおいしかったし、満足度は高いが、わざわざ熱海に来なくてもおいしい店をいっぱい名古屋で安く食べれているので、あまり感動しなかった。しかも直前にたくさん食べていた。

 

まぁ自分が貧乏性なのかもしれないのだが・・・

 

竜泉寺の温泉は、お勧めなので名古屋の人はぜひ行ってみては!今から、来年に行く竜泉寺が楽しみになってきた。。

Top