Author Archives : 安倉宏明

拡大期の勝負所

今月末でICONIC全体として第6期が終わろうとしてます。3月が問題なければ、今年も150%以上の成長率で着地できる見込みです。現在の状況を簡単に共有させていただきますと、稼働しているオフィスはホーチミン、ハノイ、ジャカルタの3拠点、社員数も40名程度となります。これまで年平均150%以上の成長率で成長してこれたのも、成長するフィールドと優秀な仲間たちそしてお客様を始めとする関係者の皆さんのお陰です。特に一昨年までは、組織的な動きというよりも一つ一つの問題や課題に対して自分が直面したものを全員で解決するということを繰り返してきました。それが昨年あたりから、徐々に組織化し自分が対応することよりもそれぞれのメンバーが対応し、課題を解決したものを組織に落としこんでいくということができるようになりました。まだ発表していませんでしたが、今月には東京オフィスも正式にオープンし、日本での本格的な事業展開もしていきます。ジャカルタオフィスも人員を2倍増の計画、他のASEANへの進出計画も2014年に達成したいと思ってます。そしてベトナム国内で今まで多くの失敗を経験したことで得た成功体験もあり、新規事業にもたくさん仕込みをかけているところです。ベトナム国内向けにまずは、我々の持っているリソースが極端に大きく跳ねるビジネスに仕掛けるよりも、一歩一歩ではあるのですが、着実に事業を成功させるのではないかと思うようになれました。よってあとは、一歩一歩優秀な人たちに仲間になってもらい、着実に実現していくのみです。これまでよりも高い成長率で成長することを志し、中期的には成功した暁にはこれまでにない伸び率で成長する可能性を秘めているところまで会社を持ってきました。まだまだ不安定なことも多く、うまくいくかどうかはわからないです。ただ、2007年にベトナムで単身渡ってきた時よりも格段に事業展開のイメージが湧いており、そしてそれを実現するための仲間たちも着実に集まってき、少しではあるもののある一定の評価は得られるようになってきました。人員計画としては、この一年で1.5倍ちかく膨れるために、うまくいかなければ単純に営業利益がなくなりキャッシュフローが悪い又は最悪赤字に陥ります。まぁそんなことは当たり前なのですが、このエマージングマーケットにかけている身として、今後の2-3年は創業以来の勝負どころと感じてます。来年末も同様以上の成長率で締めくくり別のフェーズの課題を感じていたいと決意する次第です。そんな感じで引き続きASEAN内で活躍を志すメンバーは募集中(営業、人材コンサルタント、各事業所責任者)ですので、われこそはという方はいつだって応募お待ちしております。

詳細
3.Mar, 2014

世界を駆け巡る仲間募集 ~経営とはかくも不恰好だと思った偏~

最近出版された本の中で、経営者の友人であればほぼみんなが、DeNAの南場さんの書籍「不恰好経営」読んでますね。僕も先日、東京出張で早速、購入し夢中になって読みました。内容はDeNAの創業から現在に至るまでの奮闘記なのですが、大成功したメガベンチャーであるDeNAがなぜここまで成長したかの軌跡と奮闘模様の一端が描かれてます。読み物としても、南場さんの人柄や文才を感じることが出来き、面白かったです。とりわけ事業を成長させていく上で重要な事が「如何に優秀な人にDeNAの仲間になってもらうか?」であるということのメッセージを強く感じました。南場さんのブログを初期からずっと読んでいた読者だったので、夢中になって読んでいましたが、同時にこの人材採用の点に関しては、非常に心打たれ、経営者の重要な仕事の一つが採用であることを改めて深く認識し自分自身を省みました。反省と興奮が垣間見れたとある東京の夕暮れ、友人のオフィスに待ち合わせのため伺うと、エレベーターから降りてくる彼と共に、まさに著者である南場さんが登場しました。興奮した状態の僕の前に現れたのです。(と言っても見かけただけ)これまで生きてきた中で、まさに当日読み終わったばかりで、しかも深く心に突き刺さった状態で、その著者が現れることは、少なくともなかったはずです。その時気づいたのですが、友人のオフィスはDeNAと同じオフィスの別フロアだったのです。この事があったものだからより一層、不恰好経営を読んだあとで自分の行動ベースとしてこれまで以上に本気で自社の採用に力を入れようと心に誓ったわけです。と長くなってしまいましたが、ICONICは今後も「国境を超えて働くことを楽しもう!」という事を自らが実践するべくベトナム発、新興国を中心にどんどん進出及び成長して行きたい思っています。そのため継続的に人材を募集しております。ホーチミン、ハノイ、ジャカルタの3拠点に、以下3事業を展開してます。◆人材紹介業務◆人事労務コンサルティング業務◆求人媒体(WEB)の運営上記の経験者でなくてももちろん応募可能です。求めている人材は今後の、拠点責任者になる!という気概を持った方を中心に探してます。当面の勤務地は、ベトナム又はインドネシアになりますが、将来的には他国になる可能性もありだし、ずっとその国を深堀りしたい方はもちろんそういった場合でもOKです。大事なことは、新興国で事業を成長させていくことを楽しみに感じられるかどうかです。成長とカオスが混在する新興国は、混沌と希望の巣窟です。こんな雑然として、ストレスもあるが成長もある環境で自分を試したい!と思う方は是非ご応募ください!求人内容===================【募集タイプ】・長期インターン(大学生や大学院生で数ヶ月以上来られる方)・正社員  営業系  WEB系  【業務内容】<営業系業務>
■日系企業向け営業業務■候補者へ求人を紹介する転職エージェント業務
 ・ベトナム又はインドネシア国内で仕事をお探しの日本人・ベトナム/インドネシア人の方に求人をご紹介します。
■人事労務コンサルティング(業務能力により)
 就業規則,人事労務制度設計,労務関連に関するコンサルティング<WEB系業務>WEBサービスの開発及びディレクション業務【給料】月収1500-3000USD(Gross)【必要スキル】・海外で自分の力を試してみたいというチャレンジ精神【あれば良いスキル】
営業系・英語能力 ビジネスレベル
・人材業界(人材紹介・研修・人材派遣等)での業務経験があればなお良いが、なくても全然OK!・営業経験WEB系・WEBの開発経験又はディレクション経験【勤務地】ベトナム   (ホーチミン、ハノイ)インドネシア (ジャカルタ)【応募方法】jp@iconic-intl.comに履歴書・職務経歴書を添付の上「ICONIC自社社員採用向け求人の応募」と件名に明記の上ご応募お待ちしております。【面接】SKYPE等でもご対応しますので、現在の居住国は問いません。【備考】不明な点等お気軽にお問い合わせください。==================

詳細
24.Jul, 2013

200カ国

生きていくために何がなければダメか?食べ物?酸素?家?車?これらはすごい大事ですよね。ないと生きられない事が多いです。では、生きてる意味ってなんですか?大人になるとあまり、こんなこと考えないですよね。子供の頃は、みんな考えてませんでした?なんで人って生きているんだろ?なんで僕は生まれてきたんだろう?って。その答えの一つが「夢を追うこと。」だと僕は思う。また、違う言い方をすれば「希望を持つ。希望を持ち続ける。」ことだと思う。なんの夢だっていい、些細な希望だっていい。僕は事業をやっている身なので、人の人生を預かったりしているわけなので、特段この夢は大事だと思う。僕の夢・希望は「世界200カ国」に会社を作ることです。世界中にサービスを届けたい。国境を超えて挑戦する人を一人でも多く生み出したい。そんなことをいろいろな所で言ってました。するとなんで200カ国なんですか?って質問されます。「いやー。全世界にっていうよりも具体的な目標っぽくていいじゃないですか?」と答えていた時に気づきました。世界に国数が何カ国あるかって意外と、あまり知られてないんですね。僕はなんとなく子供の頃から世界に国の数が200あるっていうのは知ってました。なんで知ってたかって言うと、サッカーやってたからだと思います。FIFA(国際サッカー連盟)の加盟国数:209国数:195(日本が認めているのは北朝鮮を除く194)世界209の国と地域の頂点に立つワールドカップの優勝国は、、、スペイン!みたいな言い方されるんで。つまり、だいたい200カ国というのは全世界なんですね。その全世界に死ぬまで自分が関係する会社を作り続けたいって思ってます。なんでかって、やっぱそりゃなんとなくワクワクするからだよね。

詳細
26.Jun, 2013

思考の整理

ブログってやっぱり思考の整理になると思う。だから最近サボっていたけど書きます。思考しているとある瞬間に湧き出てくるように拡散的にやりたいことやアイディアがうちから発生される。こういう瞬間っていうのは、気持ちが前向きでなんでも出来る!というモードになっている時ですね。こういう時こそ、ブログや日記などに書き留めて冷静に自分の思考を整理したほうが良いですね。新興国でビジネスをしていると、特に感じることが■サービス/商品が世の中になくてやればいいじゃん!とたくさん目移りしてしまう。  ⇔よく言えば、アイディアはたくさん出る。■人材の問題や仕組みの問題で未成熟なためやらなければいけないことがたくさんある。上記のことから、思考が拡散しがち要は、やりたい事やらなければならない事上記を常に整理して、一つづトライしていくしかないです。そんな整理をしていく中で、直近で始めることがたくさんあります。その一つが、自分自身でプログラミングをするということです。昨日、FB上で知り合いの経営者が34歳で始める!と宣言したことから、ずーっと自分でもやりたい。やらなければならないという葛藤を持っていたのですが、整理するとやらなければならないという結論になりました。自社のウェブページや必要だと思っていたランディングページといった簡単なところからスタートしてエンジニアのマネジメントをガリガリ出来るようにまでなります!

詳細
14.Jun, 2013

What Does not kill me, makes me stronger

最近めっきりブログを書かなくなっていた。自分が感じたことや考えていることを整理する場としてブログは有効なので、無理ないように再開しよう。新年度4月も残り5日となりました。気づけば、この4月はいろいろなことがあった。良いことばかりではなく悪いこともたくさんあった。内容は書けないことが多いんですがねwwうまく事業がいっている時ほど、気を引き締めないといけないと改めて感じる。ただ、一つ一つを乗り越えていく中で、大変だったことや辛いことはだいたい忘れていくので、その都度都度で全身全霊で対処していくしかない。最近読んだ、ビジョナリー・カンパニー4で人生の名言に出会いました。  ニーチェの言葉「What does not kill me, makes me stronger」何が起きても死なない限りは、その起きた出来事そのものを成長の糧にする。偉大な企業は、運・不運で経営をしない。運・不運は平等にやってくる。

詳細
25.Apr, 2013
Top