カテゴリー : ベトナムについて

日本の強み

海外でビジネスをすると、日本の強みについて考えさせられるきっかけが、たくさんある。(もちろんその逆もまた然り) よく言われる日本の強みは、きっちりしている、手先が器用、品質管理、匠の技、改善力があるなどなど表現されるますね。 その通りだと自分も思います。 上記に加えてというか、それを別の見方から見ると「アドミンコストの低さ」という視点でも見て取れることができます。 アドミンコストの低さとは何か? アドミン=総務業務、事務手続きですね。 日本はこのコストが圧倒的に低いと覆う。 他国の例を考えてみると アメリカ直訴や訴訟、契約違反による問題に備えて、法務コストが多大にかかる。やたらめったらないい加減な契約だと後から大変なことになるので、最初の段階でしっかり決めなければならない。 中国やベトナムなどの新興国(特に中国)契約とかそもそも無視してくる。入金周りにやたらと工数がかかる。約束通り払ってくれることが非常に少ないため、とりっぱぐれコストが膨大になる。 今までの日本の高度成長なり、それなりの成功は、このアドミンコストがやたら低かったことも結構影響してるんではないか?と思うようになった。 これまた、一般的に言われる「日本人の決断の遅さ」も、決断した後のスピードは世界でも指折りなんではないかなーと。 要は、決断は遅かったけど、やると決めたらやたら速い。早くはないけど速いしスムーズ。 誤解を恐れずに書きますが、やっぱりなんだかんだ言ってベトナム企業との取り引きは面倒になることが多い。 ■約束守らない■入金期日までに振り込まれることはない。 当然、グローバル化する中で、これまでのような日本企業のやり方ではうまくいかないのも事実ですが、当然日系ビジネスのアドミンコストの低さは我々が持つ一つの大きな強みです。 日系ビジネスを世界に広げ、日本経済圏を増やしていけば、日系企業の活躍の場が広がります。現地と融合しながらも日系企業・経済を増やしていく。 日本にはこの経済圏を広げていくことが次なる日本の成長戦略の柱だと信じてます。

詳細
30.Jul, 2012

ベトナムの昇給率調査 2012年予測

毎年、年末に恒例となっている昇給率調査を昨日発送しました。 ベトナムのインフレは2011年が20%弱で着地予定。  年度 インフレ率2002 4.12%2003 3.08%  2004 9.82% 2005 8.82%  2006 6.70%  2007 12.63%   2008 19.89% 2009 6.52%2010 11.75% 2011  19.04%(予測)            参照 http://ecodb.net/country/VN/imf_inflation.html 更に、2011年は主要な工業団地の最低賃金の引き上げが2回、エリア変更に伴う実質的な引き上げが1回と2010年末から比べたら末端のワーカーの初任給が50%以上アップしている企業が沢山あります。 故に、今回の調査結果は非常に注目してます。 どのような結果になるのか楽しみです。 答えていただいた企業様には調査レポートは無料で反映させて頂きます。 詳しくは下記 問い合わせ先:info@iconic-intl.com担当:長浜件名;「ベトナム昇給率調査の件」

詳細
24.Nov, 2011

最近のベトナム経済の感じ

最近、めっきりブログの回数が減っていることに気づき始めました。 ということでそんな自分にぴったりのブログエントリー ブログを毎日続けるモチベーションを維持する方法 とこのブログで参考するように小さなネタでも、読者のためになるような話を少しづつ続けていこうと思う次第。 ということで、最近の状況としては、新規進出企業がまた増えてきている感じがあります。 問い合わせや依頼が多く、まだまだ日系企業を含む外資系企業のベトナム進出の熱は消えてないようですね。 ただ、その一方でベトナムローカル経済の雲行きが怪しくなっている話もちらほら聞きます。 この外資と内資の経済の動き方の違いが違っている点もビジネスチャンスですね。 という小ネタ的な話で今日は終わります。

詳細
25.Aug, 2011

Pizza4P’s

さまざまな方々が絶賛中なのであえて僕が細かいことを書く必要はないのですが、ホーチミンにきたらいっておいたほうがよい店を紹介します。 その名前はPizza4P’s お店の味的な評判は以下の本人のブログを参考にしてもらえればよくわかると思います。 来店された方の声をまとめたリンク集を作ってくれてます。 さまざまなグルメなかたがたが評価されてます。 http://ameblo.jp/masukodagama/page-4.html#main ホーチミンで食べた中で一番おいしいピザが食べれると思います。 ただこのブログは、グルメブログではないのでなぜここで紹介したかの説明。 お店を始めた方は、益子さんという元サイバーエージェントのベトナム投資事業責任者。 食と教育の分野でアジアを代表する企業を作りたいというビジョンの元、最初の事業が現在のお店。 しいて言えばともに、アジアの地で目標をもった事業家同士の間柄です。 特にベトナムやアジアで事業を起こしたい!ともっている人もいっておいたほうがよいですね。 そういったパワーをもらえたり、そういった人たちが集まるお店でもありますね。 ただ、お店自体の席数が少ないので行く前に、予約したほうがよいかも。

詳細
26.Jun, 2011

ベトナムのインフレ

来週発行する弊社のメルマガにもそれらしいことを書いていてるのだけど、ベトナムのインフレがすごい。 弊社のメルマガ抜粋ベトナム統計総局(GSO)の発表によりますと、2011年の年初5ヶ月間のCPIは平均で昨年同期比15.09%、2011年5月単月で見ると昨年同月比19.78%上昇しております。茲許の上昇ペースを見ると、2011年4月に計上した前月対比3.32%に比して5月は前月対比2.21%と物価上昇ペースに若干の鈍化が見られたものの、依然、高水準のインフレ率を示しております。 こうした高水準のインフレ率を生み出す要因となっている品目としては、特に住宅・建材(前月比3.19%)、飲食・食品類(前月比3.01%)、交通(前月比2.67%)が挙げられます。 2011年上半期のCPIの推移を鑑み、政府も、今年の抑制目標を11.75%から15.00%に引き上げると発表しました。 そして昨日、取引させていただいているSMBCホーチミン支店さんのセミナーに行ってきましたが、そこでもやっぱりインフレの話題がその中心でした。 ただ、2011年前半は非常に高かったのですが、後半は収まる傾向が強いというのがその結論でした。その理由として、以下を挙げられてます。 1.通貨の切り下げによる影響テトのドン切り下げによる影響が多く、2011年前半はインフレが上がった。年後半に切り下げがなければ前半に比べてインフレの材料が減る。 2.世界的な異常気象によるコモディティーの高騰起因だった前半インフレの大部分を占める食品関連当の生活用品です。2011年は世界的に異常気象により高騰しました。この指数が落ち着く可能性が高いため、2011年後半はインフレが幾分か収まる傾向にある。 どちらにしても非常に高いインフレのベトナムです。

詳細
25.Jun, 2011
Top