カテゴリー : ベトナムについて

発音の違い

6月からベトナム語を学びなおしてます。週に2回家庭教師の先生に来てもらい、夫婦で競って勉強しています。どっちがうまいだのいつも、張り合っているので続けやすいなぁと感じてます。今日、お会いした候補者の方はベトナム語が流暢で、顔も濃い感じの方だったので、言葉を話した後ベトナム人に間違われたそう。ベトナムは地方によってかなり発音が違うので、田舎から出てきた人に思われたみたいです。いやはや、そこまでうまくなるというのは大したものです。彼は英語もできるので立派ですね。ベトナム語は、地方によって発音や使う単語も違います。北部の言葉であるハノイの言葉が標準語で、ホーチミンを中心とする南部は一応方言です。中部の方言は非常に訛りがきついとよく聞きます。ハノイに行くことが多くなった最近では、ハノイの言葉を聞くと、異国にきた気分になるんですね。その昔、はじめてイギリスに留学したときに、それまでアメリカ英語ばかり聞いていた自分が、イギリス英語の違いに驚愕したのを思い出しますね。ベトナム語は一般的に非常に発音することが難しい言葉のため、この発音の仕方で挫折する人も多いです。ただ、ある程度慣れてきたら、100%とまではいかないまでもだいぶ分かってくるなぁぁとも感じ始めました。(ようやくですが)一番難しいのは声調よりも母音、半母音の部分ではないかなと思おもってます。早くローカルの人と、問題なくベトナム語で会話できるようになりたいなーと思っている今日この頃です。

詳細
18.Sep, 2010

中秋の季節ですね

最近ベトナム関連の記事が全く書けていないので、久しぶりに書きます。毎年9月の中旬あたりは中秋節です。今年は2010年9月22日(水)がその日にあたります。ベトナムでは1ヶ月前くらいから特設の月餅販売店が軒並み立ち並び、人々はうれしそうに買っていきます。この月餅が大体外国人にとってはあまり美味しくないのですが、どうやらベトナムの人にとっては美味しいらしいのです。決して安くない月餅を家計に響いても買うみたいです。企業も一緒で、この季節にお世話になっているお客さんや関係者、それに哀しいかな政府関連機関(税務署やなんやら)にも送るのが風習になっています。ただ弊社は日系企業なのであまり多く送ることはしないのですが、ローカルの会社はこの月餅の出費だけでも結構大きいと思います。ひとつのセットが20万VND~30万VNDの物が多いので、これを100先に送るだけでも2000万VND~3000万VNDと10万円を超えます。そもそも月餅って何かっていうと、正直良くわかってません・・ベトナム語では Banh Truong Thu「バインチュントゥー」といいます。詳しく説明しているサイト発見しました。http://www.vietnam-sketch.com/cooking/street/2006/10.html季節感の少ないホーチミンで感じる数少ない季節感。9月は美味しくなくても月餅を食べよう!

詳細
15.Sep, 2010

i pad in Vietnam

i pad が無性に欲しい今日この頃です。ベトナムではまだ正式に売ってない(はず)です。ということで、個人輸入業者みたいなところに値段にチェックに行ってきました。販売場所 Nguyen Van Troi(タンソニャット空港から街中に来る大通り)沿いにいくつかあります。そこで売ってました。WIFI16G 700USD32G 800USD64G 販売していない又は売り切れWIFI+3G16G 950USD32G 1050USD64G 売ってるが高いから買わないほうが良い人のことで値段を聞き取れずやっぱり本当の値段より200-250USDほど高いですね。個人輸入手数料です。うむむむ・・・・i phoneの時と同じく高いけど、仕方がないから買うか悩み中・・・

詳細
19.Jun, 2010

年内最終営業日

明後日は正月です。といっても普通の日本人は。?と思うかもしれませんが、ベトナムにとっては明後日が真の正月です。町は年末モード真っ只中。夜になるとどこもかしこも、人だらけ。弊社の営業も本日で仕事納め。弊社のテト休み期間:2月13日(土)~2月21日(日)となります。上記期間にいただきましたお問い合わせは、22日(月)以降に順次ご返答させていただきます。何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。m(_ _ )mさて、今年も一年間よく働きました!来年も飛躍の一年となるように、この休養期間中に日ごろ出来なかったことをいっぱいしたいと思います。遊びすぎて、来期のプランニングをすることを忘れないようにしたいです。

詳細
12.Feb, 2010

ベトナムでクレジットカードを作るには?

さてさて、ベトナムでお住まいの方なら考えられたことがあるのではないでしょうか?クレジットカード作りたいんだけど、どうしたらよいのかな?って悩まれたりする間に、月日が過ぎていく。。。ってことで、先日クレジットカードを作ってみました。これが、またもや山あり谷あり涙なしには語れないストーリー(笑)です。とはいっても、まぁ大方うちのスタッフに作らせたので、だいぶ楽ではありましたが。。僕が作ったのは、VIETCOMBANKです。<ポイント>・ベトナムにおいて収入がなければクレジットカードは作れない。・現職企業からの労働許可書またはテンポラリーレジデンシャルカードを求められる。・クレジットカードの期限どうやら最長でも1年程度らしし。なんて短いんだろう・ゴールドカードにする際には、頭金(デポジット)を入れる必要がある。デポジットの金額は私の場合は3000万VNDといわれましたが、説明があいまいなため、本当かどうかは不明。とにかくデポジットが必要とのこと。・スタンダードカードの場合レジデンシャルカードの期限までで切れてしまいます。収入がしっかりあることが認められればデポジットは必要ない。僕はゴールドカードを申請していたのに、手違いでスタンダードにされてしまっており、今年の8月で切れるレジデンシャルカードのせいで、作ったばかりなのに今年8月に早速期限が切れてしまいます。。。なんて、残念なサービスレベルなんだろう。あれだけ、作る際にいろいろと確認したのに、本当に落胆しました。そのことを担当者に話しても、いろいろと言い訳が始まったので、まぁいいやって思ったので、次にどうすれば一番よいかということを確認しましたところ、・更新のタイミング更新のタイミングはもう一度申し込まなくてもよい。<必要資料>・申込用紙・現職企業からの一筆(おそらく在籍証明的なもの)・給料証明(場合によっては)・パスポート・テンポラリーレジデンシャルカード →これがないとたぶん作れません。<その他注記>・基本的に日本でクレジットカードを作る感覚を捨てること。→クレジットカードを作るということは、銀行からお金(信用)を借りていると思う必要あり。そのため、確実に過去の給与入金履歴を確認されます。おそらく、ない場合は現職からの給与明細や給与支払い履歴などが必要になってくると思われます。・インターネット上でクレジットカードを使うには!実は、これはかなりトラップなのですが、クレジットカードができた際に、インターネット上で利用しますという申請書類を提出しなければ、アマゾンやら楽天などでのショッピングができません。え!ってびっくりしますが、これを忘れないように。・デビットカード同時にデビットカードも申し込みできます。ただ、カードはクレジットカードとはもう一枚別のものが出来上がります。日本で収入がない人は、このデビットカードを作ると、日本でお金が引き出せるので国際送金とかわずらわしいことをする必要がなくなります。特に、ベトナムからの国外送金は、いろいろな証明書類とか出さなければならないことが多いので、このデビットカードは抜け道となるでしょうね。最後に、念のため日本でこのカードは使えますか?って聞いたらベトナムの信用は低いから、使えないかもっていわれました。

詳細
22.Jan, 2010
Top