カテゴリー : ベトナムについて

ロッテマート、ついにオープン!!

世界経済に嵐が吹き荒れる中、ロッテマートはホーチミン7区に本日、オープン! ベトナムに来て以来、建設予定地をバイクで横切りながら、いつ出来るのかなぁと思いながら出来たのでうれしいです。   最後の1ヶ月くらいの、気合の入った工事現場の様子は、ベトナムのちんたらした工事現場とはまったく違うものだったと思います。なんか、もう鬼気迫るようなラッシュのような工事だった・・・ 韓国のパワーを感じた。   さてさて、ロッテマートはオープンする1年以上前から、いたるところに広告を出していただけあって、オープン前夜のマーケティングの力の入れようというのは半端なかった。   前夜祭見たいな感じで、テレビ中継で歌手やらダンサーやら呼んで、人だかりがものすごかった。   正直、中規模のイトーヨーカドーくらいで、日本の大型ショッピングセンターには到底及びも着かないような規模なんですが、それでもこういった便利な施設ができるというのは大きな進歩だと思う。   景気が悪くても、少しずつ成長しているベトナムを感じながらの生活はやっぱ良いですね。   また、このロッテマート、今の自宅からバイクで7~8分の距離だから、尚うれしい。   しかも、映画館とかも入ってるみたい。   映画館が出来るだねー!と妻とうきうきしながら話すなんて、日本では考えられない。   いやはや、早速今週末はロッテマートでお買い物してみよう!       ちなみにこの、ロッテマートの前は、こんなような草原になっていて、凧揚げがブームみたいです。

詳細
18.Dec, 2008

ベトナムの下着

  ここ最近、妻の下着ショッピングに同行してます。   そこで、知った驚愕の事実   ベトナムで販売されているブラジャーのカップは、基本的にAかBしかない・・・・   ここでわきあがる疑問、なぜAかBしかないのか。   予想される答えは、、   1.ベトナム人女性に巨乳ないしは巨乳に近い豊満な旨の持ち主はまったくいない。 2.ベトナム人女性に巨乳ないしは巨乳に近い豊満な旨の持ち主はいるが、そういった人は外国から輸入する。 3.ベトナム人女性に巨乳ないしは巨乳に近い豊満な旨の持ち主はいるが、そういった人でもAかBのカップでアンダーをあげて購入する。   どう考えても、主な答えは、3になるのではないのか?2の人もいるだろうけど、そんな人はごく少数派のはずだ。 また、1に関しても確かに、他の国の人に比べたら大きい人が多いわけではないと思うが、日本人とそんなに変わらないはず。(推定)つまり、日本人サイズくらいにかなり近いと予想される。 そして、妻から聞いたのだが、下着屋さんの女性は、バストサイズの測り方も知らなかったとの事。   こういったサービス品質に対する改善ポイントはたくさんありますね。   日系下着メーカーのワコールも最近、ベトナムでは販売を開始しています。   前々から工場は、ホーチミン近郊の工業団地にあったんですが、ベトナムでの国内マーケットの獲得を開始したんですね。デパートや大型スーパーなどにテナントが入ってました。   ちなみに、ワコールの商品のタグは、日本円表示のままでした。そして、ワコールにはCカップ売ってました。ちょっとでしたけど。日本に輸出する商品をそのまま、ベトナムで販売しているというのが直ぐわかりますね。ただ、当然ベトナムでの販売価格はドンベース。実際のドンの値札は別に張ってあり、大体定価の4割引くらいの値段がベトナムでの定価でした。   ちなみに、その他の外資系メーカーからはまったく売ってません。カルバンクラインンとかトリンピュとかも、Bカップまででした。   この値段のつけ方には、色々な視点が見て取れるのですが、つまりコスト面からとマーケティング面から。   今回の場合は、マーケティング面からみて、トライアル的な値段をつけている要素が一番多いでしょうね。   あと、当然関税とか輸送費とかかからないし、販売費は日本より安いから、同じ商品をベトナムで販売しようとした場合は当然安いですからね。実際の定価よりも4割引で売ったって、利益は出るはず。   こんなことを、下着屋で思っていました。   それにしても、女性のブラジャーを、あんなにまじまじと見る機会はなかったのですが、どの商品もパットが厚すぎるのが気になりました。   だまさないでいこうよ!みたいなね。   朝からすいません。。

詳細
11.Dec, 2008

ベトナムへ資金援助

http://news.livedoor.com/article/detail/3933051/   ADB、ベトナムに5050万ドル融資=災害復興向けなどに   マニラ9日AFP=時事】アジア開発銀行(ADB)は9日、ベトナムに5050万ドル(約46億8000万円)を融資すると発表した。同資金は台風の被害を受けた地域の復興と貧困削減を目的とした改革への支援に充てられる。≪写真はマニラにあるアジア開発銀行本部の同行のロゴ≫  ADBは2006年に5100万ドル(約47億2500万円)の融資を承認したが、インフレの高進で資金不足に陥っていることから、これを補うために新たに融資することにした。ADBによると、06年と07年の台風による農村部インフラへの相次ぐ被害が、大幅な予算超過の一因になっている。  貧困削減計画の改革実行向けに2500万ドル(約23億1600万円)が充てられる。ベトナム経済はこのところ急成長を続けているものの、同国の約340万人は1日1ドル未満で、そして2800万人は1日2ドル未満で生活している。貧困は農村部および少数民族の間で比較的高く、08年上期のインフレ率の上昇は生活水準、とりわけ農村部の貧困層の生活水準に悪影響を及ぼしているという。融資条件は明らかにされていない。  これとは別にADBは、ベトナムの災害予知能力を向上させるため、同国に50万ドル(約4600万円)を無償供与する。〔AFP=時事〕   上記の記事が出ていました。   成長しているとはいえ、まだまだ途上国なベトナムです。こういった資金提供を無駄にすることなく利用してもらいたいものです。少なくとも、賄賂などには1円(1ドン)も流れ込まないようにして欲しい。   それよりも、ホーチミンに住んでいると1日に2ドル以下で暮らしている人が2800万人もいるとは実感が持てませんね。   農村と都市部というのは、日本以上に違うということかな。  

詳細
9.Dec, 2008

ベトナム経済セミナー

メインバンクのSMBCさんによって、開催されたベトナム経済セミナーに参加してきました。   エコノミストの方による講演や懇親会などに無料で参加させていただきました。   普通なら、高いお金を払っていかせてもらえるような場に、御呼ばれするとは非常にありがたいことです。   また、トップの銀行なだけあって、開催された場所も5つ星ホテルでした。   よって、とても食事がおいしかったです。。。   さてさて、セミナーの内容はですが、予想通り今後の経済の見通しは非常に厳しい結果となってました。   世界経済の急速な減速を、様々な種類の株価指数やGDPや通貨の指数の変動を論拠を持って、世界経済が今大変なことにあるということを説明されました。   ああやって、指数でいかにこの1年の経済活動が、100年に1度といわれるくらい急降下しているというのが実感します。   ベトナム経済に焦点を当てると、同様にして世界経済の減速を影響受けるとの事。   今後のベトナム経済の見通しとして結論づけすると   ①通貨危機の起こる可能性は低い。しかし、想定外に通貨危機が起きてもおかしくは無い。   ②経済成長。景気の減速は10年ぶりの減速 厳しい見通しとしては、来年の後半の経済成長は5.5%まで落ち込むと予想されてました。過去数年は、8%台だったので厳しいですね。   ③経常赤字が一番問題 2008年初頭に、経済の過熱を受けて輸入が超過してしまい、経常赤字が非常に深刻になりました。 輸入の量は減っていても、同様に輸出も減ってしまっている(世界経済の減速のため)ので、問題は深刻。   唯一の明るい見通しは以下の1点です。   ①インフレが収まっている点 インフレが収まっているという点は、現地でビジネスをしているものとしては非常にありがたい見通しです。 今年は28%越えを記録しましたからね・・・といっても、今月も24%ですが・・・ エコノミストの方は普通の国は、インフレ率が20%を越えると国の経済にとって大打撃で、麻痺しかねないらしいです。しかし、ベトナムの場合は、農村では未だに物々交換が主流だから、数値ほどに打撃を受けてないのかも知れないとの事です。   また、世界的なドル高(実は、円高以外は、世界的にはドル高なのです。)傾向は続き、ドンも安くなっていく傾向にあるということです。という事は、従業員に対する給料の価格もドルベースではなく、ドンベースに切り替えたほうがよさそうですね。   さてさて、経済の状況はベトナムも厳しい事は厳しいのですが、出来たての会社にとっては、厳しかろうが厳しくなかろうが余り関係ありません。(いや、本当はあるのですが)   どちらにしても、前進するのみですからね。   ということで、今週もがんばって行きましょう!

詳細
8.Dec, 2008

だんだん減る航空便

そろそろ年末の休みに差し掛かってくる今日この頃。   ベトナムの年末といえば、テト(旧正月)です。   今年のテトは1月26日なので、この日をまたぎ1週間程度どこの会社も休みになります。   テトといえば、一年に一回の大型連休ですね。   ということで、早めに航空券を確保しなければと予約を入れるために代理店に連絡すると・・・   私の実家である名古屋(中部セントレア空港)行き(成田経由)が来年から廃止されるとの事・・・・・・・   つまり、JALの成田→名古屋便がなくなるそうです。   うーーーーむ。   だんだん不便になりますね   1年半くらい前には、ホーチミン発名古屋行きの直行便がなくなり、今度は経由便までもなくなるとは。   がっかりですね。   以前、福岡に行った時も、直前に便がキャンセルされてしまいました。   そのときと同じパターンを取るしかありません。   どこかの第三国を経由して名古屋に入るしかないわけですね。   せっかく東京の友人に会おうと思っていたのに。   だんだん不便(改悪)になるのは、なんとも言えない感覚に襲われます。

詳細
25.Nov, 2008
Top