カテゴリー : ベンチャー企業経営

人は投資

まだ始まって二年目の当社。   基本的に全ての指示系統が自分であるため、どんどん組織化を図って会社にしていかなければならない。   そんな当たり前のことを特に感じる日々です。   人材を採用するということは当然、コストがかかり利益を一時的に圧迫するものの、仕組み化していかなければすぐに限界が見えるわけですね。   改めて、人材とは投資です。   会社をはやくベンチャーといえるレベルまで持っていかなければ。   普段、風邪とかまったく引かない自分ですが、土日にかけて二日酔い→その後なぜか発熱と、体調を崩していました。体調を崩すと特に、そう思いますね。   しかも、熱があるときにボーっと見てたテレビ番組がNHKスペシャル「新型インフルエンザ 日本の対応」的な番組。なんか、自分がインフルエンザにかかった気分になるほど落ち込みました・・・・   ということで、ICONICは引き続き人材募集しています。  

詳細
14.Sep, 2009

弊社のための人材募集!

ちょっと今日は告知させてもらいます。   ベトナムで着実に一歩一歩、地に足を着けていっている感じです。   世界全体では不況があれる中でも、新興国のベトナムにはまだまだ成長のチャンスがたくさん眠っています。   そんな中で、ベトナムでチャレンジしたい!という人材を募集したいと思います。   将来、アジアで起業したいという思いを持ったり、日本で起業したいと思っているが、なかなかチャンスがないと思っている人なども歓迎です。   現在、ベトナムに住んでない人なども、もちろん応募可能です。   【募集企業】 ICONIC Co., Ltd  事業内容  ベトナム国内における人材紹介事業  ベトナム国内における人材コンサルティング業務  ベトナム国内における会計サポート業務   【URL】 iconic-intl.com   【必要条件】   以下の気持ちを持った人。男女問わず。   ベトナムで成長したい! アジアや途上国でチャンスをつかみたい! 一から事業を創りたい!   【業務内容】 ICONIC事業にかかわること全て。 →ベンチャーを立ち上げる上で、特に決まった業務領域はありません。 →あえて言うなら自分で仕事を創出すること。   【応募方法】 info@iconic-intl.com   こちらのアドレスに、「ICONIC人材採用へ応募」という件名で履歴書・職務経歴書をお送りください。   【詳細】 別途、メール又は面接の際に詳しくお話します。  

詳細
4.Sep, 2009

税金を払うということ

会社員のときは、給料が天引きになるので、あまり意識していませんでしたが、事業を始めると税金が非常に気になりはじめます。   所得税に法人税   ベトナムでも当然こういった税金はあります。   弊社では会計事業も行っておりますので、ご相談があればご連絡ください。   と、告知が目的ではないのですが、いざ我が懐から払うとなると、骨身にしみますね。   私の父親も地元で小さな会社をやっているのですが、小さいころから「税金が~~、税務署が~~」とよく言っていました。   初めて、そのときの気持ちが自分でもわかるようになってきました。(まぁぜんぜんたいした額ではないですが)   改めて世の中に貢献していると自分で思います。   知り合いの経営者の方に「税金をしっかり払えるくらいの企業にならなきゃだめだよ!」っれたことがあり、そのときはそんなものかなぁと思っていましたが、なんとなくそんなものだとわかってきました。   何事も百聞は一見にしかずですね。   明日は土曜日ですが、がんばっていきましょう!

詳細
10.Jul, 2009

ベトナム起業家仲間

同じ境遇の人との話というのは、面白いものです。   女子大生やら女子高生やらなんでも同じ境遇の人たちが固まるのも気持ちがわかります。   特に、会社を始めると同じ境遇の人がめっきり減るので、特に貴重です。   先週の土曜日とある飲み会に参加して、前々からよく交流を持たせてもらっていた松本さんと改めて飲みました。   彼はまだ26歳なのに、今年はめでたくお子さんも生まれて、もうほんとがんばらないとだめになった方です。   会社を始めてそこそこで、いきなり奥さんがご懐妊されているとのことを聞いたときには、この人は相当のアホか相当の強い心臓の持ち主かのどっちかと思いました。   松本さんは主にホーチミンでオフィスやアパート等の不動産賃貸や不動産コンサルティングをメイン事業とされています。   www.ress.vn http://blogs.yahoo.co.jp/ryouichi0007   自分より若い経営者なので、特に刺激をもらいます。   まだまだベトナムは未成熟な市場で、稼ぐのは意外と大変だけど、その分熱い市場!   ともに切磋琢磨してがんばっていきたいと思える仲間です。

詳細
29.Jun, 2009

次なる一手

企業にとって、もしくは中小企業や小さなベンチャー企業は、よく社長の器以上に会社は成長しないといわれる。   実際にそのとおりだと思う。   まぁ、たまたま自分のやっていた事業が運よく外部環境のおかげで成長することもあるだろうけど、結局は社長自身が成長しなければその外部環境のチャンスをも生かしきれない。   創業期は右も左もわからずただ必死にPDCAをまわしてきてここまでやってきた。   正直、たくさんの見たくない現実や問題をその場で全て解決してきたわけではなく、ただなんとなくスルーしてきたことも決して少なくない。   やはり、常に前を向き自分自身に対して常に問いかけ、次なる一手をどんどんうっていかなければならない。   間違ってもよいし、失敗してもよいけど、次なる一手を打てない状態が一番問題だと思う。  

詳細
25.Jun, 2009
Top