カテゴリー : ベンチャー企業経営

ハノイオフィス 開設

ベトナムはホーチミンに2008年5月に会社を設立して以来3期目で、第二の拠点を持つところまで来ました。 2010年8月ハノイオフィス開設です!ICONIC Hanoi Office3F TDL Building, 22 Lang Ha, Dong Da Dist, Hanoi, Vietnam まだ電話番号は開設できておりませんが、お問い合わせはHanoi Managerの山本まで 山本 +84 93 836 6118 世界で活躍する日本人・日本企業をサポートし日本とその国の発展に寄与するという理念のもと、今後も邁進していきます。 今後ともよろしくお願いいたします!! 落ち着いたらHanoi Officeの写真もアップします。

詳細
3.Aug, 2010

まだまだ何も出来ていない。

まだまだ何も出来ていない。 常にそう思い続ける事が成長のエネルギーになるとおもう。 現に何もできてない。 休んでる暇なんてない。 前進あるのみ。

詳細
9.Jul, 2010

事業の立ち上げから軌道に乗せるには

事業をが立ち上がりはじめてそれなりに問題を解決していくと、おそらくある種の安定ポイントが発生する。言い換えると、目標の利益が出てそれなりに稼げてサラリーマン時代よりも収入が高くなったりした時ではないかな。こういった時に自分の目標なり志がないとそのまま停滞するように思う。事業やビジネスはいつなんどきでもそのままで良いものはない。安定と覚醒を繰り返し、あたりまえだが目先のカネは捨てるぐらいの心意気がないと面白いことは出来ない。事業を始めると、事業を創り安定させそのまた次というサイクルをいかにつくるかがとても重要かを思い知らされる。大事なことは事業家は評論家やコンサルタントではなく、自分でやっている人の事を指します。優秀さではおそらく評論家やコンサルタントの方が高いことが覆いと思います。この評論家やコンサルタントの方がたアドバイスをもらいながら、邁進するのは事業家です。だから、事業家は事を動かし続けなければ、物事や人や金は停滞してしまうんです。停滞するといろんなものが腐ってくる。 事業を創り安定させ其の次のステップのために覚醒させる。健康な体は運動して新陳代謝をするように、健全な事業家も新陳代謝を続けなければならない。 そのためには、以下のような方法論があると思う。 1.人を動かす。2.カネを動かす。3.新規事業を仕掛ける。 未だあるかもしれませんが、とりあえず3つ重要だと思う。 どれをするにも腹をくくり、前にすすめる。 最近安定しているなーと思う起業家や事業家は要注意だと思います。 次なる手を打たないと数年後には今の売上や利益さえも無くなっている可能性が高いですね。

詳細
6.Jul, 2010

変わっていく中で、自分も変わらなければならない。

気づいたら2週間くらいブログを更新してなかった。ツイッターをはじめて以来、確実にブログへの投稿が減っている気がする。実際の統計とったこと無いので知らないですが、よく読むブログの投稿も心なしか減っている気がするので、ブログの投稿数は社会全体で見ても減っているのは間違いないと思う。おまけに、読書数量も減っているので、いいのか良くないのかさっぱりわからない。 ただ、i phoneが出てi padが出て、ツイッターが出て。はたまたゲーム業界ではオンラインゲームやアバターが進んでて、ビジネスIT市場ではクラウドかが進んでてと、いろいろと活気ずいていて良いですね。 個人的にもITやインターネット周りの環境をだいぶ変えてどんどんと業務の効率化(コスト減)が進んでいます。(→話は、関係ないですが、今の時代本当に起業するのは安い気がする。ほとんど無料みたいな金額で一昔前では考えられなかったシステムを利用できる。) 誰だか知らないですが、まだまだITはこれからというのは本当でしたね。なんんかここえきて広い意味でのIT業界が活気ずいているのが目に見えます。なんかいろいろなものが変わって行ってますね。 世の中は変わっていく。 会社も変わっていかなければならない。 常に変化し、成長し続けなければ会社としての存在意義は無い。 近日中に、新たな一歩を踏み出す事を改めて決意した夜でした。 (近日中に具体的な報告を出せたらいいと思ってます。)

詳細
11.May, 2010

クラウド化かな

昨日は、インターネット関連の方たちと飲んでいたのですが、会社内の情報共有やICT周りを聞いたところ、恐ろしく進んでました。 ローカルでのファイル閲覧は原則禁止 メールもクラウド、ファイルもクラウド うーーーむ。ファイル作成した瞬間、ローカルに保存せずに、クラウドにあげる。 本当に、ICTの環境は数年で激変しますね。 一昔前では考えられなかった現象。 その場合気になるのが、セキュリティー。 本当に重要なファイルを外部サーバーに預けていて大丈夫なのか?と専門家でない自分はどうしても疑ってしまう。詳しい人誰か教えて下さい。 それにどこでもアクセスできる環境であれば、たとえば公共のPCで自分のサーバーにアクセスして、まぁだいたいがメールですが、そのメールのIDとパスワードがそこに残っちゃったり。 ウィにーとか使ってる社員のパソコンから情報が漏れたりしないのかっていうのが気になります。 ただ、流れは基本的にはローカルには保存せずクラウド化が進んでいる模様。 うちの会社は3分の1くらいクラウドっぽくしてます。 何せ、うちの規模感なら本当に低料金でかなり便利なクラウドサービスが受けられます。利用料金だけならほぼ無料に近い。というか現状、HPのサーバー代金とかドメイン保守料以外、全て無料サービスを利用している。 ただ、ベトナムだとネット環境がそれほど超高速ではないため、どうしても自社サーバーに頼らざる終えなかったりするんですよね。 でも、自社サーバーもやめて、ファイルの保存も全て、サーバーにアップするタイプに切り替えようかな。 メールもGmailと同期掛ければ、かなりの部分がクラウド化する。 IT担当の社員が当然うちにはいないので、基本的に自分で調べなければならない。 まぁ楽しいからいっか。

詳細
28.Apr, 2010
Top