カテゴリー : ビジネス

福岡市主催のセミナーに参加してきました。

先日、福岡を中心に美容・飲食分野で活躍されている永露さんのオーガナイズで福岡市に主催いただきました講演に呼ばれて話してきました。参照https://iconic-intl.com/content/givespeechathukuoka/https://teachme.jp/contents/416527 AERA誌の選ぶ「アジアで活躍する日本人100人」に選出されたベトナム最強ベンチャー経営者4人が登壇!!日 時:2015年9月5日(土)13:00~  会 場:福岡市スタートアップカフェ主 催:福岡アジアビジネス支援委員会(事務局:福岡市)  他の講演者にベトナム最大のオフショア開発事業を展開するエボラブルアジアの薛社長と、2014年現地外国人向け媒体が選ぶレストランNo1にも輝いたPizza4Psの益子オーナーと対談してまいりました。福岡に行って見て感じたのは、まず福岡市としての都市の魅力です。空港からの立地や食事の美味しさ、そしてサービス業に従事する人のクオリティーの高さがアジア時代において福岡が他の都市と比べて明らかに競争優位性が高いです。個人的に福岡に住みたいと結構本気で思いました。そして、自分の事業に於いては、地方中核都市の可能性を改めて感じました。昨年から東京にて事業展開を本格化させ、グローバル人材サービスを日本国内向けに展開を始めました。まだまだ社員数も少ないですが、どんどん採用を拡大し人員を増強していく見込みもすでに立っています。日本国内向けに「海外で働く。海外の人を採用する。」事を推進する事業を行っています。海外で働く事は東京だけで行うのではなく、日本全国、特に地方にこそ可能性があるのではないかと改めて思いました。東京に比べて産業が小さい地方は、企業から見ても成長を志す上でアジアに出て来ます。雇用の場もアジアに移ってくる時代がより増えていくと予想できます。日本の大学を卒業した後にアジアで働くことを志すことも、気持ち次第で出来てしまいます。そういった人や海外に志す企業を増やすためにも地方都市で事業を展開する必要性と可能性を感じました。また、実際のパネルディスカッションにて話したことの抜粋が以下です。モデレーターからの質問「全てにおいて事業をしていくうえで肝となる人材に関して、ベトナムならではの話はありますか?」自分の答え「ベトナムで経営をしていく中で、駐在員の方、現地で経営されている方、いずれにしてもマネジメントとする立場にいる方の話で上手く行っていない方に共通する話が有ります。「何か物事を、部下であるベトナム人が●●●だから上手く行かない。」といった話が非常に多い。何事も成功者は自責に捉えるということから全く逆の発送をしてしまいがちです。文化・言葉・教育全てにおいて違う相手と共に仕事をしていくうえで生じる摩擦は消して少なく有りません。日々異国で仕事をしていく中で抱えるストレスが無いわけでは有りません。経験の少ないベトナム人社員が、育ってきた背景が全く違い、使用している言語も違う中で理解しあうことが難しいのも事実です。ただ、事業運営をしいてく上で上手く行かない又は失敗原因を最初にベトナム人スタッフにあげてしまう人が少なく有りません。というよりもむしろそちらのほうがメジャーと言っても過言では有りません。一方、僕達日本人全員に言えていると思いますが、僕も含めて心のなかに必ずどこかで、東南アジアの人を下に見ている自分がいます。僕はそういった気持は全く無い。100%潔癖にベトナム人のことを見れているという人がいるかもしれませんが、基本的に一切信用してませんw実際に、ベトナムにいると、全く平気で横入りして来るし、クオリティーに対する意識が低かったりなど生活や仕事面で常にズレというのは感じまし、正直今でも、そのたびに、イラッとします。そういった自分がいるということを常に認識した上で、共にこのベトナムという地で仕事をさせてもらっているということを忘れてはいけないと思っています。僕たちはベトナムで仕事をさせてもらっているのです。仕事をしてやっているのでは有りません。いつも忘れそうになる自分がいるので、常に毎朝でもいいから言い聞かせたほうが良いと思います。したがって、常にベトナム人だからとかといった部分が出てしまう事を戒めなければなりません。僕たちは、現にベトナム人のたくさん良い所も知っています。物事に対してあまり気にしない寛容さ、屈託ない笑顔、未来に対してとことん楽観的であり、仕事に対して、素直に取り組んでくれる。僕たちは、ベトナムの人と共にご飯を食べ、共に生活をし、共に同じ目標や夢に向かって事業を運営しています。共に歩む勇気や覚悟のない上司や同僚と一緒に働きたいと思うでしょうか?仮に、あなたがアメリカ系企業で働いていたとして、アメリカ人の上司に、「日本人はっほのんと使えないよなー」という態度で接せられて、一緒に夢を追いたいと想うでしょうか?こう問いかけると、極論になってしまうかもしれませんが事実、現場では日頃このようなことが起きています。僕らは、まず一緒にごはんを食べ、共に同じ夢と目標を追う仲間であるという点を決して忘れてはならないです。自分の中にある人を区別してしまう自分を認め、そういった自分の中にあるネガティブな部分を出来る限り排除する姿勢を持ち、共に会社のメンバーと同じ夢と目標を持つために自分自身の一番の時間を使いましょう。それが国境を超えて働く上で、人材面の面で一番最初に気をつけなければならない点です。」 

詳細
22.Sep, 2015

社員を駅伝型からサッカー型(バンド型)へ

何か物事を解決したり構築する時というのは、基本は一点突破しか無いと思います。やるべき事、解決すべき事に優先順位付けし、ターゲットを設定し一極集中させる。例えば、自分の受験勉強の時の話しをすると、高校の頃、中堅の進学校の特進クラスに通っていました。県下でいう、いわゆる普通の進学校です。学年で20人~30人ぐらいが上位の国公立大学(7帝大クラス)に現役で合格する感じです。はっきりといえば、ぼちぼちの感じの学校です。その中で自分は、部活動に精を出してました。元来あまりめちゃめちゃ勉強ができるタイプではない上に、部活動に精を出してしまったためも有り、成績は決して芳しいものではありませんでした。はっきりと告白すると、高校3生に上がった時の自分の偏差値は、5教科平均で50あるかないかでした。現役で自分が入りたいと思う大学に学力が圧倒的に足りてない状態でした。私立中学に入れられてコストを掛けられた身として、自分は以下の条件を課しました。条件 「現役で合格する。」:納期設定 「志望大学の設定」:ターゲットの絞込みこのターゲットを絞り込んだ段階で、やるべき事が見えてきました。その大学は、英語の配点が高く、またその学部系は英語がとにかく配点が高い。もっと言うと、大学受験に於いて英語を制しないと、かなり不利になるということが分かって来ました。ここでやるべきことが見えてきました。「とにかく英語の偏差値だけは絶対に死ぬ気で上げる。」細かい勉強法はここでは割愛しますが、その目標設定通り1年後の受験直前には、英語の偏差値が平均して60-65くらいには出るようになっていたと思います。大した話ではありませんが、なんとかそのとおりになり第一志望の大学には結果的には入学できませんでしたが、それに近いところまでレベルを上げることができました。これが、既に英語のレベルが高く、それほど集中しなくて良い人にとってはこの戦略は意味をなしません。自分のあの頃のレベル、元々自分のオツムの程度、志望大学の試験比率の傾向をモトに、必要最低限の労力で効果を発揮するため(=受験に合格するため)に編み出した選択と集中でした。ということで、ビジネスの立ち上げ方も似ていると思います。<ステージ1 選択と集中>弊社の事業であれば、人材紹介という事業にリソースをすべて割きました。ベトナムで日系企業に人材を紹介するということに一点突破することで、多少なりとも付加価値の高い(と信じてます。)サービスを提供する事ができ安くなります。なんせそればっかりやってますので、人よりはそのことに詳しくなったり、サービスが出来る体制が整いますね。いわゆる弱者の戦略です。この時の人材のタイプというのは、スポーツで例えるなら駅伝です。ほとんどの社員が、同質の業務を行うことで、生産性が高くなります。問題点や成功要因の洗い出しが用意になります。また、一人がダメでも別の一人がバックアップできたりします。事業全体の売上は非常に偏りがありリスクは高い状態ですが、それでも高収益の企業が作りやすいですね。駅伝のように一つの手綱をみんなでつなぎ、ゴールテープを切るという目標のためにひたすら前に進むイメージです。<ステージ2 事業拡大>ただ、選択と集中をし過ぎると長期的にはリスクが高い上に、ひとつの事業が爆発的に儲かることなんて滅多にないと思います。言うならばGoogleやFacebookを狙ってできるほど世の中は甘く無いですね。事業というのは選択と集中をすると、大体がニッチになります。ニッチ過ぎるとそんなに大きくなりづらいものです。では、どうするかというとシーズとニーズを考え、小さい事業をどんどん産んでいく必要があると思います。このコストバランスや、行くか行かないかの決断はまさに経営者の腕の見せ所なのですね。この事業拡大時期に入ると決めると、社内の人材が一気に多角化していきます。これまでアウトソースしていた機能を社内に取り込で行くことも重なるかもしれません。今まではほとんど同じようなことばかりしていたのに、人によってはやることが全く変わってきます。スポーツで言うと、サッカーや野球などの総合球技ですね。もしくは音楽で言うとバンドある人はゴールを守るゴールキーパー。ある人は、中盤の底でパスの出し手を封じるボランチ。ある人は攻撃の起点となる攻撃的MF。ある人は皆がつないでくれたボールを決めるFW。どれも大事な役割だけど、一人ひとりの役割が違う。うちで言うとこんな感じです。 ■「駅伝型」今まで  人材コンサルタント一本の社員構成 ↓ ■「サッカー型」これから  ・人材コンサルタント  ・総務(専属)  ・経理(アウトソースしていたものを内製化)  ・マーケティング担当  ・サービスオペレーション担当  ・SEO担当  ・ITエンジニア  ・営業専属担当  上記のように人材の種類が増えていってる最中です。このように人材が多角化し始めると、次に来る問題がマネジメントです。今までマネジメントしたことがない相手に対して、自分自身がマネジメントをしなければならない。ここで適当にマネジメントをしては、その社員のためにもならないし、会社の成長の芽を積んでしまいます。じゃあどうするかというと、方法論として幾つかしかなりです。 1.役員または同等クラスにその道の人を入れる。⇒利益率は下がるがより拡大を目指す。 2.自分がマネジメントできるぐらい知識を増やす。⇒限界はありますが常套手段。 よく、経営者に成るためには自分ができなくても人を使えば良いという話がありますよね。例えば外国語ができなくても通訳を雇えばいいじゃんみたいな。これは半分正解で半分不正解だと思います。全ての専門家を雇えるほど、ベンチャーに余裕はないし、ある程度自分自身もそのことに精通していなければ機会ロスしたりマネジメントをしっかりできない可能性が高いです。やはり、順場で言うと上記の2をまずはじめるという気概を経営者は持たなければならないと思います。2をしながら会社を成長させていき、1の手も打つというのが王道ではないでしょうか?なので、自分も現在、上記の新しいことを勉強している最中です。マネジメント出来る状態まで上げていきます!!という自分への備忘録でした。

詳細
4.May, 2012

本日のセミナーにて

今日は、㈱ハバタク主催のセミナーにゲスト出演させていただきました。 http://www.habataku.co.jp/wakyo/conference.html 20 20分という短い時間だったのと、SKYPE出演で会場の雰囲気がつかみにくかったのとでちょっといいたかったことをいい忘れてしまったので改めて自分の考えをまとめなおしておく。(言い訳) 1.海外やアジアで働いたり挑戦することは特別なことではない。 アジアで挑戦することや海外で働くことというのは、特段とアウトサイダー的なことではない。 日本人が日本だけで生活し働くことが安全で安心でよい人生を送れるなんてのは誰にも決められない。 働く環境や働き方を変えることで見えてくることはある。 ベトナムで働くことで得られる経験は、日本で得られる経験とは違う。 目先の利益ばかりを追求しすぎるとその先に痛い目にあう気がする。 2.事業立ち上げ期にビジョン適な起業に傾倒しすぎるのは少し危険 浅く意味のないビジョンを掲げるぐらいなら、自分の欲求に素直になったほうがよい。 起業するのに、会社を自分でやりたいと思う気持ちからスタートしたって何も悪いことはない。 例 サッカーを始めたり、ギターを弾き始めたりするのと似ている。 事業を続けていく中でより自分の中でより深い部分を追求していけばよい。 機会をチャンスと捉え挑戦したいからするといったような野生的な理由で、存在理由は十分に説明できる。 もっと、肩の力を抜いて「面白そう」とか「こんなことやってみたい」とかぐらいからでスタートしてみたらもっと世の中が豊かになるのではないかと思う。 ベトナムにいると、どうしようもないくらい残念なビジネスモデルで起業する人が多い。 ほとんどは失敗するが、また違う商売したり、または会社員に戻ったりしている。 起業することを特別視するのはもうやめにしないか。会社員という職業ができたのは100年くらい前からでは?商売をする人はもっとずっと前から存在している。 大事なことはスタートを切った後にいかにPDCAを回すか 3.考えすぎるのではなく感じて体験して行動していこうよ。 えてして頭でっかちになるのではなく、自分がこうだと思ったことや信じたことはまずやってみればよいのでは? 自分が信じた道やしたい事をしないでは、何のために生きているのかわからない。 人生は長いようで短い、1年はあっという間に過ぎていく。 余計なことをやりすぎる時間はあまり持ってない。 自分がしたい道を歩もう! 4.アジアでの事業は当たり前を大事に 日本や先進国では、進んだサービスや商品が多い。このサービスや商品の品質や機能性の高さを追求することよりもいかにそこそこのサービス・商品を提供するかに特化する。 それを、どういった価格・方法で実現するかをが商売の成功の成否を分ける。 仕事の仕方も同様なことがいえる。 いかに当たり前のサービス・品質水準を守るために努力の照準を絞る。 こんなことを話したいなぁと思ってました。

詳細
16.Jun, 2011

ルワンダ人エンジニアとランチ

妻がアフリカ好きということで時々アフリカ人に触れ合う機会があります。といっても、最近はめっきり無いのだが。我々のスローガンはGo WEST人生をかけて日本を西回りで世界に広めようと思ってます。常にアフリカの情勢には耳を傾けてはいるのですが、知らないことが多いのも事実。なんせ僕なんてアフリカ大陸には2回しか行ったことがない。そのうち1回はエジプトだから、まぁいわゆるブラックアフリカではない。今日ランチをしたのは、ルワンダ人エンジニア頭が良くナイスガイなアフリカン奥さんがベトナム人で中国で知り合ったから家族との会話が中国語という異色の家族構成彼は今とあるベトナムのファンドに都市計画エンジニアとして働いている。フランス語も英語も中国語もちろんルワンダ語もほぼネイティブレベルというマルチリンガルな彼。びっくりしたのが子どもの教育費台湾人学校に子どもを通わせているそうなのだが、年間で学費が11000USD位かかるそう・・・めちゃたかいやん。しかも子供3人いるから大変そうしかも、一番上の子が11歳で来年で卒業となるから、そろそろ中国に戻ろうかなといってた。世界中でもどこでもたくましく生き抜くさまをみると、いかにセーフティーネットばかり追求する安定志向が馬鹿馬鹿しいかを感じさせてくれました。ルワンダは最近、オフィシャル言語をフランス語から英語にドラスティックに切り替えました。そうまでして世界から投資を求めている。子どもの教育もこれまで以下のような流れで共通言語が変わってたらしい。 幼稚園:ルワンダ語 小学校:フランス語 中高校:英語それを、最近最初から英語に切り替えたらしい。(というか、教育課程で言語が代わるってソッチの方が驚いたけど)世界とつながるための政策を政府はうっているようだ。アフリカは今でも政府が腐敗しているのは事実らしいが、ルワンダのように新しい試みをしている小国も出てきている。内陸国で貧しかった国は再度チャレンジし始めている。日本は途上国といかにつながるかで次の100年が決まってくるのだろうと思う。いやー、アフリカ(のルワンダ)に行きたくなってきたな。

詳細
25.Apr, 2011

起業家・事業家タイプを分けてみた。

ベトナムも今日辺りからテトの長期休暇に入っている企業が増えてます。っということで(なのかどうかはわからないが)ふとタイプ別起業家/事業家について考えてみました。1.コミュニケーション重視タイプよく一般的に営業出身や営業的な動き方をする社長さんですね。このタイプの方は、兎に角行動的に動いたり誰かと誰かをひっつけたり、世の中の動きに敏感だったりしてる傾向が強いのではないかと思う。どんどん人とコミュニケーションをはかり、誰かと誰かをくっつけたりして事業を産み出していきます。一般的に代理店モデル出身で会社を広げていくタイプですね。2.モノづくり重視タイプ良いものを作りたいとか。何かを製作したりデザインしたり、仕組みを考えたりすることが得意な人がおおいですね。時としては分析的であまり社交的でないのにすごい会社を作ったりしてます。一般的に日本ではコミュニケーションタイプの事業家が多いので、モノづくりタイプの社長を見ると珍しいと思ったりされます。制作会社系のビジネスからスタートすることが多いですね。個人的な話ですが、自分はコミュニケーションタイプだと思うので、モノづくりをして良いものを作る!とかいうことに情熱や能力を持っている人を見ると素直に尊敬します。3.投資家タイプ金持ち父さん的ですね。権利収入とかの仕組みとかを構築するのが得意な人たちですね。自分のイメージで言うと麻雀が得意な人たちです。流れを読んで行くときは行く、引くときは引くみたいな感じでどんどん自分の権利を広げていきます。不動産投資なんかまさにその代表格。結構お金使いがすごかったりするのもこの人達の特徴かもしれません。(みんながみんなではないと思いますが)4.アイディア/ビジョン先行型タイプ営業が得意と思われがちだが実はあまり営業向きでない社長が結構います。行動的で前に出たりすることが多いので営業得意と思ったりしますが、実は人の話をあんまり聞いていないのでいち営業マンとかになるとあんまり売れなかったりするタイプです。自分の会社で代表名義で行くので売れたりするので若干勘違いしたりしている傾向もちらほら見られます。ただこのタイプの方は非常に新しいことにチャレンジすることが好きで、どんどんリスクを取って新しいことをやっていきたがります。いわゆる起業家的なイメージをもたれやすいのかもしれません。この人達はコミュニケーションを重視するよりも、今までになかったものや新しい物を生み出すことに必死になります。又は自分のビジョンにこだわりまくったりします。上記まだ漏れがあるかもしれないので、意見がある人は教えてください。ざくっと考えて起業家や事業家で総務出身とか経理出身という人はあまり聞かないのはそれ自体がお金を産まないからなのでしょうね。いやいるんだけど、どうもその経験や能力は起業家とか事業家を支えるスキルでしか無い気がするのは僕だけでしょうか?

詳細
29.Jan, 2011
Top