カテゴリー : ビジネス

強みを伸ばす?欠点を補う?

1.自分自身の弱みを補うためにも積極的に苦手なことに取り組む。2.得意分野を重点的に特化したほうがよい。人の成長方法には真逆のことがよく言われますよね。一体どっちを信用したらいいんだ!って思いたくなることですね。ということで今日は、「多面的に物事が捉えられる弱みを補うタイプ」か「一点突破である得意分野タイプ」のどちらがよいのか考えてみたいと思います。1.自分自身の弱みを補うためにも積極的に苦手なことに取り組む。エンジニアや開発系の仕事の人が、もっとコミュニケーション能力を磨くためにも営業部に移ってセールスエンジニアをすることで視野が広がりよりよい仕事(開発)が出来る。お客さんからのニーズのことがより分かるようになり、独りよがりの開発をするのではなく世の中のニーズに合った製品を開発できるようになり、よりエンジニアとしての能力があがった。それに対して以下2.得意分野を重点的に特化したほうがよい。例えばイチローが成功したのは、類まれな才能と努力の両方が兼ね揃ったからこそ、今の偉業がなせている。イチローが、同様の努力を小説家や芸術家になるために捧げてもダメ。自分が一番輝ける才能を見つけて能力をつけなければならない。しかし一方で1.反証:自分自身の弱みを補うためにも積極的に苦手なことに取り組む。自分自身の弱みを補おうとするあまり、自分の本当の良さを伸ばすという機会損失がないのか?または自分の本当の強みを見失いかねないのではないのか?平均的な人間となってしまい、どこにでも取替の効くリプレース可能人材になってしまうのではないか?先の例でいうなら、エンジニアがある特定の分野で非常に詳しくなり、その分野の人材が求められ市場価値が上がる。こういったチャンスをセールスエンジニアになっている間に、みすみす逃しているのではないのか?2.反証:得意分野を重点的に特化したほうがよい。いわゆる専門バカと呼ばれるような、そのことしか出来ないどうしようも無い人にならないのか?ある一方向での視点からしか物事が見れず多面的に捉えられない。例えば、会計のプロフェッショナルである公認会計士の方が会計のことは詳しく分かるが、経営戦略や経営全体のことはからきしダメ。または経営視点で必要な会計コンサルティング業務ができないので付加価値の高い経営指導が出来ていない。そのためその公認会計士の単価は極めて低い金額にしかならない。こう考えるとどちらが良いのか分からなくなりますね。いや、もっというとどちらの視点も必要ということがよくわかると思います。ただ、あえて僕がどちらか選べと言われたら「2.得意分野を重点的に特化したほうがよい。」を選びます。現実的に「1.自分自身の弱みを補うためにも積極的に苦手なことに取り組む。」も同時にやってますけどね。シンプルに考えると、得意分野のない人はその分付加価値を上げることが低くなったり、自分のアイデンティティを構築するのに苦労したりしますよね。自分は何者なのか?であったり、30年間生きてきたけど俺って結局なんだったのかな?とか。その点、俺はサッカーははやってきたとか、営業成績では誰にも負けなかったとかそう言うのがあれば人は最終的に自分を見失いづらいと思うんですよね。または、強みがあるからこそはじめて、多面的な視点が生きてくるわけで、強みが突き抜けていない中で多面的になっても観る視点が決して高くない気がしますね。いわゆる「雑学王」的なやつですね。色々知ってても「結局使えねーっ」て言われそうですね。やっぱりある特定の分野で突き抜けた方が、人とは違う視点をもてたり、人に対して説得力が増したりしますね。雑学は雑学で終わらせるのではなく、その強みを補完するためにある存在で、エンジニアはより良い者を開発するためにセールスエンジニアでそのヒントをさがすとか。だから、こう言った点で迷っている人にアドバイスするとしたら僕は迷わず「2.得意分野を重点的に特化したほうがよい。」をお勧めします。自分が好きなこと、興味が有ることをとことんやって、とことん極めてくださいと。自分自身が今その修業の真っ只中ですが。

詳細
15.Dec, 2010

ベトナムでの契約ごと

日本でもベトナムでもおそらく契約ごとは、締結されるまでわかりませんね。とある不動産を借りようと、不動産屋を通して、物件が決まりさぁ入居しようと準備していると突然、貸さないと言われる。そんなことをいわれても、ベトナムではありうる話なので、焦らない。というか、想定の範囲ない。(ホリエモン風)まぁ、良い物件だっただけに残念だが、すぐにコロコロ客のことを無視するオーナーなので、入らなくてよかったかもね。話は変わって先日、日本での留学経験→就業経験が長いかたで、最近在ベトナム日系企業で働き始めた人の話を聞きました。ベトナム人の彼女曰く、「なんで、約束した契約の内容を平気で破るのか理解できない。」「ベトナムでの生活・ビジネスに戸惑う」彼女は、最近会社の景品を作るために、業者に色・サイズ・形を指定してオーダーしたのですが、出来上がったものが全く違っていたらしい。その上、ベトナムに帰ってきたので、家を借りたとのことで、そこにカーテンを購入したらしい。寸法も指定してその金額で料金を支払うはずなのに、実際の寸法が足りていない。それを業者にいったら、「あぁそうだったね」で終わらす。日本帰りのベトナム人がベトナムでの生活に戸惑っているとのことでした。ちなみに、彼女の仕事上での評判はすこぶる高く、とても優秀な方です。勢いのあるベトナムで仕事は遣り甲斐がありますが、日ごろ戸惑うことが多いのも事実。自分も3年半、いらいらすることが多かったですが、最近少しづつ慣れてきたかもしれません。

詳細
18.Jun, 2010

ご来社

人材業界である特定の分野に特化し成功された準大手企業の社長さんと最近、仲良くさせていただいております。その方は、創業経営者で人材業界だけにとどまらず、日本経済にかなり精通された方です。先月、ベトナムに視察にこられてこれから、本気でベトナムに進出を検討されております。まだどのような分野でやられるかは決めてらっしゃらないようですが、もしかしたら競合になるかもしれません。ただ、こうやって色々なしっかりとした日系企業がどんどんと世界にで行き、どんどんチャレンジしていただきたいと強く願います。色々な方とご縁で結ばれている気がします!関係ないけど、日本もカメルーンに勝ったことだし、はりきって頑張っていきましょう!

詳細
17.Jun, 2010

ベトナム人材力調査

JETROさんの委託でベトナム人材力調査というアンケートを実施させていただいた。基本的な骨子作成やデータ回収、分析、調査レポートの作成まで行ったうえでデータを提出させていただきました。非常に面白い結果や、データがわかりこの仕事をさせていただいてよかったと思っております。また、レポートを提出させていただいた後にJETROさんがデータやグラフを加工しより深堀りしたデータを見せてもらってこれまた勉強になりました。自分たちのデータに加えてより多面的な視点から考察されてました。より付加価値の高い調査が出来るように今後も励もうと思った次第です。詳しい発表はJETROさんのホームページ等で発表されるとの事です。発表されましたらまた報告させていただきます。乞うご期待!!

詳細
17.Apr, 2010

5月8日(土)無料求職相談会の開催!

ベトナムで現地で日本人採用の必要性が高まってます。成長する場所、ベトナムにて次なる挑戦をしてみませんか?ということで、弊社にて無料求職相談会を開催する運びとなりました。将来的にベトナムで転職したい!と思っていらっしゃる方もどしどし申し込んで下さい。日本からの(ベトナム国外からの参加)SKYPEでの対応もさせてもらっていますので、お気軽にどうぞ。以下詳細です。http://www.iconic-intl.com/consultation.php◆◆無料求職相談会の開催ベトナムで求職・転職活動を支援させていただく会を実施いたします。ベトナムで働くにはどんな準備が必要なの?最近の求人状況はどうなの?平均給料や待遇面なんて気になる。将来転職したいんだけど、何からすればよいかわからない。そんなお悩みにお答えさせていただきます。日時 2010年5月8日(土) 午前9時~午後5時(ベトナム時間)所要時間お一人様 30分~1時間程度開催場所 ICONIC オフィス 5F Starview Bldg, 63A Nam Ky Khoi Nghia, Dist 1, Ho Chi Minh City, VietnamTel 84-8-3821-5122, 5123, 5124ベトナム国外からの方にはSKYPEでご対応させていただきます。申し込み方法E-Mailでお申し込みお願いします。件名に「無料求職相談会への申し込み」と記載し、下記の必要事項の上、info@iconic-intl.com にご連絡ください。●ご希望時間帯●氏名●年齢●電話番号(Skypeでの申し込みの方はskype ID)

詳細
9.Apr, 2010
Top