カテゴリー : ビジネス

有資格者(弁護士や会計士)がアジアへ来る時代

土曜日に、会計事業を経営されている方(公認会計士でもある)と話しました。 日本の会計士人材の採用が非常にしやすくなっていると。。 特に若手で公認会計士やUSCPAを持っていている人材が少し前に比べて格段と採用しやすくなっているとのことです。その上、年収面でも格段に安くなってきていると。 特に、経験が無い若手のUSCPA資格者は、聞くところによる少し高めの新卒の給料ぐらいで採用することができるとのことです。大体社会人経験がある程度の豊富な30歳前後の人材が、新卒ぐらいの給料で雇えるとなると、企業側は今採用のタイミングだと思います。(まぁ不況なので当たり前ですが) 具体的な話を聞いてびっくりしました。こんな優秀な人材の年収がこれぐらいで採用できるなんて!?といった感じです。 その方は、いわく「いやぁ、いろいろな意味で日本の地盤沈下が激しいですねぇぇ」と。これはこれで非常に問題ですね。 また、その夜、日本で国際法務に詳しい弁護士の方と、飲みに行きました。 仲良くさせてもらっている経営者の方からのご紹介の方で初対面だったのですが、5時間以上も呑み会ってしまいました。。。そのほとんどがあほな話だったのですが、たくさん興味深い話が聞けました。 これまで、弁護士や会計士というのは、営業することが無かったと。つまり、営業しようと思ったら、お客さんのほうから聞きに聞きに来てくれる。 僕からするとすごい違和感なのですが、営業に行くのではなく、お客さんから営業を受けに来てもらえる。 そんな職業だったのですが、今後の日本はどんどんと変わってくると思うとのことです。日本では競争が激しくなったり、供給側が増えてきていることなのでしょうね。 (Hさん、色々な話が聞けてありがとうございました!そして、紹介していただいたMさんありがとうございました!) その点、ベトナムではこれからこの分野は本当に成長する必要があるし、まだまだ需要が多かったり発展するべきです。 そんなこんなで、弁護士や公認会計士的なこれまですごく安定していていた職業でさえ、現場レベルで変化が起きてきます。(前から言われていたことだとは思いますが) 若手の有資格者たちも、これからはどんどんアジアで活やうする時代が来ています。 ベトナムにもそういった人材はどんどんと求められてきています。

詳細
14.Mar, 2010

未来の仕事

前職の同期で、(正確に言うと彼は内定者で辞退しましたが)面白い企業を運営している。   Tak Nhishimura Blog http://blog.sowxp.co.jp/tak/   彼の会社の事業は、体験型のギフトを主にネットで販売しており、根気は5期目になるとおもう。 時代の先を行く考え方を持っており、いつも刺激を受けている。   そんな彼が未来の仕事というテーマで、講義や連載を開始している。   「未来の仕事を考える 群馬県を振興する多国籍軍」 日経ビジネス http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20090818/202723/?bvr   「未来の仕事」 自由大学 http://www.freedom-univ.com/lecture/detail119.html   2000年代前半までは、ベンチャーとはビジネスプランなどを練り、周りから出資を受けて、ただひたすら短期間に上場を狙うというビジネスモデルが主流。よいか悪いかではなく、とにかく早いことは良いこと。   起業=ベンチャー=上場を目指す   見たいな図式が出来ており、それはそれで別に悪いことではないとは思う。   ただ、なにか図式的で面白みに欠け、これからの10年間にまた過去10年間と同じ事を目指すのもなんか微妙だなぁと自分自身、常日頃から思っている。   そんな、もやもやに対して彼は、真っ向からトライしているというか、模索している姿がとても勇気があるとも思う。   大きくなることがすべての価値基準だった前世代、これからのビジネスのあり方は、なんとなく変わってきていると思う。大きくなるだけの企業なんか、別に評価もされていかない気がする。   リーマンショック以降の資本主義の終焉的な論調は、くすぶっていた世の中の違和感に対する亀裂なんではないかとさえ思ってしまう。   ドラッカーが断絶の時代などで語っていた、新しい時代の答えが出るまで世界は悩み続けるであろうといったこともまた然り。   時代全体が、これからの社会のあり方に答えが出せずにいる中で、「未来の仕事」というコンセプトに注目です。  

詳細
29.Aug, 2009

インプットの量がアウトプットを決める

前職でよくインプットの量がアウトプットを決めるということを口をすっぱくして言われていました。その言葉を受け入れつつも、センスや直観力がなかったらよいアウトプットなんかでないじゃん!とか、こう努力ががなかったらインプットばっかりでアウトプットがないじゃんとか、いろいろ思ってました。   まぁ今言ったことは事実ではあるんですが、やはりインプットの量は大事ですね。インプットが足りてないと危険な意思決定になる可能性が高いですからね。特にビジネスというのは世の中の人や社会を相手にするので、一般的なインプットが足りてないと、アウトプットが特にずれてしまいます。   特に、ビジネスにおける仕事においてはこのインプットがアウトプットの質を決めるといっても過言ではないですね。たとえば企画資料をまとめるのにあたっても、主観ばかりでは誰も納得してくれないです。世の中にあるデータを取ってきたり、客観的な事実がないと誰も認めてくれませんね。   だから、インプットは大切なのです。という理由をつけて仕事中から、いろいろとネットサーフィンをついついしがちになってしまいな今日この頃です。特に夕方くらいからは、延々と新しい情報やビジネスネタや最近のトレンドを探るべくいろいろな人のブログや情報を取りに行ってます。たぶん、自分はニュースジャンキーなんだと思いますね。   でも、この情報収集って癖になると本当に人より少し早めに知ったりできて、行動に移すのが早くなったりもします。やっぱりインプットは大事です。特に若手の社会人の方には肝に銘じてほしいと思います。   ということで、私なりの普段の情報収集方法   -ブログ・ウェブ情報媒体- 自分の興味のある人や面白いとおもうブログを毎日読む。 →その人が紹介しているブログまたはネットメディアを読む →紹介していた人がまた面白いブログ・ネットメディアを紹介している。   わからない言葉や物事が出てきたら、早速そのフレーズを調べる。 主にウィキペディアがいいですね。   ー読書- ネットだけだとどうしても情報量が少ないので、週に最低でも1~2冊は本を読む。 ビジネス書・経済書・歴史書等々   ー体系的な勉強ー (これは最近自分は出来てないので、やらなければと思いながら、延び延びになっている) 一番手っ取り早い体系的な勉強は、やっぱり資格の勉強だと思いますね。 ワイン検定や世界遺産検定などの趣味的なものから、英検や簿記などの実用的な検定まで何でもよいと思います。体系的にまとめて勉強すると、自分の中の差別化要因になります。   まぁなにがいいたかったかというと、仕事の質もキャリアの質もインプットの量がなくては、質が伴ってこないということだと思います。

詳細
7.Jul, 2009

たくさんの失敗

最近は特に、色々と失敗している。   そういう時は、ユニクロを運営しているファーストリテイリングの柳井社長の本を思い出す。「1勝9敗」   現在、日本で一番の資産家となった柳井さんが1勝9敗なら、他の人たちは何勝何敗なんだろうと思ってしまうが、まぁこれは言葉のあやというものなのだろう。   または、誰かが行っていた哲学で、人生における最大の失敗は、何もしないことなど等。   何でもかんでも、適当にやったらよいというわけではない。   しかし、基本は行動に移すことが大事だと思うんですね。何かにチャレンジし、失敗し、へこたれそうになり、それでも気持ちを持ち直して、次に行くしかないんですよね。   たぶん、色々な成功法則とかあるんですけど、突き詰めるとこれしかないと思うんですよ。   「チャレンジして、失敗して、改善する。」   あと、おそらく付け加えるとしたら、即死する失敗はだめだと思うんですよ。   たぶんそれは勇気ではなくて蛮勇ではないのかな。   慎重に計画して、チャレンジして、失敗して、改善する   なんか、PDCA見たいなって来たな。   さぁ、明日もがんばろう。今日はちょっと、早めに帰ってリラックスするかな。

詳細
18.Mar, 2009

インターン生

当社は、まだ零細企業でベトナムという土地にもかかわらず、日本の大学からのインターン生がいます。   短期間ですが、明日からインターン生がまた増えます。(正確に言うと業務開始は明後日から)   日本からわざわざやってきて、ベトナムという土地でベンチャー企業で働いてみたいという人たちが参加してくれます。   すでに、一名インターンとして先月から働いてくれているのですが、   Teaching is Learning   教えれば教える程、非常に勉強になりますね。(自分の出来てなささを痛感もします。)   せっかく、縁があってICONICでインターンしてくれているので、創業間もない頃のビジネスが産声を上げようとしているタイミングは、非常に泥臭くかっこよいことなんて一つもありません。   ただ、そういった場面を共にして、業務をしてくれることで、一緒に成長できると信じています。   また、出来たばかりのベンチャー企業ですので、必然的にインターンなのにやってくることがかなりハードです。   大企業等で行われる、プログラムがあるようなインターンとは、真逆です。   明後日から、短い期間ですが、彼らと共に自分自身も成長させていきます。

詳細
14.Oct, 2008
Top