カテゴリー : 創業

ベトナム流仕事術① 様々な一日

今日は、いろいろ合った。 いつものごとく業務を続けながら、、、昼過ぎからオフィス移転に伴い新オフィスに向かった。というのも、ミーティング用の大テーブルやデスクや椅子を届けてもらう予定だったのです。スタッフは、他の用事があったので、身軽な私が、向かった次第です。 新オフィスに到着し、何個もかかっている鍵を開け、中にようやく入る。 久々にやってきた。 よし、綺麗に使うためにも、ちゃんと靴を脱ぎ、部屋の中に入る。。。 そうすると、何か冷たい。。。 雨季をまじかに、今日は強い雨が降っていたのです。その雨が、排水溝から流れず、部屋の中に進入していた。。。 部屋の中は水びたし。。。ウォーーーーと思いながら、速攻でオーナーを呼び何とかしてもらう。 片言のベトナム語と、どうしようもない場合は電話でスタッフに対応をしてもらいながら、何とかする。 そんなこんなで、家具屋の人がやってくるも、一人を残して退散。。。 うーーーむ。。。 どう考えても、二階のオフィスに、一人でデスクを持っていくことは不可能。 なんで、二人を残して帰らないかという疑問は、いちいち考えても仕方ないので、忘れる。 ということで、仲良くデスク運びに参戦。。。 水浸しの部屋に、スーツにシャツを脱ぎ捨て、ぱんつとTシャツで、さながらブルーワーカーのように、一緒に働きはじめる。 ここでオーナーが登場し、水をほうきで掃きながら、下の階へと落とす。 「それで、OK!なおった!」と言い切る。。。 んなわけーないだろう。と怒りを覚えるも、そこで怒ってなんとかするのは日本流。 笑顔でそんなわけないだろう!根本解決してくれ!というのを笑顔と少しの怒り顔で訴える。 そんなこんなで、オーナーに意思が伝わると、オーナーも多少本気に。。。 あらかじめ仲良くしていた、隣のカフェのおっちゃんに、水浸しなんだよーという気持ちを伝えると、道具を持ってきてくれる。 こんな、心優しいベトナム人は大好きだ。 その道具を使って、オーナーは、排水溝を通すことに成功。 その傍らで、家具屋のお兄ちゃんは、やはり一人でデスクを二階に運ぶことは不可能と判断し、俺に助けを求めてくる。 日本流なら、「ふざけるな!」と蹴散らしおしまいだが、そこは「ふざけるなー」と日本語でいいながら、一緒に運び始める。。。 久しぶりの肉体労働は、パンツ一丁ということもあり、若干楽しくなる。 その上、本来来てもらうはずだったADSLの人には、「雨だからこれません。。」 なんだそれ。。。 インターネットはビジネスには欠かせません! 雨だからこれませんって、そんな理由日本で聞いたことない。。。 が、ここはベトナム、その理由は良く聞く。 ここで、「何で俺はこんなことをしているんだろう。」とか、「こんな生産性の低いことを。。」 とか思ってしまったら負けである。 肉体労働をしながら、テンションをあげると、だんだん楽しくなる。 一通り終わると、家具屋のお兄ちゃんは、ありがとうありがとうといって、ジュースをおごってくれた。 ここいらあたりが、かわいい。 まぁ、何がいいたいかというと、こういった日本ではありえない状況も楽しんでしまえば勝ちだということだ。 ベトナムに来たばかりなら、いらついてたところ、今日はイラつきもせず、あきれるのと楽しむのを半分に持っていた。 そんな一日だった。

詳細
29.Apr, 2008

会社のホームページ

現在、会社のHPを作成してもらっている。ビジネスパートナーと言うか、もともとお世話になっていたところなのでかなりの格安で創ってもらっている。ありがたい話である。ただ、かなり忙しい模様で、中々リリースが出来ないのです。早くリリースして、集客施策やコンテンツの増強をばしばしやって行きたいと考えているのだが。。。 まぁ仕方がないですね。 ということで、近日中に、弊社のホームページをリリースいたします!そこで、私の正体もビジネスの内容も完全にわかってしまいますね! 乞うご期待

詳細
25.Apr, 2008

オフィスの家具

もうすぐ、オフィスを移転する。 ということで、家具を見に行った。 かっこいいオフィスにしたいと思うもの、デザイン的なセンスのない僕は、そういったことをアドバイスしてくれる人もいなく、ただ無難なものを買おうとしている。 ベトナムにIKEAが合ったら、安くてシンプルなオフィスが出来るのだが。。。 ちょっとデザイン的なものは、まだまだ未発展の地であるベトナムには中々ない。 いや、正確に言うとあるのだが、コストが跳ね上がる。 これでいいのか? まぁ、いっか!仕方がないしね! ということで、近日中に購入する。

詳細
24.Apr, 2008

今日のきづき

起業して、日々日々活動してきて、最近を振り返った。(改善点がかなり鮮明になってきた。) 今は、始まったばかりで考えれば考えるほど出来ていない点ばかりが見えてくる。その中でも、骨格部分というか、本質的な部分の改善点が見えてきたというか、前からわかっていたのだが、今日なにかからだの奥底の部分にスーーっと入った。このスーッと入るって、ものすごく実行したくなる感覚が、大事なのだと思う。よく言われることに、「わかることと理解する事は違う。」とあるが、いわゆるこういうことなのだと思う。 備忘録として、書いておく。 1.生産性・生産量の改善 自宅兼オフィスは自分には合わない。スタートアップの時期には、お金を抑えるためにも自宅兼オフィスでよかったのだが、メリハリを創るためや移動している間にこそ新しいアイディアが浮かぶという事などをあげると、やはり早めにオフィスに移転することを決意。 2.理念・ビジョン 理念・ビジョンをもっと深彫りし、真に自分自身が心の底から信じるために再度設計しなおす。今のビジョンはある程度、自分自身に落としこまれているのだが、後もう少しの感覚があった。しかし、本日再度考え直したことで、また理解が一歩深まった。 3.仲間を巻き込む 最大の課題。起業して初めて気づく、自分ひとりの能力と行動の限界。単なるスモールビジネスなら一人でもなんら問題ない。しかし、自分自身や会社自体を成長させるためには、やはり共同経営者の必要性を痛切に感じる。今まで当たり前にやってきた、MTG等での切磋琢磨がないことは、やはり改善力に劣ってしまう。この問題に関しては、すぐに解決できる点ではない。自分がこいつなら!って思える人でない限り、誘うつもりもない。しかし、この成長力を抱えたベトナムでのビジネスに参加したい!と心から思える人をどんどん巻き込んでいく。現在は、外郭的に参加してもらえる人を巻き込んできた。後は、本当に中に入ってやりたいと思う役員・幹部を募集していく。 4.社長として、起業家として、、 社長が、何から何までやっていては前に進まないというのは一般的に正しい。だから、社員を雇いチームを組織を作っていく。しかし、これは組織力の醸成という意味であって、アーリーステージとしては、すべてを自分がやるぐらいの勢いが、今よりもっともっと必要であると反省。ベトナムという土地は、日本とはスピード感が違って物事が進む。はっきりいって遅い。この遅さにいらいらしないためにも、過度にペースダウンしていた感がある。ここのバランス感覚をうまくとっていく必要がある。熱く前のめりになりながらも、うまい感じに力が抜けているというか。。難しいとは思うが、このバランス感覚を意識していきたい。 まずは、やらなければならないあれとあれを、新人時代のように徹底する。

詳細
17.Apr, 2008

起業した後の祝日への印象

知らなかったが、明日はベトナムでは国民の休日。 何の日かは知らない。 今日の朝知った。。。。休日の少ないベトナムだから、祝日があるということ自体忘れてしまう。 朝から社員のパソコンが壊れて、依頼していた仕事が進まず、 その普及に時間がかかり、直ったかと思ったらメーラーが機能せず、、、 そして、明日が祝日。。。まぁ仕方がないと割り切る。 そのほか、今日は色々と、ビジネスに関して指摘され、 やればやるほど、やらなければならないことが見えてくる。 いい兆候である。 やらなければならないことが見えるということは、企業にとってもとても必要なことだ。 独立して起業すると、最終意思決定者になる。 しかし、知らないことで、実はとんでもないことをしているのではないかとふと頭をよぎる。 そんな、雑念を必死で考えて実行して、PDCAをまわしながら、振り払っていく。 それが起業のアーリーステージなのかもしれない。

詳細
14.Apr, 2008
Top