日本数字 桁 変更の提案!

調べてないのでわからないが、前々から思っていたことを誰かに提案したい。そういう場合、どこの協会にいえばいいのだろうか?まぁ、日本語を変えてほしいということをまともに相手にしてくれる人はそうは多くないだろう。それに、相当労力が要りそうだ。しかし、国際化せずにはいられない世の中にとっては、結構ありがたいと思う人も多いと思う。というのも、ほとんどの方がご存知だが、日本の数字は国際的に見ておかしい。



1 一

10 十

100 百

1,000 千


ここまでは良い


が、しかし


10,000 万

1,000,000 百

100,000,000 1億

1,000,000,000 10億


なぜか、万とか億になってしまう。コンマが入る部分があっていないと思うのは小学生でも気づくはず。というか日本語はそういうものといつしか忘れてしまう。しかし、よく考えると桁が3つで一塊と考える国際的な数字の考え方からずれてしまっているのだ。ここまで来ると、気づく人は気づきますが、日本の数字はゼロが4つの塊で変動していきます。国際的にはゼロは3つで変動します。


よって、4×3=3×4

1,000,000,000,000 1兆 = 1trillion と桁が合致します。


ゼロが三つで動くのは、英語でもフランス語でも、ましてベトナム語でもそうです。日本人は、英語が苦手の上、数字の桁が違うため、ファイブハンドレッドミリオンドラー(500million USD)といわれるととっさにいくらかもうわけがわからなくなります。私は長年これに苦労した挙句、最近はようやく慣れてきました。というのも、もはや万とか億とか忘れたからです。1万は十千です。10の千なのです。こうやって考えれば、あまり苦労がなくなってきます。


そんな、努力しなくても、いっそのこと新しい日本語の桁を作ってはどうか!?と思うようになりました。


<提案>

万というくらいを廃止する。もしくは、有効期限が2015年までとかにする。

これからは、10千円とかで言う。福沢諭吉さんはこれから、10千円札の人となる。

そして、IT用語が普及したことからあやかって


100万円の桁(1,000,000)=1メガ円(目賀) 

10億円の桁(1,000,000,000)=1ギガ円(儀賀)


※注意 漢字はもっと適当なもがあると思う。

ちなみに、

10万円→100千円

1億円→100メガ


日本人にとっては、物すゴーーーー区使い慣れた。万、億の位を捨てるのは、ものすごーく最初は大変だと思うが、一度捨ててしまえればものすごーーーーく便利な数字の桁が待っているのではないだろうか?


と、くだらないことを考えている時間があったら、仕事をしろと怒られてしまいそうだ。

Top