これからのグローバル化を考えてみる。(前篇 ~19世紀まで)

これからのグローバル化を考えてみたいと思います。

僕らは「ワクワクするグローバル化社会を創る」ということをミッションに事業を運営してます。
人や企業が社会活動や生活をする中でますます他国とのつながりが強まる社会で僕らは生きています。
よく、グローバル社会っていうのは最近になって始まったと誤解されている方が多いのですが、歴史を振り返ると人類はグローバル化とともにその歴史を歩んできたとも言えるのではないかと思ってます。
ざっくりと地球の歴史をグローバル化その中で個人の移動(移住)がどうであったかという想像の視点で見て行きたいと思います。
まずは、これからのグローバル化を感がていく上で、過去の人類がどのようにグローバル化してきたのかを紐解いてみたいと思います。あまりにも地球の歴史が長いため、かなり簡略的に記載してしまうし、自分は歴史学者ではないので勝手な解釈である点はある程度許容していただき、もし認識間違いがあれば是非御連絡ください。というのを言い訳にしておいて、本題に始めたいと思います。

 

農業革命以前(20万年前~1万年前)
東アフリカで生まれた我々ホモ・サピエンスは、農業を覚える前までは狩猟生活民でした。
狩猟採集生活とは、生きていくための食料を自分から生み出さないため、自然に生まれる動物や植物を獲得することで生活してきました。問題点としては非常に一人あたりが生きるために必要な面積が大きいことであります。簡単に言うと、周りにあるものを取って食べてるとなくなるんですね。
捕って食べて、採って食べてを繰り返すと周りに食べ物がなくなるため、どんどん移動しました。
そんな事を繰り返していると、東アフリカからスタートしたホモ・サピエンスは1万年前ぐらいまでには地球全体、正確に言うと最後の場所は南アメリカの先まで行き渡ってました。
どうやって渡ったかのか謎に包まれているそうですが、太平洋の島々にも筏作ったりして渡っていたみたいです。いずれにせよ、冒険家ホモ・サピエンスの側面ですね。
この頃の個人っていうのはどうったんでしょうか?多分意思がある無いにかかわらず、みんなで集団の意志によって行動していたのではないでしょうかね。
もしくは動物を追っていくうちに世界中に移動していったのかもしれません。

 

農業革命以降(1万年前~紀元前後)
農業を覚えた人類は、定住ということを覚えます。
定住をすることで効率的な農業を覚えました。
定住するとその場所に対して既得権益が発生します。
一番最初に農業が発展したエリアは御存知の通りメソポタミア地域、肥沃な三日月地帯と言われる場所ですね。今は砂漠のイメージが有るエリアも当時は、寒冷化の影響で非常に土地が豊かだったそうです。
それまで所有という概念がなかった狩猟採集民は、農業を覚えたことで、所有の概念を覚え始めました。
所有の概念が生まれていくと、人というのは恐ろしい物で人のものが欲しくなりますね。
権力闘争が各地でガンガンに起き始めました。
最初は、家族や親戚を中心とした集団が、より多くの家族が集まることで村になります。
村になると隣の村を食料を奪ったり、ちょっとしたいざこざがあったりで隣の村を攻めこんだりするわけですね。
それが街になり、民族のようになっていった。
したがってこの頃の人の移動というのは、集団あるいはその集団の長が決定して、他者の領地や食料を分捕るための移動だったと思います。

 

アメリカ大陸発見以降(14~19世紀前半)
少し時代はとびます。
ここからいわゆるグローバルっぽい感じになってきている感じがしますね。
イギリス、スペイン、ポルトガル、オランダと言った国々がアメリカ大陸やオーストラリア大陸の先住民たちをバシバシ殺戮して人の土地に住み着く時代ですね。
力のある西欧諸国の軍人なり民間人が、ぶんどる時代です。
あのコロンブスが1492年にアメリカ大陸を発見したことはあまりにも有名ですよね。誰が本当にアメリカ大陸を発見したことは一旦議論としておいておいて、このあたりからガンガンに西ヨーロッパの人々が世界を植民地化し始めます。
いわゆる人の領土をぶんどって、このエリアは俺のもんね!お前のエリアはあっちね!ってよそ者同士が未開の地を争う感じです。
アジアで一度も植民地になったことがない国としては、日本、タイ、朝鮮半島、台湾(日本により支配されてますが)のみですね。
リアルに植民地にならなかったのは日本とタイだけ
大航海時代以降は、早い者勝ちの精神で、未開のエリアの権益を力のある者が奪い合う歴史だったといえると思います。
この辺りは封建社会から産業革命、フランス革命やルネッサンスなど宗教と経済と王政などがかなり複雑に絡まり合っているので、一旦シンプルに人のグローバル化だけを考えてみると、「国単位でのグローバル化」だったといえると思います。
その時の王様に許し及びお金を出してもらって、冒険というか海外進出する。うまくいくとみんなで国策に則って移住する。という流れだったと思います。
その中でかなりの先住民族を虐殺したり、奴隷化したりしたと思います。
そしてそこに移動した人は全て、後にその国のアイデンティティに変わっていったと思います。
スペイン系アルゼンチン人や、アングロサクソン系アメリカ人は、基本的にはその土地にいついているため、遠くはなれた祖先が生まれた場所よりも新大陸の地に根付いたと思います。そして多くの人は、生まれ故郷や祖先の地には戻らずに新たな場所に居付き、そこで生活をしていきました。
大航海時代、人は未来のフロンティアを目指して、新大陸に渡ったと思うと本当に尊敬します。
当時は、そもそも国際移動は当然船です。船って沈没するねすよね。
かなりの確率で未開の地に足を踏み出さずになくなったことでしょう。
まとめると、この頃のグローバル化というのは「王」や「皇帝」又は「朝廷」を中心としたグローバル化だっといえると思います。時の為政者が、部下に命じたりなんかして、とにかくあの地を落とせ!!みたいな感じで進んでいったんだと思います。

 

帝国主義(軍国主義)(19世紀後半~第二次世界大戦まで)
イギリスは産業革命の発祥の地であり、圧倒的な国力を武器にインドに東インド会社などを作り当初は自由貿易を謳歌していました。
しかし、産業革命の成功の国であるイギリスも19世紀中盤頃になると、重工業化に後れを取ったために次第に経済の停滞が始まりました。
 経済が停滞し始めると、戦争が起きます。この頃の帝国主義というのは、様々な理由をつけて宣戦布告し国家として植民地にさせていました。
なので、多くの場合は軍人を主体として、まず開拓?というか植民地して、その後、民間人を連れてくると。
この頃の御多分に洩れず、いち早く先進国入りした日本も帝国主義となり満州国を、建国してました。
多分ですが、当時僕が生きていたら満州国に渡り商売を始めていたと思います。
帝国主義の時代、世界的に強いものが自分のネットーワークに組み込んでいくための獲得合戦でした。
この頃のグローバル化は、近代的な意味での「国家」が中心となってグローバル化を推し進めていったといえると思います。
個人や企業は国家に後押しされる形で移動しています。
国策的な移民もそうですね。
社会的に貧しい人たちを募ったりして、移民させたりなんかもしました。

 

ここまで、長くなったので続きは後編でお届けします。

IMG_2050

※珍しく青空になったハノイにて

Top