大器晩成

今日は、平日にもかかわらずあまりにも重くなって機動力の落ちたわがPCにリカバリーの鉄槌を下した。すべての入れ替えにお昼時間を削り、それでもずれ込み3時間近くかかったが、やはり効果絶大。ストレスフリーに近い状態でPCをいじっている。

 

リカバリーをかけようと思いながら、すでに3ヶ月くらいたっていた。。。

 

さてさて、そんなこんなで最近よいことを思いつきました。どんな人でもこの言葉で元気になれるんじゃないかっていう魔法の言葉です。

 

それは、「自分は大器晩成だ」っていう自己暗示です!

 

昔から母親によく言われていました。「あんたは大器晩成やから、絶対大丈夫!」ってね。

(まぁ、大器になるかどうかは、ここでは突っ込まないでください。)

 

こんな感じでよく励まされていた気がします。それを思い出しました。

 

このことを昨晩、妻に話したら、「ふーん・・・そんなんで利くか?」ってかわわされましたがね。

 

いやはや、でもこの言葉は奥深いですよ。

 

なんてったって、今のつらい状況だって、後々はすべてよいことにつながり、結果成果が結びつくっていう考え方ですからね。よく成功者の哲学で、「成功とは、成功するまであきらめなかった」といったことや「失敗はすべての成功の過程だ」なんてあるんですが、そんなんよりもよっぽど自分にはぴったりと来る言葉ですね。

 

すでにある程度の成功している人だって、この言葉はきくと思いますよ。だって、今の成功している状態だって、その先にはまだまだ未来があるってことだし。究極のところ、死ぬ瞬間がMAXで幸せな状態ってことですからね。

 

今、ニートの人や社会的に絶望している人だって、つまるところ20代の自分は死んでる状態かもしれないが、だいぶ先には、よい未来が絶対あるって思い込んじゃえばいいんですよ。

 

問題の先送りだって、どうしようもならないときっていうのは、かってだいぶ未来は、今よりもだいぶ良いはずだって思い込んじゃえば、気が楽ですよね。

 

結局のところ、人はその気持ちの持ちようがすべてとはいわないが、この部分がこけてしまうと、だめになってしまいますからね。

 

ということで、試してみませんか?

 

自分は大器晩成だ!っていう自己暗示。

 

毎日1回自分に言えば、1年後にはたぶん、本当にそう思い込んでいますよ。今のつらいことや問題点なんてのは、すべて通過点ですから。

Top