なにもな~い

今日と明日は、ベトナムも国民の祝日。ほんとうに、久々に何もしない一日を過ごした。


日本に子供を生みに帰っていた友人が、先週末ホーチミンに帰ってきたので、赤ちゃんを見がてら、久々に朝飯を食べにいってきた。なんか、友達が赤ちゃんをあやしているのをみると、時の移り変わりの早さと、子供を持った後の人生について考えてしまった。いやはや、子供を持つということはすごいことですね。


その友人は、旦那さんの仕事の都合で、韓国に帰ることに。。。海外で生活していると、友人が流動的に世界中をまたがることが多く、それはそれで少しさびしい。


その後、うちに戻り、ドラマの「弁護士のくず」を一気に4時間ぐらい見続ける。見ていたらいつの間にか寝ていて、気づいたら夜の九時。


そうそう、寝て起きたら脳科学者の茂木さんがすごいよいこと言っていたので、備忘録


脳を活用するためのコツ


1.短時間集中法

とにかく、やろうと思ったらいきなりはじめる。先ずはコーヒー飲んで、とか机を片付けて、なんていっているのでは無く、やろうと思ったらいきなりスイッチを入れる。1秒でも早く入ることが出来たら、その仕事によって自分の集中力がどんどん引き出されていくとの事。なんか、この感覚は確かに経験があると、脳科学者に改めて指摘されると、なるほどどと思ってしまう。しかも、出来る限りアウトプットを出すことをしたほうが、集中はしやすいらしい。なんとなくボーっと考えるよりも、よいらしい。タクシーの中、電車の中、待合室で、そういった細切れの中で、いきなり仕事を始めると集中しやすいらしい。なんか良いことを聞いた。


2.五感を振る活用して記憶

単に黙読をしているだけよりも、声に出しながら、紙に書きながら、頭に入れると覚え易い。これも改めて、脳の働きを見せつけながら説明されると、実践しようと思ってしまう。


3.脳のモードを切り替え→うまいことリラックスするために

これは、僕がもっとも苦手なリラックス。なにか、リラックスするのか今日みたいにだらだらするのか。常に、何か緊張感というか考えていたりするので、この部分を取り除きたいというのが目下の悩み。

やはり、いい仕事をするためにも、よきリラックスをするために、手続きを決めたらよいとの事。つまり、何か自分で決めた行動をとった場合、切り替えるという状態を常に作る。

自分は何がいいのやら。


さてさて、明日は仕事を少しして、その後なにをしようかなー

Top