営業初日

昨晩、ホーチミンに戻ってきました。 一年ぶりの実家帰省を大いに楽しむはずでしたが、いきなりノロウィルスにやられて、久々に寝込みました。。。 休みになると風邪を引くという、いやなそしてよくありそうなパターンにはまってしまった。。。 ただ、普段引かない風邪を引いたことで健康意識が高まり、タバコをやめたのでこれはこれでよしとしよう。 自分の周りで起きたことすべては良い事だと思い込んでます。 そして、今回もいろいろな人と会って旧交を深めたり、新しい方と出会ったりと充実しました。 人材紹介事業を営む大先輩経営者の方からは、人材ビジネスの状況などを教えていただいたり、同業種の同年代との出会いもありました。 その中でも、特に良かったのが、新宿での散歩です。 知人の社長さんと新宿で散歩しながら話してたら、あっという間に5時間ぐらいが過ぎてしまった。 取り合えずぶらぶらしましょうかっていってたら、新宿東口からぐるっと一周してしまい、また逆周りをして想いで横丁で、昼間っからビールを引っ掛け、甘いものが食べたいとミスドを探しまわった。 その間もずーっと、しゃべりまくり、最後は新宿の都庁付近を散歩して、日本のビジネスの中心を感じたところで、テンションがあがりまくる! なぜか、オフィスビル街に改めて日本のすごさを感じて、「日本人は日本がすごいということに気づいてないから、よくない!」とか「こんなすごい街を作った日本人がすごくないわけがない。」とか、「ホーチミンに新宿を作る!」とか人気のない土曜日のオフィスビルをテンションあがって歩いてました。 気づいたことは、気の合う仲間と、話をすると楽しいということ。 日本に帰るのは、ほんと楽しいです。 また、近いうちに帰りたいな。 といいつつ、今日から営業が始まりました。今年も一年気を引き締めていきます!

詳細
22.Feb, 2010

年内最終営業日

明後日は正月です。といっても普通の日本人は。?と思うかもしれませんが、ベトナムにとっては明後日が真の正月です。 町は年末モード真っ只中。 夜になるとどこもかしこも、人だらけ。 弊社の営業も本日で仕事納め。 弊社のテト休み期間:2月13日(土)~2月21日(日)となります。 上記期間にいただきましたお問い合わせは、22日(月)以降に順次ご返答させていただきます。 何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。m(_ _ )m さて、今年も一年間よく働きました! 来年も飛躍の一年となるように、この休養期間中に日ごろ出来なかったことをいっぱいしたいと思います。 遊びすぎて、来期のプランニングをすることを忘れないようにしたいです。

詳細
12.Feb, 2010

結婚記念日

今日は結婚記念日。 二周年です。 と言う事で、今日は日本料理の会席を食べにきました サイゴン さくらという店。1人30ドルのコースで個室でいい感じ。 久々に会席たべました。 これからも夫婦仲良く行きましょう! ちなみに、初のiPhoneからの投稿です。

詳細
9.Feb, 2010

品格?

朝青龍が引退してしまいますね。 個人的にはとても残念です。 確かに問題児で、品格(?)を問われると微妙かもしれません。 ただ、外国人力士やら問題児やら、いろんな逆境を跳ね除けて勝ち続けていくには相当のプレッシャーがあったと思います。 小さかったころは相撲なんて見てなかったのですが、やはり大人になっていくにつれて相撲は興味がわくものなのですかね。 ベトナムにきてからはNHKしか見られないこともあって毎場所欠かさずチェックしてました。 朝青龍の相撲は見ていて面白いですよね。早いし、血気盛んだし。 まぁ詳しいことは正直よくわかりませんが、なんで引退しなければならないのかっていうのはよくわからないのですが、そんなものなんでしょうかね? そういえば、朝青龍は横綱として品格を・・・みたいな議論がよくされていましたよね。 品格って、叫んでる人を見ると、どうしても既得権益を守ろうとしている人に見えてくるのは僕だけでしょうか? 本当の品格を語ることができる人は、自らの利権や利欲も制しつつ、後進や若手に道を譲ったり、将来の日本や世界のために貢献できている人だけなんではないでしょうか? 団塊世代の人が大量に退職金をもらって溜め込んで、今までの日本の成長で甘みを得てきた60歳以上の人が、「国家の品格」を大ブームにさせたとよく聞きます。 格差問題なんかで、勝ち組とか負け組みとかよく言われているかもしれませんが、世代格差のほうが深刻だと思いますよ。 今の70歳の人と50年後の70歳の人では、このままでは間違いなく50年後70歳の人のほうが割りを食ってますからね。 なので、品格とかいった一見、それを言われれば、水戸黄門の印籠のような言葉を言われると非常に反発心が芽生えてきます。 朝青龍の引退報道から、そんなことを思い出してしまいました。 それにしても、朝青龍には、燃え尽きるまで悪役でがんばってほしかったです。

詳細
5.Feb, 2010

左右される人

今日読んだブログでよい記事がありました。 マザーハウス 山口えりこ社長ブログ 左右される人。 ネパールでの生活は停電の時間に左右される。 朝の8時からは停電があるから、起きる時間を早くしよう。 夜の20時から停電があるから、その時間帯は外に行こう。 などなど。 人間、発展によってほとんどの便利を手に入れたけれど、実はどこにいても案外それなりに対応して暮らしていこうと思えることを生活の中で知る。 冷たいお湯しかでない。 昔はそんなの当たり前だった。 けれど、お湯がでないだけでどれだけ不便だと人間が感じるか。 私はそんな便利さの中に囲まれて生活してきたためそれらがほとんど既にそこにあったかのような錯覚に陥っては、不満をもっていたが、すべての便利さだったり心地よさ、快適は人間がすべて自分たちの努力や英知によって手に入れた後天的なものだとこの仕事をするようになってすごく感じる。 その最たるものは平和かなと思う。 日本にいると平和なんて、当たり前というか、既にそこにある環境として受け入れている。 しかし平和は既にあるものではない国々はたくさんある。 平和とは与えられたものではなく、人間が頭を使い、たくさんの苦難を乗り越えて手に入れたものなんだなと強く思う。 またグローバルな視野で見れば、近隣諸国のポリティクスに途上国という小国たちは非常に支配され、翻弄されている。 本当にそうだと思う。日本だけにしかいないと見えないことってたくさんある。そのことが、平和っていうのも山口さんらしい感じ方だと思った。日本は経済的に発展し、その発展から下降していっている。これまでの日本人が築いてくれたものが如何に偉大で、そしてその築いたものが偉大であるがゆえに足かせとなり、既得権益などの副作用が蝕まれ、挙句の果てには未来に失望した人たちがたくさんいると聞く。 そんな人たちは、自分たちが今いる環境が如何にありがたく、そしてまだまだ改善の余地があり、未来に希望を見出す必要があるかを気づかなければならない。 停電するのが当たり前、水が止まるのが当たり前とまではベトナムは行きませんが、まだまだ不便なことが多いのが常の環境。 でも、ほとんど回りにいる日本人は文句を言いながらも、結構ベトナム生活を満喫してます。 つまり、以外に人は柔軟何じゃないかと思うのですね。 今いる環境をぶっ壊し、未来に目を向けるための、一歩を踏み出すときは思い切って踏み出せばよいのではないでしょうか? そんなことを思った山口さんのブログでした。

詳細
29.Jan, 2010
Top