QOL向上委員会

設立しました。   我が家で勝手に。委員長は妻で私はアシスタントです。   QOL向上委員会とは、Quality Of Life。   まぁ直訳すると生活の質ですね。   生活の質を上げようとしてます。   まぁ生活の質というか生活していくうえで満足度を高めながら生きるって言うのも大事だなぁと思うようになりました。まぁでも徐々にではありますが。   さてさて、会社を初めて以来、現在は人生で一番ケチケチしてます。   ベンチャー=ケチケチではないのかと思う今日この頃   学生のときなんて逆に何も考えてないから、ほいほーーいって使ってたけど。(またバイトすればいいやくらいってかんじ)   今は、1万円くらいの買い物でも、それが贅沢品だと、ものすごく悩みますね。   こんなもの買わなくてもいいんじゃないかってね。   そんな生活から、少しでも脱皮するべくこの委員会を設立する運びとなりました。   そして購入したソファです。   (といっても実は借りている家のオーナーと交渉して半額以上だしてもらって、オーナーのものになりました。 つまり、借りている間はずっとこのソファーで満喫できる上、我が家は3割から4割分だけ出すというお得な買い物)   昨夜、我が家に届きました。   このソファーかなり、リラックスできます。   そしてこの勢いで、液晶テレビも買いたいと思っているのですが、悩みどころです。  

詳細
7.Apr, 2009

一気観

先週末、日本のドラマを一気に観ました。   先週土曜日は祝日だったため、久々の連休を満喫したのですが、その大部分はこのドラマを観るために費やされました。   「トライアングル」   http://www.amazon.co.jp/トライアングルDVD-BOX-江口洋介/dp/B001TCKI6E/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=dvd&qid=1239013769&sr=8-6   いやーーー、土曜日の夜+日曜午前で、第一話から最終回までいってしまった。   かなり話にのめりこんでしまうタイプのミステリー。   こういった連続ドラマは時間数にしてみるとかなりの長時間になってしまうので、一回はまると怖いですね。   通常リアルタイムでみてたら、毎週待たなければならないのに、まとまっていると止まらないチェーンスモーキングのようになってしまう。   うーむ。   充実(?)した週末だったかな。

詳細
6.Apr, 2009

花見

海外に住んでいて一番、損をしている気分になる。   そんな季節ですね。   東京は今日か明日が桜の満開だと聞きました。   別に特段、理由はないのだけど、桜の季節の日本は本当にいいですよね。   なんか満開になった桜を見ると幸せを感じるのは、日本人の心というものなんですかね。   日本に住んでいる皆さん、不況で仕事がなくったって、うまくいかなくったって、桜を見て幸せな気分担ってください。   私は、写真で桜でも見ておきます。

詳細
3.Apr, 2009

第1期終了

明日は3月31日ですね。   日本の多くの企業は明日が期末。当社もベトナムにある法人ですが、明日が期末です。   ということは、第1期の終了です。   なんだかんだで、1年持ちました。まぁもちろんこれからなわけですが、とりあえず明日が1期の最後です。   期末といっても、あまり何も変わらないのですが・・・(というかやらなければならないことがもれているようでちょっと怖い。まぁ、選任の会計士に聞いて、御社はとりあえず現金の確認しておいてください。まぁ在庫もないですしといわれているのでそれを信じよう。)   まぁ締めてから3ヶ月以内が財務諸表なり法人税の申告納期だから、毎月ちゃんと財務諸表を作成しているうちは、とりあえずは何とかなると思う。   いやいや、そんなことより1年というのはあっという間ですね。   うちは、正式に法人が登記できたのは2008年5月だから、会社的にはまだ1歳を迎えているわけではない。   けど、実質的には2008年の3月から動き出したので、スタートしてから1年がたったわけだ。   まぁ、社長業ってのは最低でも3年やらないと、周りから土台にたったと思われないよというアドバイスを先輩経営者から言われたことがあるが、本当にその通りだと思う。   1年って、本当に早いなぁぁと思うのと同時に、のんびりしていられないというあせりも募りつつも、あせってもよいことはないからしっかりと腰をつけてなんて言い聞かせたりしながら、がんばってきた1年。   自分の思い描いたとおりなっている部分と、ぜんぜん足りていない部分がまだまだな部分がありますね。   ただ、1年前よりもちょっとだけ会社も自分も成長しているということは事実だと思う。   一歩一歩、しっかりと足元を見つめ、未来を見つめていきます。

詳細
30.Mar, 2009

いい感じの暇を目指す。

起業して会社を作っていくと、忙しければよいというものではないということに気づく。 というか、忙しくてもぜんぜん儲からないことなんてしょっちゅうだからだ。   起業するとこんな感じで回っていくのかなぁと思う。   最初仕事がないので結構暇→忙しくなってくる→暇を作る努力をする→暇になって→新しいことを考える(暇だから)→新しいことをトライ→忙しくなる・・・   もっというと、儲からないときの会社って言うのはおそらく、下の人間がやるべきことを上の人間がやって、上の人間が本来やらなければならないことをやれていない事が多いのではないか?   実は1ヶ月くらい前から新たにマネージャーを採用しました。最初は色々と迷ったものの彼女を採用して大正解。   なんか、会社内の足りてない点や未整備な部分を改善してくれる。その上で、自分で仕事を作ってくれる。報告は人一倍多い。   本当に感謝です。   そして他の社員も、影響される形で少しづつだけど社員が育ってきてくれていている。   世の中は不況かもしれないが、社内環境はすこしづつよくなり、雰囲気もますますよくなっている。   そうなってくると、自分の時間もだいぶ取れていることに気づく。   ただ、こういう状況になるとほっとくと考え事ついでに、余計な時間もたくさん使ってしまうことがあるんですな。   今週なんてWBCの結果が気になって、仕事をかなりサボってしまった。。。   まぁ、たまにはよいか。   さてさて、こんな感じで仕事を創るように努力して、暇を作るように努力すれば会社は成長していくのではないかと思った気づきでした。

詳細
27.Mar, 2009
Top