ベトナムの賃貸オフィス市場

ベトナムのビジネスというテーマでスタートしたブログだったけど、最近はあまりベトナムに関して書く記述が減ってしまった。。   ということで、ベトナムビジネスネタです。   最近のオフィス物件の値動きに関する情報↓   ホーチミン市内の賃貸オフィス、供給増と需要減で価格が下落 法律事務所DCは2008年第3四半期、ホーチミン市のAクラスオフィス・Sun Wah Tower からPhan Ke Binh通りにオフィスを移した。 同事務所のLe Cong Dinh所長によると、新しいオフィスは2倍の広さがあるが、価格 は8分の1。以前のオフィスビルは便利だったが、契約更新時に賃貸料が月75ドル/m2 にまで上がり、移転を決めた。同社に限らず、同様の解決策を選ぶ企業は多い。 ある賃貸オフィスビルの担当者も、顧客が次々とビルを離れていることを認める。 市内のあるAクラスオフィスビルでは、ここ3カ月で75の借り手が引き払ったという。 現在、賃貸料は下落傾向にあるが、空室もなかなか埋まらないようだ。 この状況を前に市中心部のAクラスオフィスは賃貸料を60ドル/m2以下に、なかには 50ドル/m2以下に下げた所もある。広い面積を借りる場合は、より低価格を提示して いる。 CBRE社によると建設の最終段階にある賃貸オフィスは多い。同社の予想では今年中 に市では120万m2を超える各種賃貸オフィスが誕生し、これは現在より約66%増とな る。一方で賃貸オフィスについて尋ねる客は半減しているという。 需要の落ち込みと新たな供給源の圧力を受けCBRE社は、Aクラス・30ドル/m2、Bクラ ス・20ドル/m2、Cクラス・10ドル/m2になる可能性があるとの見方を示した。この価 格は昨年9月にCushman & Wakefield社が予想した数字と近いが、当時業界ではこの 見方に賛同する声は少なかった。 (Thoi Bao Kinh Te Sai Gon 2月26日,P.52)   うちが会社を設立した約1年前は、極端に値が上がってました。物価から考えたらありえない上がり方。   知り合いやお客さんの中には、耐え切れずに引っ越しされた会社多数。去年は、契約更新のときに1.5倍から2倍近い値段を提示したわけですからね。   1年半くらいで、賃貸オフィス物件の市場が半分くらいになっている・・・・   なんという値動きの激しさ。   これも小さい市場であるがゆえの触れ幅の大きさなんですね。  

詳細
20.Mar, 2009

たくさんの失敗

最近は特に、色々と失敗している。   そういう時は、ユニクロを運営しているファーストリテイリングの柳井社長の本を思い出す。「1勝9敗」   現在、日本で一番の資産家となった柳井さんが1勝9敗なら、他の人たちは何勝何敗なんだろうと思ってしまうが、まぁこれは言葉のあやというものなのだろう。   または、誰かが行っていた哲学で、人生における最大の失敗は、何もしないことなど等。   何でもかんでも、適当にやったらよいというわけではない。   しかし、基本は行動に移すことが大事だと思うんですね。何かにチャレンジし、失敗し、へこたれそうになり、それでも気持ちを持ち直して、次に行くしかないんですよね。   たぶん、色々な成功法則とかあるんですけど、突き詰めるとこれしかないと思うんですよ。   「チャレンジして、失敗して、改善する。」   あと、おそらく付け加えるとしたら、即死する失敗はだめだと思うんですよ。   たぶんそれは勇気ではなくて蛮勇ではないのかな。   慎重に計画して、チャレンジして、失敗して、改善する   なんか、PDCA見たいなって来たな。   さぁ、明日もがんばろう。今日はちょっと、早めに帰ってリラックスするかな。

詳細
18.Mar, 2009

志の輔

今年も開かれるみたいです「志の輔らくごin ホーチミン」   そして、チケットゲットしました!   海外に住んでいるものにとって日本語で見られるエンターテイメントには、自然と参加してみたくなるバイアスがかかります。   日本で一度もらくごを直接見たことはありません。   しかし、今からかなり楽しみになってきた。。   2009年3月21日(土) 18時開場 19時開演 開場 ホーチミン市音楽院 料金 25USD/人   大人気なせいか、チケット等の販売に関しては、電話等での問い合わせはしていない模様。 直接ホーチミン日本商工会の窓口に出向かなければならないそうですね。  

詳細
6.Mar, 2009

歌うたいのバラッド 続編

歌うたいのバラッド続編です。 <a href=”http://www.youtube.com/watch?v=s4uKhT9XK5g ” target=”_blank”></a>http://www.youtube.com/watch?v=s4uKhT9XK5g   2008年にビデオクリップを再度創ったみたいです。なんかかっこよかったので、再度紹介しますね。   前回のブログで1000回以上聞いているといったけど、自分で引いた野も合わせると、おそらく2000回いや3000回以上はこの曲に触れてます。   何をいいたいかというと、10年以上もずっと変わらず好きな曲(もっといえばものや事)を持つって素敵なことだなと思ったのですね。ふとした時に、何か原点に返れるというか。   特に音楽だと、そのときに感じてたことや好きだったことを思い出し、ちょっとしたタイムスリップもできますね。   そして、また2008年版のビデオクリップとなったこの撮影地「新宿ゴールデン街」のなんともいえない、アナーキー的な雰囲気が好きです。(そういえば、ホーチミンなんてゴールデン街なんて日にならないくらい、カオス的。だから、自分は今ホーチミンに来ているんだとちょっと納得してしまった。)   いつまでも、這い上がってやるんだ!というハングリー精神と青春の匂いというか。。 なんか、感傷的な日曜日となってしまったな。

詳細
1.Mar, 2009

歌うたいのバラッド

若かれしころ聞いた曲で、奥底から心を動かされた経験って誰でもあるのではないでしょうか? 私も、この曲が人生の中で一番多感な時期に、出会い今でも自分のテーマ曲となっています。 学生のころ、ライブをしているときによく歌ってました。 もうリリースされてからおそらく、12~3年たつのではないでしょうか? 斉藤和義の代表曲をミスチルの桜井さんがライブで歌ってます。 原曲を1000回以上聞いていると思うので、ちょっと違和感があるのですが、久しぶりに聞いてなんか高校生の頃に戻った気分です。 ちなみに以下が原曲です。

詳細
1.Mar, 2009
Top