What Does not kill me, makes me stronger

最近めっきりブログを書かなくなっていた。自分が感じたことや考えていることを整理する場としてブログは有効なので、無理ないように再開しよう。新年度4月も残り5日となりました。気づけば、この4月はいろいろなことがあった。良いことばかりではなく悪いこともたくさんあった。内容は書けないことが多いんですがねwwうまく事業がいっている時ほど、気を引き締めないといけないと改めて感じる。ただ、一つ一つを乗り越えていく中で、大変だったことや辛いことはだいたい忘れていくので、その都度都度で全身全霊で対処していくしかない。最近読んだ、ビジョナリー・カンパニー4で人生の名言に出会いました。  ニーチェの言葉「What does not kill me, makes me stronger」何が起きても死なない限りは、その起きた出来事そのものを成長の糧にする。偉大な企業は、運・不運で経営をしない。運・不運は平等にやってくる。

詳細
25.Apr, 2013

ベトナムでのマネジメントに関して気づいたこと

普段のマネジメントに関して気づいたこと人のマネジメントは常に試行錯誤。悩みながらやっていかなくてはならない。最近気づいたことをまとめると、これまでの僕は、駄目な日本式マネジメントの代表格である「曖昧な指示」が嫌いだった。例えば、営業数値が改善が見込めないなかで「改善策を考えて」的な指示を基本的にしませんでした。会議でも自分が把握できるところまで落とし込んだ上での報告をもらうように努めてました。基本的にこの考えに変わりはないです。具体的なところまで落とし込まない曖昧な指示は混乱をきたすので駄目です。売上が上がってない社員に、「売上をあげれないのは気合が足りないからだ。頑張れ!」的な指示では絶対に上がらない。しかし一方で、こんな考えが強過ぎると、自主的な考えを引き出せなかったり、会社としてもよりレベルが上がりづらくなる。自分もすべてのことを全て把握しているわけではないのに、色々なことを全部把握しようとしすぎて、自分のイメージがないときに指示ができなくなり結果として業務の改善が進まない。現在の当社の主な機能だけでも・営業・採用コンサルティング・人事労務コンサルティング・Web媒体の企画・運営・WEB媒体の開発・WEB媒体のセールス・マーケティング・経理・総務・自社の人事・教育・他拠点(インドネシア・ハノイ)の管理上記すべてのアイディアベースの部分まで自分で指示する事ができない事に気づきました。余りに具体的な指示ばかりしていては社員も育たない。社員が育たない上に、業務も進まない。特に自分の不得意分野のところは、特に概念的な指示をしてもらい報告を受ける上で一緒に考えていくことが重要だとやっと気づいた。例えば売上とキャッシュフロー及び利益の管理の仕方に課題を感じていた。自分は、経理でないので具体的な指示ができないから悩む、、、具体的な指示が出せない。こういう時は、思い切って「いい方法を考えて」と指示してみる。純粋に課題を共有しその課題に対する提案を上げさせる。その提案内容を上司と部下で考えあう。つまり、どうやるかは示さなくても、何が課題なのかということを明確にさせることが出来ればスタッフも課題に取り組んでくれる。非常に当たり前の解決方法なのですが、これがなかなかできて来なかった。片一方の語学力が低かったりするとコミュニケーション上のストレスからもこういった問題から遠ざかってしまったり、生産性を来にして具体的な指示に落としこむことに慣れすぎていたのが原因。大事なことは、1.恐れずに指示をハードルの高めの指示を出す。  2.指示を出した後の進捗を追う。3.出てきた提案に対してこちらも頭をつかい何らかの決断をする。※注意点:本人にとってハードルが高すぎても低すぎても駄目。

詳細
28.Feb, 2013

スタートアップで大事なこと

起業するためや事業展開をする上での考え方の一つに、■内的環境から考察■外的環境から考察があります。こと、事業のスタートにおいては、より内的環境に目を向ける事が大事なのではないかと思うのです。どれだけ、外敵環境において事業チャンスがあっても、自分に向いたことや自分が得意とすることでなければ手を出さないほうが良いですよね。事業を立ち上げようとか、独立しようと思った時にチャンスから入り過ぎると成功しない確率が高いと感じます。突き詰めていくと、そのことに熱中している人やこだわりがある人に、同じ能力や環境出会ったら競合優位性の観点から負けると思うからです。自分がしたい事や自分が得意としていることが何か?この答えに現時点で最適な答えをとりあえず出して、その上で外的環境に目を向ける。そうすると、自分の軸があった上で外的環境を見渡すので、より地に足がついたプランであったり、より現実的にアウトプットを出せる確率の高い事業やプロジェクトを起こす事が出来る。外的環境から入ってしまうと、いくら儲かるという視点から入りがちなので、当然のことながら「想い」や「競合優位性」があったものを提供するよりも、いかに利ざやを稼ぐかという視点で事業をスタートしてしまう。当然のことながらお客さんは利ざやを稼ごうとするばかりのサービスや商品よりも、前者のほうを選ぶ確率が高くなる。これは、一番最初のスタートアップでは特に大事なことだけど、ベンチャー企業が第二ステージや第二の事業を構築する上でも同じ視点が必要だと感じてます。いくら稼ぐか?=いくら世の中に付加価値を残せたか?お金は価値を残すための道具・手段である。日々日頃の事業活動や事業計画をたてる上でふと忘れそうに成るため備忘録的にメモに残しておきます。

詳細
3.Feb, 2013

年頭所感の代わりに:リアル経営者になる!

前回のエントリーで引越しを宣言したのですが、移動したブログのデザインなり、ユーザビリティが低いので、やっぱり当面アメブロで更新し続けます!ということで年頭所感もブログで書きそびれてしまいました。がしかし、ようやく今年のテーマが出来ました。2013年のテーマ「リアル経営者になる!!!」サイヤ人がスーパーサイヤ人になるみたいな感じです。色々と昨年のテーマは、攻めると題してやってきたのですが、うまくいく事も行かないことも色々とあったのですが、全然駄目だなと感じました。今まで自分は、事業家だーとか、起業家だーとか体のいい言葉を並べて、できない理由に対して言い訳を言ってました。事業家は経営者とは違うんだよー的な感じで、色んなモノゴトから知らず知らずのうちに逃げてきました。が、今年は腹をくくって経営者に成るための行動と勉強をします。そのためにすることは◆各部門の会議を徹底細かいことは恥ずかしくて書けないのですが、いろいろな部分でやっていないことがおおすぎました。今日、経理スタッフから泣きそうな勢いで小さな問題を指摘されました。そういえば、ちゃんと経理会議開いてあげてなかったなーと。そろそろ、色々な部門ができて会社がすこしづつ大きくなってきているのに、創業当時からやり方を変えていないことが多々あることが判明。会議なんて、現場が動かなくなるばっかりだから、できるかぎり少ないほうがいいと思いあまりやって来ませんでした。ただ、やっぱり必要な会議はあるので、会議をしっかり徹底する。会議をするということは、議題を作りマネジメント対象を明確にするということ。◆目標の精度を上げる。KPIや目標設定こそが経営だという人もいるくらい、経営指標や事業運営のKPIの設定は重要です。会社全体の目標から部下の個人レベルの目標までしっかりとケアーする。同様にして目標設定の前提と成るビジョンやミッションもより精度を上げる。◆アウトプットの精度を上げる拡散性が高すぎて、集中力が続かないという欠点を持つ自分は、スピード重視に比重が重くなりすぎるきらいがあります。誤字脱字が多いのもそのせいなのですが、いつも直そうと思っても全然直りません。おそらくこのブログも誤字脱字が有ると思います。しかし、それではいかん!ということで一つ一つのアウトプットの質を上げる視点を持つようにする。◆経営者としての勉強これまでも経営者系の勉強をしてきたつもりでしたが、まだまだ全然であることを反省。本ばかりから学ぶわけではないのですが、数値目標は大事なので、とりあえず 目標:読書 月間5冊×12ヶ月 学ぶ内容は、経営系(組織運営、人事、経理、財務、営業、マーケティン)からWeb、SEO、日本史、近現代史、文化人類学、経済、金融等を中心にする予定上記は最低限のペースメーカー的な目標なので、それ以外にたくさんの先輩経営者にも積極的に教えを請いに行きます。今年は、自分に言い訳をせず自分自身のレベルを一段も二段も上げるべくコミットします!!

詳細
10.Jan, 2013

心機一転 ブログのお引越し

2007年11月よりアメブロでスタートしたブログもめっきり投稿が少なくなって来ました。書き始めた当初は、ベトナムに来たばかりで期待と不安に入り混じる中事業を立ち上げていく決意や経緯を書き記そうと思いスタートしました。ベトナムで自分の足跡を作るんだという思いでありましたが、ここ最近はあまり思っていることも少ないのか投稿が減ってしまってます。ここで、年末の心機一転と題しブログをお引越し、より一層自分の考えや想いをしっかりとまとめて綴って行きたいと想います。(SEO的にも自社ドメインの方が良いというのは突っ込まないでください。)ブログお引越し先⇒『ベトナム発アジアでビジネスを立上げている人の話』http://yasukura.iconic-intl.com/それでは、今後共よろしくお願い致します!

詳細
26.Dec, 2012
Top