金融の気になるところ

昨今の金融情勢が気になります。   したがって、色々と勉強しています。   自分は金融の業界に触れているわけではないですが、世の中を見渡すと、世界経済の転換期にあるということがびんびんに感じますので、気になってるわけです。   参考にしたサイトをリンクします。   ■米英金融革命の終わり  http://tanakanews.com/080708bank.htm   ■http://diamond.jp/series/machida/10045/   ■http://diamond.jp/series/closeup/10_04_001/   ■http://diamond.jp/series/yamazaki/10048   ■http://diamond.jp/series/yamazaki/10047   ■http://www.economist.com/finance/displaystory.cfm?story_id=10881318   概して、流れとして読み取れるものを箇条書きで記載すると、   ・投資銀行のビジネスモデルの限界  →レバレッジをかけて儲けてきたが、リスクが予想外に大きかった。  → 安定的な資金調達が難しい。   ・短期的なリターンによる、関係者のインセンティブが大きすぎる問題点  →儲かったときの担当者や経営者がインセンティブで多額の報酬をもらいすぎ   個人的な動向として、投資銀行のビジネスモデルが波状したことで、世界各国にある様々なヘッジファンドやアクティブ系ファンド達はどのようになっていくのかが気になるところ。   ベトナムにも昨今様々な、ファンドが設立され、この1~2年は相当厳しい状態のようですね。   独立系のファンドが、元気に投資していった時代が数年前にあり、そういったお金のどころか、現在のベトナムの経済にもかなりの影響を及ぼしていると思います。   そういった意味でも気になりますね。   ただ、今後の金融においても、儲かる対象として新興国が目をつけられ、より新興国が加熱するのか、逆にリスクが高いということで暫くは落ち着いてしまうのか、どちらか注意深く目を光らせる必要がありますね。   直接的な業務とは関係しないですが、こういった不安定な動きが起きた時は、我々のような守るものが無い・そもそもビジネスの基盤が無いものにとってはチャンスになることが多いですしね。   意外なところにチャンスはあるかも!?   さぁーみんなで、考えようーって感じですね。

詳細
29.Sep, 2008

Motherhouse山口さんブログ

書籍レビューではなく、勝手にブログ紹介を定期的にやって行きたいと今決めました。   今日は、第一弾   Motherhouse 山口さんのブログです。   http://www.mother-house.jp/ceo/   以前、書籍レビューで「裸でも生きる」にも書きましたが、山口さんのマザーハウスを運営する中で、奮闘する様子がわかるブログです。   彼女のブログを呼んでいると、年齢は1歳下(だったはず)で、先輩起業家として非常に、勇気付けられる内容です。   起業家向けだけでなく、生き方としての一つの指針を与えてくれているような気がしますね。   自分の駄目な部分も、平気で書き、逆にそれが周りの人の応援を誘っているように見えます。   純粋に、元気付けられる内容であるという点がおすすめの一つです。   もう一つは、経営的な視点でみて、参考になることが多いという点。   現在、世界的に不況にはいっているだけでなく、本格的に人口減が進み、世界中で高齢化を迎える中で、従来のような拡大生産型のビジネスモデルだけでは、成長が難しくなってきております。   そんな中で、「途上国発のブランドを創る」というミッションのもと、マザーハウスは運営されています。   私は、日本で山口さんの商品を実際に手にとって見た事はないのですが、ウェブで見たり、ブログで読む限り、マザーハウスのような商品こそが、昨今マーケティング的に必要といわれている「ストーリーのある商品」だと思うんですね。   ただ単に、マーケティング的だけのために、ストーリー性を作ったのではなく、提供者側が本気で、途上国発で世界に通用する商品を出していくんだ!というビジョンを持っている点が、人をひきつけるのだと思います。   しかも、途上国発のブランドを作るというのが、国際援助的な視点ではなく、ビジネスとして成功させるためにデザイン性や品質にもかなりの工夫と努力が見えてきます。   ストーリー性があり、商品力もある。これから売れるものというのは、こういったものだけなのかもしれませんね。   日本に帰ったら、マザーハウスのショップで商品を見に行くぞ!!

詳細
29.Sep, 2008

今したいことリスト

ライブに行きたい 日本の映画館で映画を見たい 温泉に入りたい プロサッカーを見に行きたい うまい焼酎を飲みたい 新幹線でビールとあなご弁当(前職のときに好物だった)を食べて寝たい   でも、こういう欲求ってためていっている過程が一番、幸せ度が高いんじゃないかと最近思う。   やってしまったら、あぁ良かったという感じで終わるし、なんとなく寂しい気持ちにもなる。   なんか、なんでもそうだけど、結果は大事だけど、実はそのプロセスこそが、物事の本質に見えてくる。   例えば、プロボクサーが世界チャンピオンを目指して努力しているとする。   世界チャンピオンになるという結果は大事で、だけど本当の価値は世界チャンピオンになったこととかよりも、なるにいたる過程や経験にこそ、人生の醍醐味や大切な物が存在してる気がする。   結果を追い求めなければならないが、実は結果を追い求めるがゆえに、本質をはずしてしまう。   こんなことを、ひたすら欲求不満になりながら思った金曜日の夜でした。

詳細
26.Sep, 2008

昨今の金融情勢

金融のプロフェッショナルでないので、詳しい事はわかりませんが、リーマンの破綻やAIGグループの危機、ベヤーズの救済などここ数ヶ月は、世界的に転換期に来ているようですね。   巷の論争で、高給取りだから、同情できないといった意見がありますが、同情できるか出来ないかではなく、ビジネスモデルとして危険なやり方だなぁと前々から思っていました。   特に投資銀行系の仕事は、他業種から比べて飛びぬけて給料が高いというのは周知ですね。   しかも、半端ない金額をもらっているという事はよく、知り合いから聞いていました。   本当かどうかはわからないにせよ、知人からマスコミから聞いているのでかなり信憑性が高いといえます。   1年単位のインセンティブで、会社の看板を通した投資家のお金をリスクにして、新卒で3年程度の業務経験者が年収以外にボーナスのインセンティブで数千万もらうというのは、かなり危険ですね。   世の中の経済が上向きのときは、当然色々なものの価格が上がります。   そのあがった中で業務をしている投資銀行のフロントの人が、その年の成果でそれほどもらっていると、会社の経営は安定しないんじゃないか?と思っていたのです。   昨年に危機に陥ったCITI銀行の前会長は、退職金で数十億円もらった上で、業績不振のため辞任。。。業績不振なのに、経営者が数十億円ももらってよいのか???という感じでした。   正直言って、それだけの価値があるものとは到底思えません。   確かリーマンに勤めていた全世界の従業員が2万5千にいるらしいのですが、仮にフロントの人が4割でバックが6割とします。   フロント4割の人の年収が、1500万円、バックの6割の人の年収で500万円を仮に抑えることが出来ていたら、、、   1500億円+750億円=2250億円のコスト削減が簡単に出来ますね。これはかなり現実的な数字だと思います。   しかも、これは好景気の儲かったときなどは、おそらく一人当たり2000万円くらい経費削減したって、相当な高給取りの可能性があります。   あくまで投資家からお金を預かった上でのリスクを取っている行為ですので、働いている会社員自体に、業界全体としてインセンティブをつけすぎているのは危険だと思うのですね。   まぁこれは、単なる一例ですが、儲かる時は皆が儲かって、少し景気が傾いたら、世界最大級の会社が直ぐに経営危機に陥るのは、ビジネスモデル自体がかなり厳しいということなのだと思います。   金融の専門家ではありませんが、経営的な視点でみて、おかしいかどうかというのは自分の頭で考えておく必要がありますね。

詳細
25.Sep, 2008

社員は会社の鏡

会社を始めると、様々な問題や出来事が目の前に現れてくる。 すごい調子がよくなって、よし!と思った次の日に、実はぬか喜びだったということなんてしょっちゅうだ。 そんな中でも、今日は、一つうれしいことがあった。 普段から彼女達は、結構楽しそうに働いてくれているのだったけど、 社員達がふと、「ICONICで働けて楽しい!」と言ってくれた事は、純粋にうれしかった。 まだまだ働いて数ヶ月の彼女たちなので、新鮮な職場というのもあるのかもしれない。 ただ、他の親会社がある日系の企業に比べて、環境や待遇面ではとてもよいものを提供できているわけではない。 しかも、ベンチャー企業で働くメリットというのもあまり、わかっているわけでもない。 大手や中堅企業で働いた経験がある彼女達が、純粋に一企業として比較しているのだ。 それでも、「ICONICはよい会社ですね!」と元気よく言ってくれたのは素直にうれしかった。 人材を扱う会社の社員が、生き生きしなくては、お客さんにも良いものを提供できるわけ名は無い。 そういった基本が出来ている事を確認できた。(まだまだ課題は山積みですが) ベトナムでは、色々な理由で会社の風土を醸成するのが難しい。 それに、どうしてもアウトソーシング的な仕事が多くなるため、仕事が単調にならざる終えない要素もある。 社員達にこの環境で働きながら、スキルを身につけ、人間力を上げていく事の重要性を説きながら、彼女達と一緒に私も含めたICONICを成長させていきたい。

詳細
20.Sep, 2008
Top