数字で物を考える大切さ

私のことを知っている人がいれば、もしかしたら、とても感覚的な人間だ言われると思います。 どちらかというと、行動派です。 でも、社会人として歩みを進めていく上で、ビジネス上で数字で考える感覚がとても大切だということを知り始めました。 例えば、店舗型のビジネス(例えば焼肉屋さん)で、、、 「最近売上が落ちているんだけど・・どうしてだろう?」と考えます。 すごい基本的なところから言えば、 客数が落ちているのか 客単価が落ちているのか もしくは、ある特定の商品が売れなくなっているのか? といった、パーツに分けて分析してみます。 仮に、 金曜日と土曜日が昨年対比で、客数が20%落ち込み、客単価は減っていないという事がわかったとします。 では、どうして金曜日と土曜日の落ち込みが激しいのかを周辺に調査して回ります。 そうしたら、隣町のレストラン街が、何らかの集客施策を開始しており、にかけられているためだということを突き止めれるかもしれません。 その対策として今度は、ブレーンストーミングをします。 ①価格競争に挑む ②より付加価値を出したメニューを展開する。 ③スペシャル企画を立てる などなどの案が出てきて、実際にどれをやるかを意思決定します。 対策も駄目なら、次へと次へとチャレンジします。 特に、物事を改善したり、問題点を分析するときに役立つと思っております。 少しテーマは変わりますが、最近は日本の食料問題や自給率問題が取り立たされています。 「日本人は安全に気を使う割りに、安いものばかりかって、外国のものばかり買っているから、自給率がへっていくんだ!」見たいな風潮があると思います。 僕はこういう風には思っていません。 日本は先進国の中でもエンゲル係数は高いほうであって、食通な文化を象徴している結果が出ています。 手元にある資料だと、、、 ちょっと古いですが、 (2000年) 日本 14.7% アメリカ 7.2% カナダ 9.9% イギリス 9.7% フランス 14.2% イタリア 14.4% 韓国 15.3% この結果を見ると、日本人は決して食費を切り詰めているという感じではないですよね。 これ以上この問題に対しては深堀りはできないですが(調べてないので) 問題として考えられるのは、  ①日本人のカロリー摂取量が以前より増えてきているため、自給率が下がっている。  ②減反政策している割りに、他の農作物に切り替えられていない。  ③外国のものが安すぎたので、日本で農作物を頑張って作ろうとしていない。  ④食べ残しをしまくり、無駄が多い=食材の適切利用 上記のようなことが考えられますが、後で調べたところによると、カロリー摂取量自体はヘルシー志向に伴い決して増えているわけではないらしいです。 ②~④の問題が複合的に絡んでいる気がします。(これ以上は調べていないので、悪しからず) 話は、農業の問題に切り替わってしまいましたが、②~④に対する対策を考えることで、自給率アップのための切り口が見えている気がします。 ということで、日ごろから物事の数字・データを見る癖をつけなければならないと思います。

詳細
10.Sep, 2008

日本を創った12人 堺屋太一

最近読んだ本で、面白かったとおもった一冊。 日本人的といった考え方や言い回しは、色々な場面で用いられますよね。 もしくは、そもそもそれが日本人的かどうかさえ気付いていないことも多々あります。 そんな、現在に通じる「日本的」なものが読み解ける一冊。 -聖徳太子 -光源氏 -源頼朝 -織田信長 -石田三成 -徳川家康 -石田梅岩 -大久保利通 -渋沢栄一 -マッカーサー -池田勇人 -松下幸之助 この本が書かれたのは約10年前で、まさに失われた15年の真っ最中。護送船団方式で守られていた業界が規制緩和にあう前の時代の現在と過去を比較して、当時の問題点(かなり現在にも通じていますが)を指摘している点も、この書籍を読みやすくさせている点だと思います。 こういった歴史的に紐解いていくと、現在の流れを見る上で、日ごろの視点が以下に近視眼的になっていたかを思い知らされます。 テクニック的には時代時代で成功や大成する要素というのは違うんだというのを感じます。古来から変わらないものと流れ的に必要なものは違うということですね。 とはいえ、歴史的人物の過去の栄光に浸るだけでなく、その人がなぜ大事をなしえているか、またその大事がなぜその時代に合っていたのかなどを考えながら読むことが出来、単純に読み物として面白いです。 やっぱり、堺屋さんは政治家ではなく物書きとして一流だったんだと思います。(蛇足ですが)

詳細
8.Sep, 2008

学生のときにしておくこと

最近、読書量が減っている。。。 忙しくなっているというのはそうなのだが、それはいいわけにはならない。良いアウトプットを出すためには、インプットが比例するのは言うまでもないことです。 アウトプットとインプットの質は、車輪の両輪のようなもので、アウトプットばかり出していても駄目です。転じて、インプットばかりだけでも駄目なのですが、社会に出て働くとどうしてもアウトプット=業務が多くなり、ほおっておくと、いつの間にか実は頭を使わないようになっていることが多いです。まずは、読んでない本を集中して読み、しっかりと勉強していかなければと反省し始めました。 本題に入りますが、最近はとかく大学生に対して話をする機会が多いです。 学生の時にしておいたほうが良い事といった類の質問が良くあるのですが、その際には必ず言っていることがあります。 広い意味で「よく勉強すること。」と答えています。狭い意味では、「体系だった勉強をすること」です。 というのも、これからの世の中は、何かの強みが無い会社や人というのはどんどん淘汰されていくと思うのです。何でも良いから、好きなことを一つでもよいので深く勉強して、人より出来る状態にしておくという事は、とても大事なことだと思うのです。 好きなことがまだわからない人に対しては、 ・IT(特にWEB、Mobile関係の知識やプログラミング等) ・数字関係(具体的に言うと、会計・金融に関して) ・語学(英語、中国語など) の最低、どれか一つは深堀りしておくことを勧めてます。 もっというと、普通のビジネスパーソンで、上記の一つも出来ない人というのは、これから給料が上がっていかないと思うのですね。 営業だって、これからマーケットが縮小していく中で、爆発的に売れる営業マンというのは非常に稀有な存在であるし、マーケティングや研究開発していたって、上記のスキルがないと効果が薄れる可能性が高いです。 もはや、上記三つのスキルは最低限持っておかなければならないものとなってきている気がします。(ちなみにこの考え方は、私がよく読んでいた勝間和代さんがおっしゃる前から思っていました。本を読み自分の考え方があながち間違っていないかったことを感じた次第です。) もし、好きなことがある人であれば、そういった枠にはとらわれずどんどん好きなことを追求したらよいと思います。

詳細
6.Sep, 2008

衝撃の速さ Google Chrome

いやはや、このブログに書く記事の内容にGoogleの話が多くなってきてしまった。 私がよく読ましてもらっているブログの記事とほぼ同内容になってしまいますが、同じ事を感じたのであえてかかしてもらいます。 戦略コンサルを辞めて起業している日記 http://ameblo.jp/netpipeline/ でも、普段気になることを書いているというスタンス上、今日気になったのは、やはりGoogle Chromeだ。 もう知っている人も多いと思いますが、Googleはついに独自ブラウザをリリースしました。 機能的には、さほど新しいとは思いませんが、何がすごいかって、その早さ・速さです。 起動もクリックした後の反応も、同一PCで同一インターネットのアクセス環境でありながら、感覚的にまったく違いますね。(今度、計ってみよう) 最近では、どこかの記事でグーグルが大企業病になってきたと書かれた記事を読んだことがあったが、このスピード感と技術力で大企業病といわれてしまったら、ベンチャーたちはきついものがありますね。 本格的に、Googleはマイクロソフトに対抗すべく施策を売ってきているように見えますね。 このスピード感があれば、もしかしたらウェブアプリケーションが可能となり、OSに依存しない世界が繰り広げられるかもしれません。 そうなったら、本格的にMicrosoft Officeが使われなくなる可能性だってあるのではないかなと。 ストリートマップビューで世の中の賛否両論の意見をもらい、直後にブラウザのリリース。 しかも、圧倒的なそのスピード感の違いで、他のブラウザが使われなくなる日も近いかもしれませんね。

詳細
3.Sep, 2008

ベトナムの祝日

日本からホーチミンに帰ってくると毎回思う。 空港の到着出口から出ると、 人 多っ! 何で、こんなに毎晩毎晩、人が行列のようにいるのかわかりません。 成田だったら、誰か芸能人でも出てくるんじゃないか?といわんばかりの人だかりです。 今度、空港使うときは写真でも取って、その多さをお伝えしなきゃ。 そして、タクシーに乗ると、 バイク、多っ! まぁ、10秒くらいで直ぐ慣れるんですがね。 そんなこんなで、今日からまたホーチミンで頑張っていこうと思うのですが、明日は今年最後の国民の祝日です。 これが終わると正月までありません。 せっかくなので、ベトナムの祝日を整理しておきます。 1月1日:新暦の正月 1月~2月の3日間:テト 旧正月 (※旧暦のため毎年変わります。) 4月15日:フンヴォン記念日 4月30日:南ベトナム開放記念日※サイゴン陥落した戦勝記念の南部解放日 5月1日:メーデー労働感謝日 9月2日:ベトナム社会主義共和国建国記念日 うーーーむ・・・合計で8日間です。 しかも、そのほとんどが1月~5月1日までに固まってます。 イメージで言うと、●が祝日です。 1月● 2月●●● 3月 4月●● 5月● 6月 7月 8月 9月● 10月 11月 12月 なんか、一年の最初の方にテンションが高いことがおおく、後は必死で耐えるみたいな感じですね。

詳細
1.Sep, 2008
Top