課外授業~ようこそ先輩~

我が家の、朝はNHKから始まります。 ホーチミンに来て依頼、NHKの視聴時間が格段に増えています。 結構、NHKの番組で好きなものは多いのですが、今朝見た番組もその中の一つです。 「課外授業~ようこそ先輩~」 この番組は、著名人・スポーツ選手・芸能人・経営者等、各界で活躍されている方が、自分の出身校(小学校か中学校)に出向き、二日間にわたり課外授業を行うというものです。 まだ幼い生徒達を前にしての授業のため、それぞれの先輩方は、自分の成功哲学なるもののエッセンスを凝縮して教えている点がとても、わかりやすくそして本質的だと思うのです。 今日の先輩兼先生は、柔道バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦選手でした。 テーマは、「あきらめない」 どんな状況であっても、常にあきらめないことの重要性。努力することの重要性を説かれていました。 非常に、シンプルで当たり前のことかと思いますが、とても重要なことだと思います。 授業の中で、「スポーツ選手で上を目指す人は、みな努力する。一生懸命にトレーニングして、もう駄目だ。と思ってからの後もう少しの努力がとても大事だ。」ともおっしゃっておりました。 この言葉を聴き、なぜ自分がスポーツで成長しなかったのかを、痛感しました。(反省) このあきらめないという事は、つまり失敗してもそれは成長の過程だということだと思います。 仮に、新規事業にしても既存事業にしても、ある事業が失敗して撤退しなければならないことになったとしても、それはあきらめているのではなく、大きな意味でその失敗を生かして、違う事業に生かし成功するということにもつながると思います。 スポーツ選手だって、年齢的・体力的には限界が到達し、引退しなければなりません。それはあきらめたということにはならないと思います。その経験を活かし、次なるステップに進むと思います。 このあきらめないという言葉は、言葉をそのまま受け取るのではなく、どう捉えるかだと思います。負け戦に対して、あきらめないと固執し、痛手を広げるというのはあきらめないというのではないと思うのです。負けと思ったら、潔く撤退して次に勝てるチャンスが到来するまで、しっかりと準備・計画することがあきらめないということだと思います。 そういう意味では、事業も一緒で、もう駄目だと思ったときに、生き残る道をしっかり地見据えて、どんな状況でも最終的には成果に結びつける執念というものが求められてくるのではないでしょうか? どうしても、弱くなったときには楽なほうに逃げてしまうものです。そんな弱い自分を鍛えなければなりませんね。 どんな状況でも、「あきらめない」精神を大事にし、落ち込んだときには、この言葉を思い出し、前に進もうと改めて思った土曜の朝でした。

詳細
2.Aug, 2008

日本の空港たち

国交相、橋下知事の伊丹空港廃止発言を批判 ことさら、日本は空港に関する国際競争力が激しく低い。 これは、なにも政治的・マクロ経済的なでかい話ではなく、庶民レベルでも感じる。 妻が函館出身のため、函館に行くことが増えた。 しかし、日本の便で変えると ホーチミン→成田→羽田→函館 と、乗り継ぎをしなければならない。 はて、じゃあ関空ならと思いきや、関空の函館便は異常に少ないため、あまり使えない。 だったら、 ホーチミン→仁川(韓国)→函館という、日本の大都市を経由しないほうが安く・便利なことが多いのだ。 国際空港が  東京には、成田と羽田  関西には、関空・伊丹・神戸の3空港が・・・・  名古屋にも、中部空港 かなり近距離に、中途半端な規模の国際空港がたくさんあります。 東京の空港は、空港使用料があまりにも高く、中々中堅クラスのエアラインが乗り入れられない。 成田についても国内の移動がしずらい・・・ なにせ、成田→羽田で最低2時間は移動時間を見なければならない。(交通事情も含めて) 成田と羽田の競争も、結局は利権がらみで、内輪もめの話ばかりで、中々前に進まない。 なぜか、アジア方面だけたしか、2011年くらいから羽田は発着するらしい。話がすべて妥協案のような気がしてならない。 関西の3空港も、結局は地元の利権がらみの話で、3空港が運行している。。。 この際、羽田か成田かどちらでも良いので、取りあえずは、どこでも良いので一つ大きなハブ空港を作る事!!を進めてほしいです。(勝手な気持ちで言えば成田は遠いので、羽田がよいのですが・・・) 利用者からのお願いでもありますね。

詳細
1.Aug, 2008

新しいダイエット方法?

最近、久しぶりに合う人にやたら言われます。 「痩せた?」 特に日本に帰ったりすると、久しぶりに合う人がたくさんいます。 本当に、多くの人に言われるので、半年振りくらいに体重計に乗ってみてびっくり、痩せてました。。。。 なぜか思い返してみると、思い当たる節がありました。 特にベトナム(ホーチミン)での生活というのがかなり関係していますね。 その名もベトナム(ホーチミン)式ダイエットと名づけてみました。  1.一年中夏なので、ずっと汗をかいている。  2.間食をほとんどしなくなった。(おいしいお菓子が少ないし、買いに行きづらい(日本人にとって))  3.昼飯がベトナム食のため、量が少ない。 痩せたい人はベトナムに来るといいかもしれません! 普通に毎日ビールや酒を好きなだけ飲んでいて、3kg位やせて現在57kg前後です。なんかこんなこと書くと、世の女性から、いやみに聞こえるかもしれませんが、本当に自分の場合は痩せたくないんですよね。 ベスト体重を維持することが大事ですから。(ちなみに自分のベスト体重は60kgだと勝手に思っている。) うーむ・・・ 特に体に異常は無いので、問題は無いのかもしれないが、体力が落ちるのがいやなので、スポーツや筋トレして、筋肉を付け直して、体重をアップしなければ・・・ 痩せすぎも太りすぎもよくない(特に痩せすぎているわけではないですが)。 常に健康の事は意識しなければならないですね。

詳細
31.Jul, 2008

ビジネスプランは必要なのか?

インフィニティ・ベンチャーズ小林雅のBlog ビジネスプランの考え方  ベンチャー企業の場合、「ビジネスプラン」なるものを書けとアドバイスされたり、ベンチャーキャピタルから要求される。 ビジネスプランの雛形なるものがあり、それを見ながら書いていくのが一般的だ。  ビジョンとか、製品・サービスとか市場とか、競争環境とか、マネジメントチームとか、業績目標とか、いろいろだ。 そして、投資するベンチャーキャピタルは、だいたい、ビジネスプラン通りに進んでいるのか?というチェックをしたりするものだ。 ビジネスプランは不要だとまではいわないが、 実際のところ、役に立っているのだろうか? たとえば、 DeNAさんにしても最初はオークションビジネスであったが、現在はモバゲーを中心とするモバイル事業が主力になっている。 GREEに関してはもPCのSNSだったが、今となってモバイルのエンタメサービス&コミュニティとなっている。  両者の特徴は、当初のビジネスにはDeNAさんはヤフーや楽天、GREEはミクシィといった強力なライバルが存在していたが、苦しみながら、強固な組織をつくり、 モバイル事業で飛躍した という共通点がある。 モバイル事業という点を注目を集めるいるが、重要な点としては組織力の高さだ。 GREEの田中さんがよく話すことだが、 良いサービスをつくるには良い会社・組織を作らなければいけないということを言う。 まさにDeNAやGREEはその点を実践してきた といってもよい。ネット業界だけでなく、ワークスアプリケーションズのようなソフト開発会社でも同じだった。 話をもとにもどすると、”ビジネスプラン”なるものには、組織のところは経営チームの略歴とか、組織図とか、人員計画みたいなものしかない。  良い会社を作る、組織を作るといった点が重要であるが、 フォーマットにこだわりすぎている。 結局、サービスにしても、戦略にして、結局 誰がやるのか?という点がベンチャーにとっては重要だ。 リソースがないのがベンチャーであり、 まずはリソースとか組織とか、そちらから発想する必要がある。   このブログを読んでいて、やっぱりそうだなぁとおもいました。 起業するときによくビジネスプランを作ることの重要性を説かれます。 ビジネスプランが無ければ、人に説明できないし・投資家から出資や金融機関から有志もうけれられません。そういう意味では必要なのですが、ビジネスプランはあくまでも書類というか、現在できる事をまとめただけのものであり、ビジネスプランありきでビジネスは進まないということを起業を志す人には特に理解してもらいたい。 会社を始めるとビジネスプランどおりには行かないし、今考えられることなんてのはたかが知れているわけで、はじめてから、以下に死なずにPDCAを回していけるかがポイントになると思う。 そういう意味では、本当はアイディアやビジネスプランなんて、それ自体では二束三文。 重要なのは、  ①そこに、顧客がいて  ②それを提供できる人がいるか 特にスタートアップは、この二点を強く意識することが一番重要だと思う。 最初に紹介したブログには顧客の話が出てこないが、私はこの①顧客(=マーケット)②サービス(を提供する人)という2点を強く意識し続けることが経営にとって、最も重要なことだと思う。 後は、この2点を解決するために必要となってくる課題である。ビジョンや理念なるものも、実はこの①と②にかなり依存しているわけであって、ビジョンがあるから①・②があるのではない。世の中に書かれている起業養成系の書籍やコースには、「起業するためには、社会に必要とされる理由がなければならない。だからこそ理念やミッションが必要」といわれても、何もアイディアなんか沸いてこないし、そういう視点で書かれたビジネスプランなんてものは、生きてないと思う。つまり、意味が無いということですね。 これは起業だけではなく、起業後経営していく中で、より①と②の重要性を感じるのですね。(もちろん、大前提としては起業家精神が自分にあるかどうかを問う必要はありますがね。) あくまでも、ビジネスプランは、人に説明するためのツールでしかないと思います。重要な事は①と②では無いでしょうか?

詳細
30.Jul, 2008

Google依存?

最近、特にGoogle依存になっている気がしてならない。Googleはとても便利であるし、ユーザビリティーを考えても、競合サイトより便利なことが多い。 以下自分が利用しているGoogleのサービス 利用頻度が高いサービス(ほぼ毎日) Google: 検索サイト。いわずと知れたメインサービス Igoogle: 自分専用Google。ガジェットを画面上に出せるので便利です。 Gmail: 最近、Hotmail等の先行企業のウェブメールがGmailに似てきている気がする。 Google カレンダー: ベンチャー企業にとってはかなり便利な共有スケジュール機能がありがたい。 週に2、3度の利用 Google Map:日本に帰ったときは間違いなく毎日使いますね Google Group:簡易的なグループウェアとして利用できますね。          社員が10名未満くらいのスモールビジネスにとっては、かなり優れもの youtube:これも一応Googleグループですね。 上記で書いたものは、かなり便利で使い勝手の良いもののみです。 Google、恐るべし・・・ なんか、ここまで来ると、出来れば違う競合他社のウェブサービスを利用しようと思ってきてしまうな・・・

詳細
29.Jul, 2008
Top