社員を駅伝型からサッカー型(バンド型)へ

何か物事を解決したり構築する時というのは、基本は一点突破しか無いと思います。やるべき事、解決すべき事に優先順位付けし、ターゲットを設定し一極集中させる。例えば、自分の受験勉強の時の話しをすると、高校の頃、中堅の進学校の特進クラスに通っていました。県下でいう、いわゆる普通の進学校です。学年で20人~30人ぐらいが上位の国公立大学(7帝大クラス)に現役で合格する感じです。はっきりといえば、ぼちぼちの感じの学校です。その中で自分は、部活動に精を出してました。元来あまりめちゃめちゃ勉強ができるタイプではない上に、部活動に精を出してしまったためも有り、成績は決して芳しいものではありませんでした。はっきりと告白すると、高校3生に上がった時の自分の偏差値は、5教科平均で50あるかないかでした。現役で自分が入りたいと思う大学に学力が圧倒的に足りてない状態でした。私立中学に入れられてコストを掛けられた身として、自分は以下の条件を課しました。条件 「現役で合格する。」:納期設定 「志望大学の設定」:ターゲットの絞込みこのターゲットを絞り込んだ段階で、やるべき事が見えてきました。その大学は、英語の配点が高く、またその学部系は英語がとにかく配点が高い。もっと言うと、大学受験に於いて英語を制しないと、かなり不利になるということが分かって来ました。ここでやるべきことが見えてきました。「とにかく英語の偏差値だけは絶対に死ぬ気で上げる。」細かい勉強法はここでは割愛しますが、その目標設定通り1年後の受験直前には、英語の偏差値が平均して60-65くらいには出るようになっていたと思います。大した話ではありませんが、なんとかそのとおりになり第一志望の大学には結果的には入学できませんでしたが、それに近いところまでレベルを上げることができました。これが、既に英語のレベルが高く、それほど集中しなくて良い人にとってはこの戦略は意味をなしません。自分のあの頃のレベル、元々自分のオツムの程度、志望大学の試験比率の傾向をモトに、必要最低限の労力で効果を発揮するため(=受験に合格するため)に編み出した選択と集中でした。ということで、ビジネスの立ち上げ方も似ていると思います。<ステージ1 選択と集中>弊社の事業であれば、人材紹介という事業にリソースをすべて割きました。ベトナムで日系企業に人材を紹介するということに一点突破することで、多少なりとも付加価値の高い(と信じてます。)サービスを提供する事ができ安くなります。なんせそればっかりやってますので、人よりはそのことに詳しくなったり、サービスが出来る体制が整いますね。いわゆる弱者の戦略です。この時の人材のタイプというのは、スポーツで例えるなら駅伝です。ほとんどの社員が、同質の業務を行うことで、生産性が高くなります。問題点や成功要因の洗い出しが用意になります。また、一人がダメでも別の一人がバックアップできたりします。事業全体の売上は非常に偏りがありリスクは高い状態ですが、それでも高収益の企業が作りやすいですね。駅伝のように一つの手綱をみんなでつなぎ、ゴールテープを切るという目標のためにひたすら前に進むイメージです。<ステージ2 事業拡大>ただ、選択と集中をし過ぎると長期的にはリスクが高い上に、ひとつの事業が爆発的に儲かることなんて滅多にないと思います。言うならばGoogleやFacebookを狙ってできるほど世の中は甘く無いですね。事業というのは選択と集中をすると、大体がニッチになります。ニッチ過ぎるとそんなに大きくなりづらいものです。では、どうするかというとシーズとニーズを考え、小さい事業をどんどん産んでいく必要があると思います。このコストバランスや、行くか行かないかの決断はまさに経営者の腕の見せ所なのですね。この事業拡大時期に入ると決めると、社内の人材が一気に多角化していきます。これまでアウトソースしていた機能を社内に取り込で行くことも重なるかもしれません。今まではほとんど同じようなことばかりしていたのに、人によってはやることが全く変わってきます。スポーツで言うと、サッカーや野球などの総合球技ですね。もしくは音楽で言うとバンドある人はゴールを守るゴールキーパー。ある人は、中盤の底でパスの出し手を封じるボランチ。ある人は攻撃の起点となる攻撃的MF。ある人は皆がつないでくれたボールを決めるFW。どれも大事な役割だけど、一人ひとりの役割が違う。うちで言うとこんな感じです。 ■「駅伝型」今まで  人材コンサルタント一本の社員構成 ↓ ■「サッカー型」これから  ・人材コンサルタント  ・総務(専属)  ・経理(アウトソースしていたものを内製化)  ・マーケティング担当  ・サービスオペレーション担当  ・SEO担当  ・ITエンジニア  ・営業専属担当  上記のように人材の種類が増えていってる最中です。このように人材が多角化し始めると、次に来る問題がマネジメントです。今までマネジメントしたことがない相手に対して、自分自身がマネジメントをしなければならない。ここで適当にマネジメントをしては、その社員のためにもならないし、会社の成長の芽を積んでしまいます。じゃあどうするかというと、方法論として幾つかしかなりです。 1.役員または同等クラスにその道の人を入れる。⇒利益率は下がるがより拡大を目指す。 2.自分がマネジメントできるぐらい知識を増やす。⇒限界はありますが常套手段。 よく、経営者に成るためには自分ができなくても人を使えば良いという話がありますよね。例えば外国語ができなくても通訳を雇えばいいじゃんみたいな。これは半分正解で半分不正解だと思います。全ての専門家を雇えるほど、ベンチャーに余裕はないし、ある程度自分自身もそのことに精通していなければ機会ロスしたりマネジメントをしっかりできない可能性が高いです。やはり、順場で言うと上記の2をまずはじめるという気概を経営者は持たなければならないと思います。2をしながら会社を成長させていき、1の手も打つというのが王道ではないでしょうか?なので、自分も現在、上記の新しいことを勉強している最中です。マネジメント出来る状態まで上げていきます!!という自分への備忘録でした。

詳細
4.May, 2012

ベトナムIT人材向け求人媒体「ItWorks!」のリリース

昨日、ベトナムでのIT人材向け求人媒体ItWorks!をリリースしました。ItWorks!は人材紹介サービスではなく、求人媒体です。特にIT企業やIT人材を探すその他の企業様に使っていただくための求人媒体です。まだまだリリースしたと入ってもベータ版でコンテンツや求人のアップ、機能面やユーザービリティーの改善をガンガンにしていきます。ベトナムの求人・採用マーケットは、黎明期であり様々なニーズを満たすサービスは少ないのが現状です。特に、IT産業は、ベトナムが国をあげて取り組んでいる産業で、外国企業の誘致だけでなく、全国の大学にIT学部又はIT学科を設置しています。特に昨今は、外資系企業の新規進出が相次ぎ人材採用がこれまで以上に難しくなってきてます。そんな需要に応えようと今回、媒体をリリースしました。6月30日までは無料で求人を投稿できるようにしております。既に、NNAさんや時事通信さんにも今朝のニュース速報で取り上げていただいております。その他メディアさんにも随時取り上げて貰う予定。今後も新規事業の手は緩めずに行きます。(関係ないことはしませんがね。)以下プレスリリースより抜粋ICONIC Co.,Ltd.(本社:ベトナムホーチミン市、代表取締役社長:安倉宏明)は、ベトナム人ITエンジニア向けの求人に専門特化した新しい求人サイト「It Works!」(www.itworks.vn)での求人サービスを、本日、2012年4月24日より開始したことをお知らせ致します。◆ ◆ ◆ ◆『 It Works!』とは?『It Works!』はベトナム人IT人材とベトナム人IT人材を採用したい世界中のIT企業とをマッチングするIT産業に専門特化した求人サイトです。本サービスの特徴は、IT産業に専門特化することで、企業側・求職者側双方にとってより効率的かつコストパフォーマンスの高いマッチングサービスが提供できる点です。ベトナム人IT関連人材のコミュニティの中に「IT業界での就職・転職ならIt Works!をチェックする」という行動様式を定番化させます。   「求職者向けトップページ」            「企業向けトップページ」◆『It Works!』でできること>>求職者向けサービス① ベトナム人IT人材の求人サーチ② レジュメの登録③ 「成功する就職・転職活動の秘訣(Employment Tips)」による就転職アドバイス>>求人企業向けサービス① ベトナム人IT人材の求人登録② ベトナム人IT人材のレジュメサーチ現在、サイトオープン記念プロモーションを開催中にて、2012年6月30日までIT企業からのベトナム人IT求人の登録を無料で受け付けています。詳細は以下のリンクをご確認ください。  ⇒ http://www.itworks.vn/company/◆『It Works!』が目指すこと① 短期的には、初年度の登録IT人材数24000人、登録IT求人数430件を達成すること。② 中期的には、べトナム人IT人材コミュニティに「IT業界での仕事ならIt Works!で探す」という行動様式を定番化させること。③ 長期的には、ベトナムのIT産業の振興に、人材配置の効率化の面から資すること。

詳細
25.Apr, 2012

人に厳しく、自分にも厳しく。

よくある言葉フレーズを考えてみる。前提として事業家やリーダーを目指す人に対する話し。「人に優しく、自分に厳しく。」人格者のあるべき姿のような言葉ですね。多分事業をしていく上では、これはだめだと思ってます。というか、ほんとうの意味で人に優しく、自分に厳しくできるほどの人格があればいいとは思うのですが、一般的な人が目指すべき姿ではないと思う。多分、普通の人にはどんなに目指しても、自分に厳しく、指導力もあり、ビジョンを指し示した上で、人に優しくできるほど人格は持ってないですよね。この言葉の意味する所は、人に優しくできてかつ、自分にも厳しくできるなんて素晴らしい人だ。あぁあの人にしたがって一生ついていこう!この人についていくためには自分により厳しくならなければならない!と相手に思ってもらえることが超理想形。これはあくまでも理想形で、現実的に目指すべき姿ではない気がするんですね。目指すのであれば生涯のテーマぐらい険しいハードルだと思う。「人に厳しく、自分にも厳しく。」現実的には、人に厳しくすることで自分も厳しくあろうという所ではないでしょうか?というよりもむしろ、組織で事業を行なっていく上では、人に厳しくできないとクオリティーの高いものや、速いスピードで事業展開などできないと思う。誰かが、腹くくって責任取るからお前らもやろうぜ的な感じにしないと、なぁなぁになってしまう。もちろん、楽しく仕事をしたり和気あいあいとやることはできるけど、それと厳しさとは両立するもの。和気あいあいとやっているけど、実はその奥にものすごいプロ意識があったりする人はたくさんいますよね。個人個人で考えた時には、自分に厳しい人も甘い人もたくさんいる。チームで考えた場合には、個人と個人が集まった集合的な感覚というのが生まれるわけですね。そこで、リーダーはやっぱり人に厳しくできないとダメですね。チームの感覚が厳しくならないと、良い物出来無いですよね。あとは、その厳しさをどのレベルで持ってくるかがマネジメントだと思う。

詳細
6.Apr, 2012

「人」と「仕組み」

社員が20名を超えて更に採用を続けてます。まだまだ小さいですが、最近ではもっぱら自分がやることよりも、如何にスタッフがやってうまくいくための方法論を常に考えてます。人材ビジネスをやっていてなんですが、つくづく思うのがやっぱり「人」だということです。会社を成長させていく上で2つのジレンマが発生します。1.属人的に頼らず仕組み化する。2.良い人材が良いビジネスを作る。1.属人的に頼らず仕組み化する。マンパワーで稼いでいくうちは生産性も低く、また無理がきやすい。稼ぐモデルを仕組み化したり、人が変わっても儲かる仕組みを作らなければならない。良いビジネスモデルや差別化された商品や、生産性の高いマネジメントがなければ、継続的な成長というのは達成し得ない。2.良い人材が良いビジネスを作る。当然企業活動というのは、競争であり、その競争に勝つためには良い人材が良い仕事をしてくれたほうがそのぶん勝つ確率は上がる。したがって、企業は良い人材を採用するためにお金を投資する。主体性を発揮して自ら物事を改善したり、創り上げていく人材が多い組織と、最低限のことで満足する組織とでは当然差が出ます。上記の2つの視点は、どちらも正しいので、当然両方共に達成しなければならない相反するターゲットとなります。ただ、これは鶏が先か卵が先かの話に似ていると感じてます。どちらもいい感じにバランスを取りながらターゲットを当てていく必要がありますね。良い仕組みを作るためには良い人材が居なければ達成しないし、良い人材を集めるためには魅力のある成長する会社でなければならない。一般的には、小さい企業の際には、起業家自らにロイヤリティーを持った人材が集まり、その人達が優秀であれば競争優位性のある商品やサービスを作り出すことができやすく成る。そのために、起業家は夢を語りビジョンを語ると同時に、それが達成した暁にはモチベーションが上がる仕組みを用意する。これは言うは易し、行うは難しですね。でもやらなければならないわけですよ。ということで、自分の場合も当然上記2つの問題は常に抱えてきました。そもそも自分は人にうまい感じで振るのが苦手。自分で何でもやろうとしてしまいうまく行かずに進まない。なので、自分の場合は、我慢して人に振るところからスタートしました。勇気を持って振るって感じですね。そんなことの繰り返しを半年間ぐらいしてきた所、一年前と今と比較してみると自分の業務の内容が変わっていることに最近気づきました。当然現場の仕事はまだ続けてますが、いつのまにやら新しい事やら仕組み面の仕事をするようになってました。そういった日々の行動レベルから帰ることで結果も変わっていくというのを身をもって感じました。自分自身ができる業務量というのは当たり前ですが限界があるわけです。事業家にと求められる一番大事な仕事は、以下の2つに集約させられるのではないでしょうか?「新しい仕事を創る。又は新しい仕事を創る仕組みを創る。」「決断する。特に課題や問題に対して」もちろん上記を達成するためにビジョンを語ったりミッションを整理したりしますが、業務的にはこの2つだと思います。

詳細
5.Apr, 2012

インターン生奮闘中

毎年恒例となりつつある日本人インターン生が今年もやってきてくれました。自分の後輩でもある関西学院大学から5名の若者がベトナムの地で奮闘してくれてます。・ホーチミンに3名・ハノイに2名大事な春休みの40日間をうちのインターンに捧げてくれてます。Teaching is Learning.人に教える過程でこちらが気づくことが多いものです。普段学生とあまり触れ合うこともないのですが、彼らが感じる疑問や質問に応えることで学ぶことが多いと改めて感じます。社員にとっても刺激になるし、お互いにとっても良いこと。ただ、甘い考え方やダメだしはいつもするので、中にはマジで涙をながすこともありますがね。お互い本気でぶつかり合ってともに成長しましょう。写真は、ホーチミンの3人。ハノイの二人は明後日会いましょう!

詳細
21.Feb, 2012
Top