パートナーとは

以前からのブログで、何度かパートナーということに触れてみたが、もう一度考え直してみる。途上国でビジネスをするためには、その筋に詳しい現地パートナーがいなければ出来ないという人が多い。 「うん。確かにそうかもしれませんね。」と最初は思っていた。翻って、途上国でビジネスをする人は概して、そのパートナーがポイントとなって波状するケースが多い。 これは何を意味しているかというと、ビジネスを続けていく上では、何らかのKFS(成功要因)が必要である。それは、地域性や値段が安いとか、スモールビジネスがゆえに細かいところまでサポートしてくれるとか、小さいKFSから大きなものまで様々だ。 しかしながら、失敗する多くの例を見てみると、その現地パートナーに多くの部分のKFSを持っていかれている空かなと思うのです。多くの面倒くさいことを、全部ベトナム人パートナーに任せてしまうということも含めてですね。 最近、少しずつ、パートナーというか協力者という物に対する考え方が少ずつ固まってきました。当たり前の結論なのですが、自分自身が利用されるに値する人間にならければ、良いパートナーというのは見つけることは出来ない。 つまり、自分自身が自立・自律して、何らかのメリットを与えられる人間になってから初めてパートナーを見つけるというステージに立つのではないのだろうか?良いパートナーがいないとお悩みの方は(まだまだ自分も含めてですが)、まずは自分自身がその利用されるに値するレベルまで必死に上げることが先決だと思う。 そんなことをしていると、自然に周りにいた人が、本当の意味で協力関係を築くことが出来るのではないか?パートナーとは、ビジネスだけでなくプライベートにも当てはまると思う。人間の力なんて、結局は限界があるわけだし、その一人の力を最大限に引き出すためには、やはり能力のある人とのコラボレーションが必要ですよね。 だけど、最初から能力ある人や自分にとって都合のよい人ばかりを探そうとすると、これが本末転倒になってしまい、結果としてよいパートナーを獲得することが出来ないという状態に陥る。 手順にしてみると ①利用される人間になるステージ  自分自身の強みを伸ばす。人が持っていない知識を持つ。真っ当な事業を始める等々 ②協力者が少しずつあられるステージ  自然に、色々な人と出会うようになるまたは、出会ったらそういったお互いの情報を補完しようとしあう。  こうなっても、あせって、おいしい話に飛びついては駄目ですね。あくまで自然体として、振舞うことが肝心かなと思います。 ③パートナーになっているステージ  役割や要素に分けてパートナー的に結ばれている状態が作れる。 ④パートナーと相乗効果を高め、自分自身がもっと利用されるステージ   ①~③をサイクルのようにぐるぐる回っていけることが理想ですね。 自分自身が忘れないための備忘録でした。

詳細
14.Jun, 2008

意思決定って

意思決定をすることがなんと多いことかと感じる。 慎重かつ大胆にとは、経営するうえで誰かが言った格言。慎重にならなければ、ベンチャーは直ぐ波状する。大胆さが無ければ、成長はしない。 スピーディーな意思決定が重要だともどこかで聞いた経営論。わかっているが、先延ばしにしたくもなる。意思決定の責任を誰の責任でもなく、自分の責任であるという意味をわかり始めている今日この頃。 ここで、H20の「想い出がいっぱい」の中の一節から、、大人の階段のぼる~♪君はまだシンデレラさ~♪ 何か経営者という大人の階段に登っているような気もしている今日この頃

詳細
12.Jun, 2008

最近の睡眠

最近、結構寝ている気がする。(最近といても先週末から機能までだが。)家に帰ってきてご飯を食べて、そのままぐっすり。。 だいたい10時から10時30分くらいまでには床についている気がする。起きるのが6時から6時30分だから、毎日8時間くらいはちゃんと寝ている計算になる。 だからかもしれないが、なんとなく体の調子が良い。働く女性の代表格である勝間和代さんもおっしゃっていました。適切な睡眠は、知的生産性を上げるってね。狙っていなかったが、結果的に最近実践中だ。 確かに、ちゃんと睡眠をとったほうが、頭がさえるし、良いアイディアも出てくる気がする。それよりももっと良いのが、精神状態が整えやすいということだと思う。 心技体のコントロールは、知的生産性や会社経営にとって重要だと思う。もちろん、無理してでも乗り越えなければいけない壁が定期的にやってくるのは、起業や経営にとっては必至だ。そんな時は、もしかしたら睡眠時間を削ってでもやらなければならないときがあるのかもしれないが、それは最後の手段。基本的には、そんな無理をいかにしなくて、成長できるか?を考えて実践することが重要。 しかし、無駄な作業や無意味な夜更かしを続けていると、だんだんとボディーブローのように重要なことをないがしろにしていく体制が整われていく気がする。 朝から寝ることを考えているのはどうかと思うが、睡眠はとても重要であるという本日の気づきでした。

詳細
10.Jun, 2008

アウトプットと考える時間のバランス

考える時間とアウトプットを出す時間。ほっておくと、どちらかに偏ってしまうと感じる今日この頃。社長たるもの次なる戦略や方針などを考える時間は必須なのですが、アーリーステージの企業にとってはアウトプットを出さなければ稼げません。 このバランスがとても大事ですね。考える時間といっても、一人で考えることが多くなっているので、どうしても途中でぐちゃぐちゃーっとしたらいつの間にか違うことを考えている。という状況が・・・・・・ これは良くない!ということで、出来る限り外部協力者などにも自分の考えを話し、PDCAをまわさなければならない。しっかりと仮説を立案し検証すると言うことを繰り返さなければならない! そのためには、アウトプットも大事になってくるのだ!今週は、このバランスが取れていなかった気がする。来週への反省です。 何をするかは秘密ですが、来週はアウトプットと考える時間のバランスを取るべく、まずはアウトプットを出しまくる週にします!

詳細
7.Jun, 2008

ベトナムに襲い掛かる通貨危機説

ベトナム通貨危機説なるものが流布し始めている。1997年にタイから始まった通貨危機の再来との事だ。 それらに対して、野村證券、モーガンスタンレー、ゴールドマンサックスが独自調査の元レポートをこの1週間で発表しております。3社の発表をまとめてみると、 野村證券 楽観論 ゴールドマンサックスレポート記事 わりと楽観論 http://www.cpv.org.vn/english/vietnaminforeignereyes/details.asp?topic=107&subtopic=213&ID=BT560873734 野村證券とゴールドマンの調査していている切り口は、大方一緒でした。結論としては、通貨危機は起きないだろうというものです。 1.投資におけるFDIとODAの割合が大きい点で、投機対象としての資金は相対的に多くない。 2.為替安定のための外貨準備高もある。 3.対外債務も1997年時のタイに比べて少ない。 4.為替安定化のために政府が切り下げを行う可能性が低い。 モーガンスタンレー 超悲観論 なんかもう、明日にでも暴落します!といわんばかりのレポートです。ざっと目を通しただけなので詳しく読んでいないのですが、急激にベトナムドンの価値は半分くらいに落ちるだろうといっています。 もし本当に、通貨危機が起きてしまったらもちろん打撃を受けますが、致命傷とならないためのリスクヘッジが必要ですね。通貨危機にならない事を祈りましょう!

詳細
6.Jun, 2008
Top