明るさと笑顔

明るい性格や笑顔というのは大事だと、改めて思った。中村天風の言葉で、「苦しいときほど、笑いなさい。」というのは、真髄を得ている言葉だと思う。今が、特段と本当に厳しい時ではないが、事業を立ち上げるときというのは、うまくいかない事や前に進まないことが多い。 昨日、入社してくれた子は、笑顔がとても素敵だ。初めてのなれない仕事に対しても、笑顔を絶やさない。「口では、いきなりとても疲れました!」それでも、なぜか好印象だ。こういった印象を与えられるということはそれだけで価値である。まだ二日目だが、彼女を雇った事が正解だと早くも思った。 話は変わるが、自分はとても短気な性格です。今まで、自分では、この短気な性格は自分の持ち味だから仕方が無いと思っていた。この短気さが情熱の裏返しでもあるとさえ。だから短気を直す気もなく、直せることはないと思っていた。 しかし、最近違うと思ってきた。短気と情熱は違うと。小さいことでイラッと来た瞬間、一呼吸を置いて、あえて口を開かない。それをするだけで、最近大分変わってきたと思う。そして、そういった時でもなるべく笑顔を作ろうと努力する。それだけで、何か自分の中でも変わってきた。少しずつだけど、何か良い方向に進んでいる気がする。例えば、議論をしていても、相手とまったく違う意見の時に、冷静に自分の意見を主張できる。そうすると、相手も少しは聞く耳を持ってくれるといったこと。問題の解決の糸口が見えずに、悶々としていても、あえて笑顔にすることで、問題を客観視できたりする。 普通は、ここで話が終わりそうですが、まだ続きます。 この短気を本気で直そうと思ったことには、理由があります。それは、ある人を変えたいと思ったからです。たいした話ではないのですが、その人の悪い点を直すためには、自分の悪い点も直さなければ、相手に伝わらないと思ったのです。口であれしろ!これしろ!では動かないと思うのです。もちろん、自分の中にある情熱は、今までより大きくしていきます。 多分、逆説的になりますが、本質的には自分は死ぬまで短気だと思います。けど、このことを意識しているかしていないかで、人生の豊かさや実現度は大きく変わりそうな気がしています。

詳細
27.May, 2008

新入社員~ベトナム人の就職~

今日、また一人わが社に新しいスタッフがやってきてくれた。日本とは違い、ベトナムでは新卒でもベンチャーに入るのは普通。というか、日本で言う新卒という概念がない。欧米もそうだが、日本のような就職活動をしている国はかなり特殊なのではないだろうか?大学生の3年生のうちに、就職活動をスタートして、4年生の頭には多くの学生が内定をもらう。後は、大学生活自体が余暇。というパターンは往々にしてある。 日本の新卒の就職活動の良さは、自分のことを見つめるきっかけとなるためにあながち悪くは無い。自分も含めてだけど、日本企業は経験やスキルよりも、その人の性格や考え方や志向性を重視する。だから、就職活動では自分を見続けなければならない。そして第1社目に入る会社が、当人にとって影響力が高いと言われていることから、学生自体も真剣に会社選びをする。大学生のうちから就職活動をすることが良いことだとは思わないけど、こういった本気の向き合いが要求されるのは良いことだと思う。 翻ってベトナムは、転職が当たり前の社会です。給料やオフィスの立地が少し違うだけでもすぐに転職してしまいます。まだまだ、会社を選ぶということがどういうことか、わかっている人は多くないように思えます。みんな、急激に成長するベトナム社会で、売り手市場の人材市場の中で、地に足が着いていない人も多いようです。この点に関しては、まだまだ知見を深めてから、自分の考えをまとめなければならないので、今日は触れません。(既に、言いたいことはたくさんありますが、、) ただ、一つ言えることは、こういった転職が横行する社会でも、一人ひとりの社員と真剣に向き合い、彼らの成長と企業の成長のベクトルをそろえてやる必要があると思います。せっかく選んで働いてくれる社員とともに成長したいと思っています。大変なことですが、一つ一つ向き合っていきます。

詳細
26.May, 2008

大変でした。Vietnam Singapole Industrial Park

に行ってきました。ホーチミン均衡のBinhDuong省にある、ベトナム有数の工業団地の一つ。 ベトナムシンガポール工業団地(VSIP)って、知らない人からしたら意味がわからないネーミングですが、シンガポール系の資本が入っているので、こういった名前になったみたいです。三菱商事の資本も入っているようで、日系企業もたくさん入ってます。VSIPはもう既に満杯で、VSIP2という二番目の工業団地が今では、お勧めの工業団地のようです。 さて、今日はそんなベトナムビジネスの知識よりも、伝えたいことがあります。 「疲れました・・・・・行くのに。」 ホーチミン均衡に既に土地勘のある私は、知らない場所もいけるだろうとなめてかかってました。事もあろうか、うる覚えの昔行った工業団地に、せっせとバイクで向ったのです。日本人で工業団地に市内からバイクで行く人はほとんどいません。 タクシーで行こうとも思ったのですが、いつもバイクを乗っている自分は、なぜかバイクでいけると判断してしまったのです。そして、後から見てしったのですが、ホーチミン市内から見て45度くらい逆方向のドンナイ省に向ってました。途中で何かちがうなーと、野生の感が働き、そこから路上にいるベトナム人に10人くらい聞きまくりながら、たどり着きました。。。。(みんな親切に教えてくれるところがベトナム人の良いところ。) アポイントまでにかなり時間をもらっていたのに、少し遅れてしまい反省です。(申し訳ございませんでした。)なにせ、出発してから2時間もかかってしまったのです。。。。本当なら45分くらいでいけるところを。。。そのため昼も抜きでした。はらへったーーーー そして、大通りをバイクで走っていると、ものすごく砂埃をかぶります。そのことを今日知りました。お客さんの会社に着くなり即効で、トイレに行き、手と顔を洗うとありえないくらいの色で水が流れていくわけです。びっくりするくらい砂埃にまみれてました。 そんなこんなで、帰ってきてこのブログを書きながら、何かすごい冒険をした気分の今日一日でした。

詳細
23.May, 2008

「効率が10倍アップする新・知的生産術-自分をグーグル化する方法」

「効率が10倍アップする新・知的生産術-自分をグーグル化させる方法」 勝間和代 ダイヤモンド社最近、働く 女性で知らない人はいないというくらい有名になってきてる感がある著者。日本ではこの人の本が大量に売ってますよね。妻が先日、日本に帰った時に、非常に単純な彼女は、感化されて勝間さんの本を6~7冊買って帰ってきました。その中の1冊です。 今回の書籍レビューは、この本を読んで自分自身が実行すると決めた走り書きメモをアップします。 以下、 <実行することリスト> Gmailにすべての情報を集約する。 →気づいたことのメモや仕事のやり取りにGmailをBCC・転送する状態にしておく。 Gmailで二重化(サーバーとローカル) アウトプット力を高める  →本を書くことを目指す。 生活習慣を改める。 →隙間時間の利用→オーディオブックを聞きながら通勤するなど。 →寝る前のストレッチ →定期的な運動→心身ともに健康な状態にする。 人脈術 →Give5乗の法則→与えれば与えるほど返ってくる。 →コミュニティ・メーリングリストを利用して情報発信 メールの書き方 受動的に相手に対して返事を書くのではなく、普段の気づきの中で、このことを相手に教えてあげれば相手のためになるかもしれないということを織り交ぜる。 情報の整理術 本質的な情報にたどり着く方法 1. 簡略化 2. 階層化 3. フレームワーク化 →ピラミッドストラクチャー →要素分解をする。Aという情報をa,b,cに分けてそれぞれをa’b’c’のように分ける →MECE  →もれなく、重なり無くという概念 空・雨・傘の話 情報には、空(客観的事実) 雨(客観的事実を受けての解釈) 傘(解釈を受けての行動)3種類の情報があるので、これを混同しないこと! 話す前に4つのポイントを意識する。 話す全体像は何か? フレームワークで分解するとどの構造になるのか? 簡略したときに最も重要なメッセージは? メッセージを伝える中で、さらに必要な階層情報は何か? 何よりも、小さな行動から始まる。 <検討案件>  ノートPCを二台持つ   →ノートPCは補助脳  フォトリーディング

詳細
22.May, 2008

起業するということは

先日の香港の和僑会で、とある年商400億円以上まで育て上げられたグループの会長様が、壇上の上からこんな事をおっしゃっておりました。 「起業するということは、それは本当に大変なことです。それは、それは本当に大変なことです。話は少し変わりますが、日本の大企業でトップまで上り詰めて、任期のある経営者に数年すわり、おそらく資産として2~5億円の資産を築くでしょう。こんな事は、ほとんど今まで言ったことがないのですが、、、自分が持っている株式をすべて売ったら○十億円くらいにはなります。起業するということは、こういうことを目指すことだと思うんですよ。起業するのは、それは大変なことです。皆さん、がんばってください!!」 文字で書くと、何かいやらしい感じになってしまいますが、私はこの言葉を聴けてよかったと思っています。何か、ある種のすがすがしさを感じました。お金がすべてであるという意味ではなく、人生をかけてチャレンジし、それぐらい価値(数十億円くらい)のあることを目指しているんだという自信を持ってがんばってくれ!という意味に感じました。 事業を始めると、様々な問題がやってきます。小さなことから大きなことまで。まだはじめたばかりの私は大してそれらの問題の多くには当たってないとは思います。しかし、日々日々起きる課題・問題にクリアするために、トライしているので、非常にありがたい言葉だと思いました。 今日も、一つ朝から問題を解決したけど、そばからもっと大きな問題が押し寄せている。起業するということはこういった問題に対して、クリアしていきながらどんどんと自分の器を大きくしていくことなのかもしれない。 先輩起業家に囲まれながら、襟を正した気分になりました。

詳細
22.May, 2008
Top