ビジネスの始まりって

最近とても思うのだが、ビジネスの始まりは、狙ったものが少ないと思う。 最初はぜんぜん違うものを狙っていたが、トライアンドエラーを繰り返すうちに 当初想定していたものとは、違うものになっていることが多いと思う。 壮大な、ビジネスプランを描くことは、練習にとっては大事だが、 実際は、ビジネスというものはもっと多面的な角度を考えなければならないので 絵に描いたもちは、絵に描いたもちになってしまう。 だからといってビジネスプランを書くことが重要ではないという意味ではない。 だからこそ、設計とかビジネスプランというのは重要だと思う。 ひとつの形に残して、そこから離れていくときに、分析しやすいし、 PDCAをまわしやすいからだ。 最初にこんなことできるんじゃないかな?と思ったものを 試行錯誤する過程でできてくるものだと思う。 ロジックだけで構築したものはえてしてうまくいかない。 狙いすぎる新規事業は大概、うまくいかない。 ヒット商品を狙ってあたる場合は、新規事業のようなリスクが 極端に低いからできるのだと思う。 ただ、新規事業に近い新商品をリリースする場合には、 なんかこう、自分の勝手な思い入れとか、こういう風になる!! って勝手に決め付けて、それを実現する過程で、改善したり、 工夫したりして、何個かに一個当たるというようなイメージ。 前職で、行ってい事業もそんな感じで変遷して言った。 決して、大成功しているわけではないが、ビジネスの成り立ちを あらわすという意味でも面白い。 (知らない人には、かなりわかりずらいが) 4年前、社内で新規事業が立ち上がった。 1.とうふ売り場フランチャイズ事業   とうふ(とうふ関連製品)を酒屋や小売店で売り場を設ける   フランチャイズ事業の開始 2.産地直送売り場フランチャイズ事業   とうふだけでは売り上げに限界があるので、売り場を増やし、   産地直送的な売り場を小売店の一角にしたパッケージを   フランチャイズ展開 3.食品製造直売所フランチャイズ事業    小売店で販売するビジネスモデルに限界を感じ、メーカーの    製造直売所というモデルを思いつく。 かなりキーファクター等は、はしょっているが、現在は3のビジネスモデルに シフトしている。ちなみに、上記のモデルは、世の中の誰もやっていないこと。 こういうことに挑戦すると、本当に頭がおかしくなるくらい、単純なところに 躓いたりする。 エスタブリッシュメント名世界ではないので、本当に試行錯誤で泥臭い。 トライアンドエラーしながら、新しいモデルを思いつき繰り返し行っていく。 ビジネスを作るうえで、重要なことは、ビジネスプランというのは”走りながら”作るものだ。 つまり、走り始めないとビジネスプランは、ビジネスとして生き物にならない。 起業もそうだと思う。 走りながらトライアンドエラーを繰り返して、今までにないサービスや新しいちょっとした 工夫をビジネスにつなげていけるものだと思う。

詳細
20.Dec, 2007

少し早め  2007年の振り返り

今年も残すところ、あと2週間となりました。 早いが、この一年を振り帰ってみよう。 今年の一年を一言で表すと、、、 一杯候補が出てくるな 「右往左往」 「種まき」 「模索」 「探索」  (関係ないが、今年の一年の漢字は、  「偽」っってなんちゅう一年だ。。。) いろいろ、出てくるが、この言葉だと思う。 「準備」 これかの人生に向けての、準備をしていた一年だったと思う。 何か、劇的に物事が動いたというわけでもなく、 前職を退職し、ベトナムに勢いよく乗り込んできた。 しかし、いい意味でも悪い意味でも、物事がさくさくと進むことはなかった。 まぁぁ、かっこよく言うと、「生みの苦しみ?」 成長できた部分も成長できなかった部分も、たくさんある。 自分自身として成長できたと思える点  ・自分でビジネスをしていくという腹がくくれた。  ・何とかなるという部分と何とかするという部分を    両立できそうだという自信  ・起業家の下で実際に働いたことで、学んだ事    →よい点、悪い点がすごく見えた。  ・語学力    英語で営業しているので英語力が少し復活!    ベトナム語は、片言レベル!  ・人と違うことをするということはどういうことかという感覚がつかめてきた。  ・ 成長できなかった点(もしくは、反省点)  ・業務遂行能力    業務面では、マネジメントに加わっていなかったため    非常に腑抜けた部分があった。。。    この点を修正しなくては。  ・PDCA    自身の活動に対して、常に検証することが弱かった。    この点を修正していく。  ・ベトナム語    まったく話せなかったから、多少は成長しているが    着たい水準に達していないので、反省点でもある。    来年こそは、日常会話と簡単なウェブくらいは読めるように    なる! 来年は、プライベートでは一人ではなく、二人になり、    仕事面では、会社を設立する。。。 激動の一年になるのは間違いない。。。。 心してかかるぞ!! そして、もういちど、なぜ自分自身で会社を立ち上げて、 起業するかという部分を整理したいが、、 ここで時間が来たので、次回以降にゆずる。。。

詳細
17.Dec, 2007

最近の行動

現在、私のオフィス機能というのはカフェです。。。 というのも、先月スタートした現在勤めているハノイ支店は、 まだハノイ支店ライセンスの申請が終わっていないため。 なにやら、電話回線やインターネット回線を引けてないのです。 うーむ。 この状況で、ベトナム人のアシスタントもおらず、一人でアポイント をとって営業しろ!と突き放す会社にも多少の怒りを感じつつも 毎日、WIFI(無線LAN)があるカフェに入り浸りながら、仕事をしております。 ものすごくセキュリティー的には、よくないのですが、しかし日本語がわかる 人もほとんどいないので、大丈夫です。 まぁ、僕がやっていることを盗み見られても、大して困らないですしね! ベトナムは、普通のカフェならほとんど、どこでも無線LANが飛んでおり、 意外とインターネットに接続するのは楽。 ただ、アポイントをとるためにたまにコーヒー一杯で一日中、パソコンと電話に 夢中っていうのも、微妙だろうなぁぁ。。。 大きな視点を持ちながら、目先の事もがんばる。 学生のころの、学部の教訓(Think globaly, act localy) これを実践してまいります!

詳細
15.Dec, 2007

ベトナムでのお仕事(現在)

今日は、特別に(!?)現在のお仕事内容をちょこっと公開 1 契約して働いている企業のお仕事    A ベトナム企業に対して広告営業    B  ベトナム企業の情報収集      →主に、毎日新規でアポイントをとって、ベトナム企業に毎日訪問 しまくっております。      →この1年間でもっとも、ベトナム企業に対して訪問した日本人 である自身があります。       400社弱は、新規であっているのではないでしょうか?      このキャッチフレーズは、とても自分の強みになるということを 最近改めて気づく。     やはり、ある程度の成功をするためには、人にはないものを 持つ必要がある。      特に若いと、そういった人にはないものというのがなかなか持ちづらい。     IT企業が、一応この10年で成長できたのも(その多くでたくさん 倒産もしているが)既存事業者が得意出ない部分を、 少しわかっている人が、プロフェッショナル企業として      攻めにせめて、成長している部分がある。      ここで、重要なのが、人より少し知っている部分をどうつくり、 やりながら、’その分野’で、本当にプロフェッショナルに なるかが、重要だと思う。    つまり、最初少し、人より得意でスタートして、人様からお金を 頂戴しながら、もっともっと   専門性が強まり、結果として価値のあるサービスを 追及していくことができる。      自分はとりあえず、ベトナムビジネス(リアルビジネスね!株とか だけじゃない)のプロフェッショナルにとりあえずなろうと 決めたわけ。 これが、人様に多少の価値を提供できる第一歩。 その先には、いろんな構想が広がる。。 あとは、ちゃんと稼ぎながら、その構想にどのように結び付けていくかだ!!!          2 会社設立に向けて  1の経験から生かしたビジネスで会社を設立予定!      どうせやるなら、誰もやっていないことに挑戦したいよね!    ということで、たぶん、まだ誰もやっていないけど、 とてもシンプルなことからビジネスを開始する。      スタートは来年の3月!

詳細
14.Dec, 2007

ビジネスって (ベトナムで会社設立)

ビジネスにおいて、、、  ①お金を儲けること。  ②社会的意義を追求すること。 この二つを同時に追求できた企業が、永続的存続する企業となり、存続するに値する企業になるのではないだろうか? 特に、急成長やスモールビジネスの間は、①に徹してもぜんぜんいいと思うし、 むしろそうでなけば存続できないという面もある。 イメージで言うと、、  最初は①:②の割合が99%;1%でもよいかもしれないが、②の割合をどんどん上げる努力をしなければ、やってて面白くないし、そもそもわざわざ起業する意味さえないと思う。 1に徹しきっているやつがうらやましく見えていた時期もあったけど、(よくそこまで徹底できるなぁぁ。目的がわかりやすくてシンプルで、いいよなぁぁ見たいな感じ)まぁホリエモンや村上さん(村上ファンドの)のような人たちがよい意味で例を示してくれたと思う。 やっぱ、中途半端なエセではだめだと。 おそらく、ロックフェラーやロスチャイルドのような人たちも、金の亡者な面があったと思うけど、おそらく②の部分もたぶんに含んでいたともう。いや、間違いなくそうだと思う。(ちょっと調べてみよう)  ①・②は、  A目先の事  B中長期的な事 こうとも言い換えれるかもしれないなぁぁ 来年の頭に、自分自身の会社を設立する予定だが、当面は、社会低意義を追求する志を持ち、実際に存続できていけるようにするというのが目標。 まずは、ベトナムビジネスの案内人になるべく、会社を興すぞ! 細かい手続きの問題・法律の問題・外人が会社を起こすことによる別途問題などなどたくさん、解決しなければならないことはたくさんある。 取り合えず動かなければ何も始まらない。 しかし、今の身分だと動きにくい部分もたぶんにある・・・ うーーーーむうう。歯がゆいことはたくさんあるが、我慢しなければならないこともたくさんある! 早く動いたほうがいい場面と総合的に判断して我慢する(待つ)場面のバランスも重要そうだ!! あぁぁ、二項対立の話に拡散し始めたぞ! また、会社設立に関しての話は、進めていくたびにアップ予定!

詳細
13.Dec, 2007
Top