ホーチミンに帰ってきた後、バンコクの印象をまとめる

本日、ホーチミンに帰ってきた。 バンコクの印象をまとめておくと、 「東京、大阪、バンコク」といった感じ。 つまり、バンコク市内(近郊も含めて)で日本経済が浸透している。 ITのソフトウェア開発も、日系関連だけで100社あるという。 独立系で一番大きな、ソフトウェア開発会社の社長様を訪問してきたりして 色々と情報を教えてもらった。 ベトナムなどは、ベトナム国内の企業に対しての開発受注などよりも 日本からのオフショア開発を取っていくのが普通。 バンコクに関しては、日系企業@タイに対して、開発している。 つまり、バンコク内で一つの日系経済が出来上がっているのだ。 これは非常に面白い現象だと思う。だからこそ、街全体が日本のような 印象を受けたりもするのだ。 それに、プラスして、物価が思ったほど高くない。 正確な統計によると、ホーチミンよりも安いというから驚く。 なにせ、新卒の給料が平均で2倍も違うのにだ。 (バンコク新卒給料>ホーチミン新卒給料) なんと、住みやすい国なのか!だからなのか、わからないが、ハングリー精神 が足りないともよく聞く。 いやはや、知れば知るほど、面白いぞ!バンコク!

詳細
28.Nov, 2007

レバレッジ勉強 と タイスキ

今日、バンコクに視察するお客さんを迎えに、バンコクの空港へ。 待ち時間に、買ったばかりの、「レバレッジ勉強法」 (本田直之)を読む。 この人の考え方は、すべてのビジネスマンはレバレッジ(てこの原理)をかけて、 物事に取り組めと説いている。 単純な私の脳みそは、これで奮起し「ベトナム語」をマスターすることを心に決める。 今の自分のベトナム語のレベルは、正直言ってカタコト。 ベトナム経済のプロフェッショナルになるためには、ベトナム語くらいビジネスレベルで 使えるようにならなくては話にならない。 やはり、何でも物事を成し遂げようとするには、自分自身に対する投資=勉強が 大事ですね。 改めて、そう感じました。 さて、いまから、お客さんとタイスキを食べに行ってきます。 それでは!

詳細
26.Nov, 2007

海外進出日系企業の留意点として思うこと

引き続き、@バンコク 伊勢丹にある紀伊国屋で、大量に日本の本を買ったぞ! そして、大戸屋で、さばの塩焼き定食。かなり上手かった。。。。 もはや、ここは日本かと思うような感じ。 先週は、バンコクの企業に、協業の可能性を提案しに行き、何か形になりそう。 凄く面白い展開になるかもしれない。 しかしといってはなんだが、今回来ている案件は、自身のビジネスではない。 それでも、よい方向性で進めれそうなのはうれしい。 と、ここまでは前置き、今日書きたかったことは、 日本企業の中でも仕事をしている関係で、非常に思うのだが、 日本企業が現地に進出する場合の留意点として以下のようなことが挙げられる。  ①意思決定経路を日本におく。  ②経営を現地に権限委譲する。 多くの会社は、②にしたつもりで、①の要素がものすごく入り込み、結果として PDCAサイクルが回らない。 現地で働く人間は、ほとんど手足のようになってしまう現状が出てくる。 PDCAサイクルが回らない状態になると、本当に停滞してしまう。 トップダウンで、意思決定するのはいいが、細かい点を考えない意思決定 で、後は現場が何とかすると言うやり方は、現場が疲弊してしまう。。。 何せ、日本にいえては、現地のことは分かるようで分からないから。 ここの兼ね合いがかなり、ポイントとなってくるのでは。 その間に挟まれる、企業戦士は大変。 しかし、その企業戦士達は、日本ではありえないような待遇をもらっている ので、それはそれでひとつの人生なのかもしれない。

詳細
25.Nov, 2007

今までありがとう。

今までありがとう。  そして、安らかに休んでくれ。。。。 つらい時も、 うまくいった時も、 社会に出てから一番一緒にいる時間が長かったと思う。 そう 俺のPC 「Let’sNote W2」 今朝、PCが重いと感じ、ディスクの最適化を測っていたら、 いきなり   キューイン  カツ ・・ カツ っていい始めた。 やばい!!! と思い、USBメモリーを取り出すも、ときすでに遅し。。。。 こんな、バンコクというアウェイの地で、最期の時がくるとは、、、 いろんなデータが飛んでいったなぁ。 でも、こういった経験は何度もしているから、最悪の状態ではない。 以前は、使い方が悪かったので10ヶ月くらいでハードディスクが死んでた。 二回くらい変えて(メーカー保障で!!)ここまでやってきたが。 モバイルPCは、消耗財という宿命がある。 翌4年間ももってくれた。 しかし、壊れたときのバックアップが聞きやすいホーチミンで安いモバイルPCを買うか やっぱり、高いけどユーザビリティー(使いやすさ、充電、軽さ)が高いLet’sNoteにするか。 悩みどころ。。。。。(* ̄Oノ ̄*) 値段も、Let’sは2倍くらいするしなーー しばらくは、かなり仕事に支障をきたすが、仕方がぬぁーいと思って、 あきらめるしかない。

詳細
24.Nov, 2007

バンコクとホーチミン

タイとベトナム。 行った人なら、感じることだと思うが、 特に、バンコクはもう、3分の1くらい日本の都市の様。 AEONがあり、AEONカードを大々的にアピールされる広告があり、 そのAEONが、消費者金融を経営している。 街を見れば、セブンイレブン、ファミリーマートがどこに行っても目に入り、 広告を見れば、PANASONIC、SONYの日系電機メーカー。 道路を見れば、トヨタに本田。 もちろん、起業家たちもたくさんいる! 日系企業の人材企業や日経の新聞社(フリーペーパー)を立ち上げたりしている。 そうそう、日本の援助でできた地下鉄はとても快適。 ホーチミンの10年後の姿なのではないかとが、すごく想像できる。 バンコクにあって、ホーチミンにないサービスは何か?を考えるだけで、 多くのビジネスチャンスが頭をよぎる。 フムフム。。。 ・・・ ・・ ・ なるほど!! って なんてね、、

詳細
23.Nov, 2007
Top