自分自身のスタイル

自身で事業をスタートして、会社を大きくしていくと常に様々な課題や問題が出てくる。特に事業を成長させていけば行くほど、課題・問題は増えていくものですね。常にこれで良いという答えはなくて、その答えを探し続けており、たくさん間違いをおかしながら軌道修正をし続ける毎日だからこそやりがいがある。そんな課題や問題を抱えていると、自分も当然のことながらたくさんの本を読んだり多くの人に会ってみてその答えを探します。最善の答えを探していると、つい自分のスタイルではないものに流されそうになる瞬間がありますね。本を読んで勉強したり、たくさんの人に会うこと自体はとても良いことで、刺激になるし何よりたくさんの経験談やケーススタディーが聞けるので絶対に必要なこと。ただ、その成功方法はその人だから成功した可能性だって多分に含んでいるため、成功話に関しては基本的に真似をしないほうがいいのではないかと思ってます。細かい話をすると、極論のテクニック的な部分は成功話は役に立つけど、もっと根本的な方法論の部分になってくるとあまり真似しないほうが良いと思う。<真似したほうが良い成功話>例エクセルの関数でVlookupってのがあるらしい。これ使ったら簡単にエクセルでデータ管理ができる。→使ってみるiPhoneのカレンダーとメール機能って超使いやすい。使ったほうが生産性上がるみたいよ。→使ってみる <真似しないほうが良い成功話>例不動産は、○○のタイミングで買って、▲▲の時に売ったら○億円儲かった。ベトナムは今、市場が成長しているから、○○社は利益を▲▲%出している。(誤解を恐れずに言います。)真似しないほうが良い成功話ももちろん、その成功ストーリー自体に問題があるのではなく、それは受け取り手である自分自身に問題があるために役立たないことが多いですね。やっぱり、いわゆる真似しないほうが良い成功話をいかに役立たさせるかは、まずは以下のような事を考えるべきだと思います。・自分は何をしたいのか?・会社の組織をどうしたいのか?・どんな価値を提供したいのか?・自分はどういう人間なのか?その上で、自分は不動産を売買したいと思えば、買えばよいし、ベトナムに興味があり、やりたいと思えばやれば良いと思います。非常に成功している人を目の当たりにしたり、うまくやっている人を見るとあやかりたいと思うものですよね。特に同年代でうまくいっている人みると心のなかでは、悔しかったり羨望の眼差しを持ったりしてしまうものだと思います。特に心が焦っていると判断が狂ったりするので、常に自分自身と向き合いながら、やるべきかどうかを決めたいと思います。(自分に向けての戒めです。)

詳細
10.Oct, 2011

弊社記事が続々取り上げられ始めました。

とんと、ブログのアップから遠ざかってしまっていました。一度書くことから遠ざかってしまうとどんどん離れていってしまうものですね。これからはちょくちょくアップしていこうと思います。さて、本題です。弊社で独自調査を行なっており、これまではそういった調査を弊社の中野お客様を中心に提供/コンサルティングさせてきておりました。それだけでなく、どんどんとこういった情報を世の中に知ってもらう活動をしていったところ早くもいろいろな媒体様に取り上げられ始めました。<通信社>NNA社時事通信社金融ファクシミリ新聞社<ネットメディア>Viet Jo<フリー媒体>週刊Vetterポケットページ香港実際の新聞記事等は弊社のホームページにアップしてます。ニュース欄参照http://www.iconic-intl.com/index.phpニュース記事だけじゃなく、インタビュー記事も取り上げられるようになりました。取り上げていただくメディアの方々、ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします!!

詳細
7.Oct, 2011

最近のベトナム経済の感じ

最近、めっきりブログの回数が減っていることに気づき始めました。ということでそんな自分にぴったりのブログエントリーブログを毎日続けるモチベーションを維持する方法とこのブログで参考するように小さなネタでも、読者のためになるような話を少しづつ続けていこうと思う次第。ということで、最近の状況としては、新規進出企業がまた増えてきている感じがあります。問い合わせや依頼が多く、まだまだ日系企業を含む外資系企業のベトナム進出の熱は消えてないようですね。ただ、その一方でベトナムローカル経済の雲行きが怪しくなっている話もちらほら聞きます。この外資と内資の経済の動き方の違いが違っている点もビジネスチャンスですね。という小ネタ的な話で今日は終わります。

詳細
25.Aug, 2011

機会の追求と挑戦

8月の頭よりインターン生が1ヶ月ほど働いてくれてます。ホンバン大学からベトナム人インターン生二人関西学院大学から日本人インターン生二人日本人とベトナム人が4名増えたことで社内にもよりいっそう活気と新しい風が吹いているようでいいですね。経営者の仕事というのは、改めて目の前のことだけでなくその先を常に指し示すのかというのをインターン生を受け入れることだけでも感じてしまいますね。インターン生っていうのは短期間だし、まとまった仕事があるときにバイト的にやってもらう以外は、教えたりする工数を考えると決して労働力にはならない。だけど、・インターン生を教えることで自分自身の仕事を振り返るきっかけとなる。・経験がないからこそやらかす発想やら行動が、意外と面白かったりする。・素直さに学ぶ姿勢を見ることでこちらも学ぶ。・純粋に社内によりいっそうの活気が生まれる。とまぁこんな感じでよい効果が生まれるわけですね。と、前置きはこのぐらいにして今日の本題は機会の追求と挑戦。このインターン生の話もそうなんだけど、やはり常に事業家は機会を追及して挑戦していかなければならない。その先に、何か社会を変えるきっかけを作りたい。そんなことを常に考えているのが事業家だと思う。目の前にある機会や目の前に見えない機会を、少し角度を変えると、違ったものに見えたりする瞬間がある。その瞬間に挑戦し続けることが本当に必要だと思う。マクドナルドの創業者 レイクロックの自伝の中で以下の言葉が常に僕の心からはなれなかった。「マクドナルドは立ち上げて順調に事業を行ってきたが、常にお金はなかった。」つまりこれは、立ち上げた店舗がうまくいけばすぐ次の店舗に投資したために常に現金は枯渇していた模様。今日、グロービスの堀さんの昔のブログでも似たようなことが書いてありました。堀義人さんのブログ 「山小屋計画」最近になって、精神的にも経済的にも多少ゆとりができたので、何らかのアクションをとるべく考えだした。 やっとゆとりがでてきたとは言っても、いつ何がおこるかわからない。今まで、個人の貯金は全てグロービスへの再投資に注ぎ込んできた。金銭的には、厳しい時が続いた(今だから言えるが、出産費用が出せないかもしれない、と真剣に焦った時期もあったのだ)。これが事業家のあるべき姿だと思う。事業へのあくなき追求であったり挑戦できること自体が喜び。お金はそのために必要なもの。常にハングリーに次なる事業を作っていきます。実はそんなビジネスを今思いついているところ。さて、どのように進めていこうか。

詳細
7.Aug, 2011

報告:第一子誕生!

Twitterですでに報告してますが、先週の金曜日から本日まで3泊4日で日本に帰国しました。今回の帰国も目的は、ずばり「出産の立会い」です。20時間以上の陣痛に耐え、無事通常の出産で第一子が授かりました。今回のブログは、第1子が授かったことで、現在の心境とこれまでの経緯を少しまとめる備忘録6月30日(木)昼過ぎ(まだ自分はベトナムにいる。)大きくなりすぎた赤ちゃん(すでに3500gぐらいある可能性があり)のため、予定日より1週間以上前に誘発分娩をする決断。風船(?)のようなものを子宮に入れ誘発開始妻は、弱めの陣痛が夕方前アタリから始まる。付き添っていた母曰く、弱めの陣痛が一晩寝ずに通してあったため、明け方にはかなり体力を消耗していた。7月1日(金)午前9時頃、自分が名古屋の病院に到着。このころにはすでに陣痛が始まり15-6時間が立っていた。誘発の点滴を投与することを意思決定。プラス減痛の麻酔も売ってもらう。完全に無痛ではないため陣痛は引き続き継続中。11時過ぎに子宮がうまいことひらきはじめ、午後1時30分過ぎには出産が開始できそうとの話。午後13時30分過ぎから、看護婦さんやら助産師さんらが分娩を開始少し大きめの看護婦さんが妻のお腹をおもいっきり押しながら、出産の補助をしてもらった。この間、自分はとにかく横で妻の手を握り口を抑ええて、叫ぶのが漏れないように手伝っていた。(つもり)陣痛が始まってから20時間以上最初は赤ちゃんの頭の先っちょだけでてきて、一旦陣痛の並の都合ストップ。まずこの頭だけ見えてきた瞬間に、初めて実物を見れたわけだけど、なんとも言えない感動の気持ちが湧き上がる。この感覚は非常に不思議な感覚だった。感謝の気持ちや生まれてきてくれてありがとうといった気持ちが一斉に湧き上がる感じ。そして次の陣痛の波で、ぽこっと頭と顔が出てきて、一旦ストップ、、その後一呼吸して、、羊水やらなんやらたくさんのものと一緒に13時49分 無事 3450g、55cmの大きめの赤ちゃん誕生!できてた瞬間は、本当に涙が出そうになるくらい感動した。涙は人前では見せないという主義なので、頑張ってこらえることには成功!出産に立ちあってみて、感じたこと。人生にとってこれほど、Creativeなことはない上に、生命の誕生の瞬間はない。人は頭の中で分かっていても目で見たものは強烈に印象に残る。非常に神秘的でかけがえのない体験が得られるため、これから子供をつくろうとする父親は、この瞬間を見たほうが絶対によいと感じた。(妻の大変さもわかるという意味で、体験を共有したほうがよいかも)これから、子育てなり子を持つ責任の大変さがわかるのだろうけど、我が子と共に我々夫婦自身も共に成長出来ればなと思ってます。写真はFacebookにアップしましたので、友達になってる方は是非見てください。命名はまた、正式に決まったら報告します!

詳細
4.Jul, 2011
Top