気づきは人から

最近は様々な方とお会いする機会が多い。
ありがたい事に、色々な方から話が聞きたいので会いたいといったことが多いです。
時間が許す限り、会ってお話させてもらってます。

先週末もそのような出会いがあり、経営面であったりマーケティング面で自社が如何に未熟であるかを痛感させられた。
当たり前だけど、上には上がいるし、具体的な事例で違いを見せつけられると刺激になりますね。
その出会いから、急遽会議を開きやらなければならないリストをブレスとして、タスクにまで落とし込みました。
やることがおおすぎて、若干気持ち悪いけど、この気持ち悪い感が成長するチャンスなのだと思います。

起業したての時や、サービスリリースする直前って、ただ単にワクワクだけだけど、本当に飛躍するちょっと前って苦しいことのほうが多い気がする。
やらなければならないことが飛躍的に広がるし、それを収集付けないと成長しないからね。

今回の出会いで、心の底からやらなければならないことがタスクリストまで落としこまれたのだけど、実はその多くはぼんやりと前から思っていたことが多い。

具体的に記載すると

1.成果をあげるための業務分析・分解
2.各ステップの管理
3.PR・マーケティングの改善
4.資金計画
5.人材配置・人材採用
6.上記を踏まえての中期経営計画の作成

上記のことは全てその方から教わったわけではないのだけど、強烈な危機意識や成長への欲求がきっかけとなって出てきた。
前から気づいていることや今回の事で気づいたことをリスト化してみた。
優先順位付けと担当割りでがつがつやっていく。

後から振り返ってみると、きっかけを忘れがちだけど、実は人の出会いがそのきっかけであることって結構多い気と思う。

現在取り掛かっている新規事業も人との出会いから、思いつき即実行に移している。
何気ない会話から出てきたアイディアなんですね。
しかも、その会話の中で出たアイディアは自分から喋ってたりする。何かの会話の数珠つなぎのきっかけで出てきたアイディア。

そういう人との出会いや会話の中で、刺激を受けてとりかかる。

その一方で、「ただ単に刺激受けました!僕も頑張ります!」の状態が続くのはあまりよくないとも気づいた。
本当に、刺激を受けたのだったら、それを受けて少なくともひとつは行動レベルで何か始めるか辞めるかが起きてないと駄目だ。

事業を立ち上げ、成長させる。

そのきっかけや重要なファクターがやっぱり人なのだということに気づけた。





Top