ルワンダ人エンジニアとランチ

妻がアフリカ好きということで時々アフリカ人に触れ合う機会があります。
といっても、最近はめっきり無いのだが。

我々のスローガンはGo WEST

人生をかけて日本を西回りで世界に広めようと思ってます。

常にアフリカの情勢には耳を傾けてはいるのですが、知らないことが多いのも事実。

なんせ僕なんてアフリカ大陸には2回しか行ったことがない。そのうち1回はエジプトだから、まぁいわゆるブラックアフリカではない。

今日ランチをしたのは、ルワンダ人エンジニア

頭が良くナイスガイなアフリカン

奥さんがベトナム人で中国で知り合ったから家族との会話が中国語という異色の家族構成

彼は今とあるベトナムのファンドに都市計画エンジニアとして働いている。

フランス語も英語も中国語もちろんルワンダ語もほぼネイティブレベルというマルチリンガルな彼。

びっくりしたのが子どもの教育費

台湾人学校に子どもを通わせているそうなのだが、年間で学費が11000USD位かかるそう・・・

めちゃたかいやん。しかも子供3人いるから大変そう

しかも、一番上の子が11歳で来年で卒業となるから、そろそろ中国に戻ろうかなといってた。

世界中でもどこでもたくましく生き抜くさまをみると、いかにセーフティーネットばかり追求する安定志向が馬鹿馬鹿しいかを感じさせてくれました。

ルワンダは最近、オフィシャル言語をフランス語から英語にドラスティックに切り替えました。

そうまでして世界から投資を求めている。

子どもの教育もこれまで以下のような流れで共通言語が変わってたらしい。
 幼稚園:ルワンダ語
 小学校:フランス語
 中高校:英語
それを、最近最初から英語に切り替えたらしい。
(というか、教育課程で言語が代わるってソッチの方が驚いたけど)

世界とつながるための政策を政府はうっているようだ。

アフリカは今でも政府が腐敗しているのは事実らしいが、ルワンダのように新しい試みをしている小国も出てきている。内陸国で貧しかった国は再度チャレンジし始めている。

日本は途上国といかにつながるかで次の100年が決まってくるのだろうと思う。

いやー、アフリカ(のルワンダ)に行きたくなってきたな。

Top