体系だった勉強

ビジネスを立ち上げることともうひとつ、行いたいことがある。

それは、体系だった勉強を開始することだ。

これは将来的には絶対ビジネスにも生きてくるだろうし、

何せ人生が豊かになると思う。

様々な本を読んだり語学の勉強をしたり、ネット上で勉強はしているものの

やはり趣味的に行っているため、教養レベルは上がるが専門的ではない。

ひとつの切り口として、人よりこの分野に関しては、論文が書けるレベル

もしくは、○○研究所みたいなビジネスを立ち上げることが出来ようなレベル

くらいには数年かけて勉強する必要がある。

さぁさてさて、どんな切り口でやるのがよいのか?

自分の興味がある分野でなければつながらない。

テーマをあげると

経済 

 ボーダレス経済

 アジア経済

 途上国経済

 起業家経済(こういう言葉はないと思うが)

歴史

 近代日本史

 戦後史

インターネット

金融

 ファンド

 資産運用

言語

 英語

 ベトナム語

これらの興味を掛け合わせるか、もっとニッチな視点で勉強するか?

体系だった勉強することで、私は○○といった強みを持っていますと自分自身に

認識させることが出来ることが良いと思う。

資格の勉強などは、体系だった勉強するにはもってこいだ。

だが、資格の場合は、それを取ることが目的化してしまい、本来手段だったはずの

資格が、とることだけで満足してしまいかねない。それに、本当にとる目的も

曖昧なままなんとなく、不安だからやっているということに陥りやすい。

この点に気をつければ、資格を取りながらプラスアルファで自分のオリジナリティを

発揮すれば非常に効果的だと思われる。

まぁベトナムに住んでいるので、資格の勉強は非常にしずらいが・・・

いずれにせよ、今年はビジネスの立ち上げとともに、体系だった勉強を始めれるようにする。

Top