パートナー・人脈に対する考え方

パートナー 人脈 改めて思うことがある。


ビジネスをやる上で、一人では何も出来ないから


色々なパートナーが必要になってくるとアドバイスされることがある。


特に、海外でビジネスをやる上では、パートナーの存在は重要で


現地に精通した人間とのコネクションは、とても大事で、


時としてはこれなくしては 前に進まないこともたくさんある。


だから、自分もこの一年間は、様々な人と会ってきたし、人一倍、


人のことを大事に してきたつもりだ。 それであっても、やはりパートナーや人脈の


前に、自分自身こそを磨き 自分自身に能力やビジネスアイディアや実行力を


つけていかなければならないと思う。


自分自身が、こういったことをこうやってやっていくので協力者がほしいといった状態


にしなければ本当の意味でのパートナーにはなりえないということを


改めて感じ始めている。


だから、本来こういった、人脈を磨けやよい現地パートナーをつかんでからビジネスをしろ!


と いったアドバイスをするのは本来的外れな気がする。


ビジネスを行いながら、自分を磨いていくうちに、本当の人脈やパートナーというのは見つかる


ものだと思う。 運よく、ビジネスを始める前に見つかる人もいれば、そうでない人もいる。


ただ、本来最も重要なことはじぶんが、その大事なパートナーなり人脈なりに対して


プラスの影響力を与えられないうちは、 本当の意味でのパートナーになりえないし、


人脈にもなりえない。 だからこそ、自分自身を磨き、ビジネスを磨くことに一番の重点を置き、


その過程でいろんな人を巻き込んでいく。


自分が始めようとするビジネスにとまってくれる人を巻き込んでいく。


なぜこのようなことを、書かなければならないかというと、 ビジネスは得てして、


様々な人との出会いの中から、 発展することも事実だ。


人がいて、ビジネスが発生するということばかりに目が行き 自分自身を


それに見合う人間にすることを怠ると 結局そういったチャンスさえも


失ってしまうジレンマがある。


だからこそ、当たり前のことを書いておく。

Top