パートナーとは

以前からのブログで、何度かパートナーということに触れてみたが、もう一度考え直してみる。途上国でビジネスをするためには、その筋に詳しい現地パートナーがいなければ出来ないという人が多い。


「うん。確かにそうかもしれませんね。」と最初は思っていた。翻って、途上国でビジネスをする人は概して、そのパートナーがポイントとなって波状するケースが多い。


これは何を意味しているかというと、ビジネスを続けていく上では、何らかのKFS(成功要因)が必要である。それは、地域性や値段が安いとか、スモールビジネスがゆえに細かいところまでサポートしてくれるとか、小さいKFSから大きなものまで様々だ。


しかしながら、失敗する多くの例を見てみると、その現地パートナーに多くの部分のKFSを持っていかれている空かなと思うのです。多くの面倒くさいことを、全部ベトナム人パートナーに任せてしまうということも含めてですね。


最近、少しずつ、パートナーというか協力者という物に対する考え方が少ずつ固まってきました。当たり前の結論なのですが、自分自身が利用されるに値する人間にならければ、良いパートナーというのは見つけることは出来ない。


つまり、自分自身が自立・自律して、何らかのメリットを与えられる人間になってから初めてパートナーを見つけるというステージに立つのではないのだろうか?良いパートナーがいないとお悩みの方は(まだまだ自分も含めてですが)、まずは自分自身がその利用されるに値するレベルまで必死に上げることが先決だと思う。


そんなことをしていると、自然に周りにいた人が、本当の意味で協力関係を築くことが出来るのではないか?パートナーとは、ビジネスだけでなくプライベートにも当てはまると思う。人間の力なんて、結局は限界があるわけだし、その一人の力を最大限に引き出すためには、やはり能力のある人とのコラボレーションが必要ですよね。


だけど、最初から能力ある人や自分にとって都合のよい人ばかりを探そうとすると、これが本末転倒になってしまい、結果としてよいパートナーを獲得することが出来ないという状態に陥る。


手順にしてみると


①利用される人間になるステージ

 自分自身の強みを伸ばす。人が持っていない知識を持つ。真っ当な事業を始める等々


②協力者が少しずつあられるステージ

 自然に、色々な人と出会うようになるまたは、出会ったらそういったお互いの情報を補完しようとしあう。

 こうなっても、あせって、おいしい話に飛びついては駄目ですね。あくまで自然体として、振舞うことが肝心かなと思います。


③パートナーになっているステージ

 役割や要素に分けてパートナー的に結ばれている状態が作れる。


④パートナーと相乗効果を高め、自分自身がもっと利用されるステージ

  ①~③をサイクルのようにぐるぐる回っていけることが理想ですね。


自分自身が忘れないための備忘録でした。


Top